青い空とわたし

青い空の日  白い雲の帆船をみていると

どこかへ どこまでも Harmonyと

走っていきたくなります

乾徳山登山~おだやかな草原と険しい岩稜へ

2017年05月14日 06時00分00秒 | 同上 (山歩き)
5月11日(木)

今朝登る山は、乾徳山(けんとくさん)2031m だ。

乾徳山は、奥秩父主脈の国師ヶ岳2592mから南に分岐した尾根上に、その頭を見せる。

その中腹部では草原がおだやかに広がるが、山頂部はけわしい岩稜からなるといった2面をもつ変化のある山だ。




▲ 最初にきょうの登山コースを、駐車場に有った絵地図を使って確認する。

上り(赤色):駐車場を川沿いにそって登り、登山口から銀晶水、錦晶水を経て国師ヶ原の分岐点の四辻へ。四辻で右側の扇平を通るコースを登り、鎖場、岩場を登攀して頂上へ。

下り(オレンジ色):頂上からは左側の迂回新道を周って再度、四辻の分岐に戻る。分岐からは右側の道萬尾根伝いに下って、道萬山でアップダウウンして駐車場に戻る。

要は、コースが重複しないように8文字を描くように回る予定だ。

ヤマケイ資料では、単純標高差は1200m、累積標高差は1459m。標準タイムは7時間20分、コースグレードは中・上級となっている。

~・~・~・~・


ウム、シーズン最初の登山としては簡単ではないが、残雪が無い山で他に妥当なはもう無い。



朝6時半ごろにバス停兼駐車場を出発。

空を見上げると、雲と青空が半分半分。
尻込みして登らない理由がない(笑)。



▲ 徳和川に沿って上っていくと、土砂を堰きとめる堤防から、川の水が滝のように落ちている。

サクラの名残りがまだあって・・。
少し前は、綺麗だったろうな。


「乾徳山登山口」の看板を右手に見て、登山道に入っていく。



▲ 朝日を浴びて、真っ直ぐに空に向かって林立している杉。

空は雲がなくなり、完全な快晴になったようだ。♪


林道を横切って、更に上昇していくと、2箇所の湧き水の出る所を通る。



▲ 左:銀晶水 そのあとに 右:錦晶水

湧き水に付けられた名前が魅力的だ。
水を飲んでいる人がいた。

今日は気温が高くなるからと、水はいっぱい持ってきたからボクは飲む必要はない。

(え、そういう問題ではないか)





▲ 竹の子?

まさか。
この先にクマザサが群生していたから、笹の子?


そのササを分けた道をゆるやかに登っていくと、前方に・・・



▲ 木立の向こうに見えるのは、あれは乾徳山?!

もう少し進んでみると、





▲ そうだ、目指す乾徳山が現れた!


このあたりは、国師ヶ原と呼ばれる草原。
陽をあびて、のびやかな草原が広がり、歩いていても気持ちが良い。




▲ 国師ヶ原の四辻の分岐点に来た(左)。予定コースは直進して扇平を経由して頂上を目指す。

しかし、左手に折れてちょっと歩くと避難小屋(高原ヒュッテ)がある(右)。

バイオトイレが併設。キレイに整備されていて往復路で利用できて便利だ。


四辻を登ると、尾根上で視界の開けた扇平へ着た。



▲ 振り返ってみると・・ 向こうにポコッと見えるのは、

おお、あれは富士山だ!





▲ フジヤマ!

ラッキー!



草原の中には、ユニークな岩が。



▲ 左: 月見岩~ 岩の上から月見をするのだろうか。

右: 手洗石~ たしかに手洗いをするかのような水が溜まっている。しかし茶色で洗えないね。


これから後にも出てくるが、この山では岩に名前を付けたがるようだ。


このあと尾根上の樹林帯をひと登りすると、いよいよ岩稜帯に入る。




▲ 最初の鎖場に。

しかし、足場もあり傾斜も緩いから、鎖を使わなくとも登れたが。


ボクの先を抜きつ抜かれつ行く人達は二組。

20代とおぼしき男性二人組と、この年齢不問の男女ペア組だった。





▲ 狭い切り口の道を慎重にトラバースするペアさん。

へっぴり腰になる女性を、男性が後ろから励ます。

いい感じだねー。

この切り口を左へトラバースしたあと、



▲ さらに右に回って、岩を登っていくのだ。





▲ 誰も励ましてくれる人のいないボクも、へっぴり腰で、いや慎重に登っていった。

そして岩の上から、腕を伸ばしてなんとか下界の写真を撮るレポ魂。



さらに上を見上げると、



▲ 若者A君が、見下ろしている。

キ、キミー、よくそんなコワイことを・・・





▲ さあ、第一の関門の「カミナリ岩」に来た。

ゴツゴツしているから「カミナリ」と名付けられているのだろうか。

(ここの青い標識はご覧のとおり「カミナリ」だが駐車場の絵地図では「カミソリ岩」になっていた)




