青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

みちのく 早池峰山に登る~ハヤチネウスユキソウに出会う

2017年06月30日 21時10分46秒 | 同上 (山歩き)
6月27日(火)

晴れた!

前泊していた河原の坊駐車場1050mを喜び勇んで出発。6:20AM



▲ 本来は河原の坊にも登山口があり早池峰山に登れるが、崩落がありその登山道は無期限に閉鎖中。

従って、もう一つの登山口の小田越まで、40分ほど舗装道を登っていく。





▲ 早池峰山・小田越登山山口1215m に着いた! 7:00AM

頂上1917mも見える。





▲ まず、絵地図でコースを確認。

左端の河原の坊から現在地・小田越の登山口まできた。
ここから、ほぼ直登で早池峰山頂上まで登る。
頂上からは左側の下山ルートを通りたいところだが、現在閉鎖中。
ピストンで戻る。

累積標高差867m、CT 4時間50分。

さあ、行こう。6:30AM




▲ 最初に木道が出迎えてくれる。

刻みの入った木道で、これなら濡れてもスリップしなだろう。





▲ ブリキ缶が木棒とともに樹にぶら下がっている。

この後にも設置してあって。用途は??

山火事だぞー と叩くのかな、それとも

熊が出たぞー かな??


早速、花が目に付く。



追記:ミツバオウレン / マイヅルソウ



追記:ミヤマスミレ / コヨウクラツツジ





展望のない樹林帯を過ぎると、



▲ 一気に、蛇紋岩の岩場に出る。





▲ 左:黄色い花は、すくなくとも2種類はあった。大きいのと小さいの(笑)。

ミヤマキンバイ? ナンブイヌナズナ? イワウメ?

右:他には見なかった。




▲ この薄紫色の花は、中腹で多頻出。




▲ アップすると。きれいだね。

ミヤマオダマキ




▲ ミヤマアズマギク / アオノツガザクラ






▲ これも多頻出。

ミヤマシオガマ




▲ チングルマとミヤマシオガマのコラボで。





▲ 五合目の御金蔵と呼ばれるスポット。

岩が小判のように見えるからだろうか。




▲ 前方には頂上への岩稜地帯がそびえて。




▲ 後ろを振り向くと、遠くに薬師岳が見える。

昔の人は遥か後方の遠野から薬師岳を越えて、この山に参詣したのだ・・・

薬師岳の手前下方に、小田越登山口があるが隠れて見えない。




▲ あなたに花束を。

ミヤマキンバイだと思うのだが。





▲ おお、頂上が見えてきた。





▲ 鉄梯子を登っていく人が出てきた。

頂上は近い。




▲ この2層の梯子を登っていく。

ゆっくり気をつけて上がればよろし。




▲ はい、登ったよ。♪





▲ 御田植場と呼ばれる平地に出る。

左端の岩山が頂上だ。




▲ 雪渓傍の木道を進む。





▲ 山頂避難小屋が見えてきた。


そして



▲ 登頂!。早池峰山 1917m 9:30AM

2時間半ほど要した。


スマホ、タブレット向け;





▲ 広がるみちのくの山並み。

何がなんだかよく分からないが(笑)、

右端の高い山は、岩手山ではないかな・・

誰かが八幡平があのあたりで・・とか言っていたがそれも??


しかし、これは分かるねー、



▲ 抜きん出ている。

その美しい、コニーデ型の山容。

秋田富士だったけ、いや山形富士と言い張るかもしれない、

鳥海山だ。




▲ ズームすると。

まだまだ雪が残っているようだ。


さてさて、花の山早池峰山に戻って、



▲ この黄色い花、ミヤマキンバイ(と思う)は、岩稜に張り付いているだけでなく、




▲ 一面に咲いていた。





▲ じゃあ、ボクも昼飯としようか。

代わり映えしない賞味期限が切れたコンビニ弁当だが。



1時間ほど頂上に滞在して、そろそろ下山しよう。10:30AM


ボクの前には15人ほどの女性団体さんがいた。

ガイドさんが、立ち止まって道端で指差している。
皆さんが集まる。

何だろうアレは、とボクもそのあとに、そのポイントを見ると、
花期は7月上旬~8月



▲ こ、これはあの高貴なエーデルワイス、ウスユキソウではないか!

花期は7月上旬から8月上旬、とガイドブックに書いてあるから今回はあきらめていたのだが、
見れるとは、これは行幸僥倖です。



▲ 早池峰山の固有種で、ここのはハヤチネウスユキソウという。

礼文島で見たレブンウスユキソウと、どう違うのかは知らないが、その気品ある花様は同じだ。




▲ その後も、ガイドさんはハヤチネウスユキソウが見える度に、指し示してくれた。

5,6箇所ぐらいだったろか。
多くはない。
登ってくるときは、全くボクは気がつかなかった。

ガイドさんによれば、開花ぶりはまだ「高校生」だと。
まだ時期が早いらしい。
触れてはいけない。はい。




▲ これは、かなり星型になってきてはいる。

イイネー、よかったねー。
早池峰山にきた甲斐があった。

ありがとう、ガイドさん。


他にも



▲ こんな黄色い花も。

追記: ホソバイワベンケイ




▲ 3種のコラボもいいねー。





▲ 登山口に、無事戻った。12:30PM

また舗装道路を下って河原の坊駐車場へ戻った。1:00PM

時間はまだ早い。さあ、どうするべ?