▲ どっちの名にしても、手がかり、足がかりをよく確認してよじ登らねばならない。

今登っているのは若者B君。

先に登った若者A君に、上の地形を聞くと広くなっているとの応答。

その答えにホッとして、ボクも登った。




▲ 登り切った処で、恐る恐るまた写真を撮る。

改めて見ると、富士山はもう雲を被っているが、この時はそんなことは問題ではなくて(笑)。

少し前進すると、またまた岩が現れて、



▲ これは何十メートルもある岩壁だ!

「雨乞岩」という標識が有ったが、さすがにこれは登る岩ではなくて右に巻いていった。


他にも奇妙な岩が有って、



▲ 左が「胎内」と名付けられていて切れ口がすごい。包丁でスパッと切ったみたいだ。

右の岩も、パカッと割れていて。自然の奇妙な造形だ。


そして、いよいよここへ来た。

最後の難関。



▲ 「とうとう来たわね。あそこまでね」





▲ 「そう、あそこまで登るんだよ」

鳳岩(おおとりいわ)だ。

乾徳山頂上直下の鎖場で、高さは30m近くある。





▲ ただし、迂回路もある。

この鳳岩を右に巻いて、梯子で登るようだ。

さあ、さあ、Soraクンどうする?

ウムー、ボクには妻子もいるし・・
(アホか)





▲ 女性が登り始めた。

ボクは高所恐怖症でこうゆうのは苦手だが、両サイドが囲まれている場合はあまり怖く感じない。
ので、事前にこの写真を見てきたので登れるだろうと踏んでいる。




▲ ボクのガイドブックには、「縦に走った岩の割れ目に足をねじこむようにして登るのがポイント」と書いてある。

そう、ねじこんで、からだを引き上げて・・ねじこんで・・

彼女は中間点で、「もう登れない・・」と洩らしたが、
彼氏さんに励まされて、登り切った。




▲ 彼氏さんは、余裕で登っていった。




▲ トップ近くの彼氏さんのズームアップ。

直立に近いこの鎖場の臨場感が出る。


さあ、次はオレだ。

このちょっと前で、右脚と左脚のふくらはぎが(想定外で)軽く引きつったのだ。
軽くだけどね。
しかし登攀中に本格的にどちらかでも引きつったら、アウトだ。
よくふくらはぎを揉んで・・

登攀開始。

腕の力は強いほうなので、足場さえ確保すれば一気に体を引き上げていけると内心思っていた。
しかし、中間点で息が切れて小休止せざるを得なかった。
1,2分の小休止だが、想定外。

気を取り直し、張り詰めて、




▲ 登り切った。

上から下のショット。
乗り出すのは怖いので、下がよく判からない写真になったが(笑)。





▲ 前方に目を向けると。

ああ、頂上はあそこだ。

頂上に来たのだ!