まだ、決めていなかった。

例によって、スタバコーヒーを淹れながら休憩したのち、

向かった。


************


少し北上して、盛岡から西へ秋田の方面へ走る。



▲ 中途で、道の駅・雫石あねっこに寄る。

雫石(しずくいし)といえばスキー場が有名だが、スキーにきたわけではない。

この道の駅は温泉を併設している。

お風呂に入って、スッキリ♪ 

そこから秋田仙北市に入って、田沢湖の西岸から山へ再度入った。




▲ アルパこまくさ。

ここは、温泉場でもあるからここで入浴できたか・・

明日は、ここを起点にして発着するバスに乗って次の花の山へ行こう。

では、おやすみなさい。




『山歩き(トレッキング)』 ジャンルのランキング
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 出発! | トップ | 花の名山・秋田駒ケ岳に登る... »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお! ()
2017-06-27 22:41:44
おお 早池峰山
陸奥のあこがれの地
登られたんですか
まだ雪は多いでしょう。
いや 雪は見えませんね。
「製作中」ということは、まだ編集中ということですね。
ならばじっくり待ちましょう
これは2回、コメント入れないとですね。

信さん、おはようございます (Sora)
2017-06-28 06:55:34
はい、早池峰山のぼってきましたよ。
ほんの一部に雪渓があっただけですよ。
詳しくは後日(笑)。
製作中とはいつ書けるかわからないということで、安否確認だけでして。すみません。
ああ、次の山行きバスがでますので。@秋田
快晴♪ (みちほ)
2017-06-28 09:01:51
やりましたね~ 

次は秋田駒か(笑)  うんうん、納得♪
気を付けて旅を続けてくださいませ!
沢山のお花をゲットしてるんだろうな~羨ましい!
晴れてていいね (jun)
2017-06-28 10:03:52
お天気に恵まれて羨ましいです。ホント、良かったですね

ハヤチネザン(読めましたよ)〜秋田駒ケ岳は、今月中旬に山トモが行ったばかりです。お花と雪渓の美しい写真がメールで送られて来ました。お土産は、稲庭うどんと、いぶりがっこでした(笑)
2つの山レポ、忙しいですね。でも、タープの下で、スタバのコーヒーを飲みながら、ゆっくり書いて下さい。楽しみにしていますお気をつけて
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2017-06-28 10:20:04
いい天気に成って良かったですね\(◎o◎)/!

登山行が楽しみ(^^♪
みちほさん、こんばんは (Sora)
2017-06-28 19:52:50
次は秋田駒かって、なんで分かったのですか(笑)。
はい、そこも今日無事終わりましたよ。
それで今日はまた岩手の登山口で。
焼石岳? キャンカーでは崖から落ちるから逝きません。
王道の山です。あそこしかないですよね(^^)。
junさん、こんばんは (Sora)
2017-06-28 20:04:36
予報どおりとはいうものの、早池峰山はまず晴れてくれて幸先が良くなりました♪

今日の秋田駒も終わって、今、宮沢賢治も愛した山のふもとで待機。ちょっとブログ製作はすすまないですね すみません。ターブはまだです
hiroko さん、こんばんは (sora)
2017-06-28 20:09:55
天気がいい間に廻ろうとするから、もうタイヘンですわー。

一応次ぎの山の麓にきてますが、ここを日帰りするのは体力が要りそう。明日の朝、山の上の雲加減を見て決めます。予告ばかりで開始しない映画ですみませんね(笑)
やっと早池峰山レポ完成させました (Sora)
2017-06-30 21:14:19
今日6月30日(金)は、山旅の公休日です。
お花も眺望も (はなねこ)
2017-06-30 23:33:16
さすがに日頃の行いがいい方は違いますね。
このところ、そちらの地方はずっといいお天気が続いているのではありませんか?
 
河原ノ坊からは通行止めになっているんですか。
あちらにもお花が多いのに残念でしたね。
とはいえ、これだけ見られれば充分でしょうか。
 
>あとで名前が分かったら入れておこう(笑)。
お花の名前を調べるのは、けっこう大変です。(経験済み  )
もしよろしければ、↓をどうぞ。
http://blog.goo.ne.jp/hananekoyama2014/e/afd8c68c2eaf4966b0282edb49d2b47b
 
秋田駒と、その次のお山も、お花いっぱいだったんでしょうね。
楽しみにしてますね。

コメントを投稿

同上 (山歩き)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。