▲ 乾徳山頂上 2031m 10:36AM

出発後、ちょうど4時間。コースタイムどおりだ。

よくやった、やった。



頂上は360度のパノラマ。



▲ 富士山の方角(南)。

富士山のトップはもう雲がかかっているが。
しようがない。




▲ 左手の方向(東)。

東京の方角だが、緑が濃くオムスビ型の山が重なる。





▲ 右手の方向(西)。

手前の茶色い山は茅ヶ岳なんかだろう。
ずっと向こうの山並みが南アルプスか。

頂上には、45分ほど留まっていた。

頂上ランチは、昨日買ってきたスーパー弁当だから特筆しない(笑)。


下山開始。



▲ 下山コースは、頂上の北のほうから。

数連の梯子を使って降りたが、ここもそれなりに最初は急な岩場が続いた。




▲ 国師ヶ原の四辻の分岐では、しばらく林道を歩いて(左)、

道満尾根の登山道を下り、道満山を登ってまた下った。

道満山の頂上1314m は、文字が消えかかった標識があるのみだった(右)。

このあたりから下降時に、両膝に少し痛みを感じるようになってきた。

ストックを使い始めたが、1本は故障で役だたず。

誰にも出会わない山道を、あとはなんとかトロトロと下りて来た。




▲ 駐車場に戻った時は3時に。

下山に3時間40分もかかった(標準の30分オーバー)。

総山行時間は8時間半。

はははー、キミもほんと好きだね。よく歩いた。

累積標高差1400mの山を無事こなしたのだから良しとしよう。

しかしなんとはなしに、自分の体力の限界というよりは減退を感じた山行だった。
当然かな。

もう、体力的に無理はすべきではないだろうな。




▲ 笛吹きの湯

クルマで、コーヒーを淹れてドーナッツを食べて休憩後、すぐ近くのこの温泉へ。

そのあと、もよりの道の駅「はなかげの郷まきおか」で、いつもの車中泊。
すぐに寝た。


自宅へは翌日、奥多摩経由で昼前に無事戻った。




『山登り・ハイキング』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は晴れてくれよ | トップ | 新緑の佐久へ義母見舞い »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
険しい・・・ですね (けーご)
2017-05-14 19:04:31
何だか凄く険しい山ですね。
僕だったらあんな岩場、怖くて登れないと思いますが流石Soraさんですね。
でも、やっぱり上は景色がよくていいですね。この景色を見たら疲れも怖さも吹っ飛んじゃうんですかね?
帰りも岩場だったのでしょ?降りるのも怖いですよね。
足の痛みは大丈夫ですか?
これからシーズンですから、ご無理なさいませんように。
けーごさん、こんばんは (Sora)
2017-05-14 20:57:55
>この景色を見たら疲れも怖さも吹っ飛んじゃうんですかね~
そうですね。下では見れない頂上での雄大な景色を見るために、苦労して登っていますよね。そのためにも、晴れの日にこだわるのでしょう。

>帰りも岩場だったのでしょ?降りるのも怖いですよね~
切り立ったところの岩場でなければ、たいしたことはないと思ってます。降りるときのほうが、私は怖くないですね。スキーで下るとき、アイスバーンでなければかなり急坂でも怖くないでしょ。あれと同じかな。

足は、翌日も階段を降りるとき少し痛みが残っている気がしましたが、翌々日からは大丈夫でした。はい、山のシーズンが始まったばかりですから、ボチボチと始動しますよ。ありがとうございます(^^)。
晴れ♪ (はなねこ)
2017-05-14 22:48:43
いいお天気でしたね。
そうそうこんなだった・・・ と、拝見しながら思い出していました。
Soraさんたら、余裕ですね。レポ用の写真を見てわかりました。
でも、私もあの岩場は好きです。
お見事! ()
2017-05-15 06:28:44
お早うございます。
お見事!無事登頂、おめでとうございます。
この山はそのうちに、登りたい山だと思っていましたが
先を越されましたね。

それにしても険しいですね。
ラストの30mの岩場
まよわず巻いてしまいそうですが
でも標高差1400強で、久しぶりの山行でしょうから
>自分の体力の限界というよりは減退を感じた山行だった。
そんなことはないと思いますよ。

また山行をして慣れてくれば、新たなチャレンジ意欲が湧いてくるでしょう。
素晴らしい乾徳山レポでした。
すごく参考になります、ありがとうございました。

はなねこさん、おはようございます (Sora)
2017-05-15 10:23:06
はなねこさんは、この限界的な山をもう既に登ってられたのですか!
しかし、花は皆無でしたよ。タケノコではなくてササノコは生えてましたが(笑)。
>でも、私もあの岩場は好きです~
あ、そういうことなんですね。

>余裕ですね。レポ用の写真を見てわかりました~
いやいや。鳳岩に自分がへばりついている時は、さすがに当然撮れませんでしたよ(^^)。
おはようございます(^^)/ (hiroko)
2017-05-15 10:25:57
soraさん素晴らしい\(◎o◎)/!
くぁしい岩場を登る様子はらはらしながら
見せて頂きました。流石ですね(^^♪
頂上に着いたときは気持ち良かったでしょうね。

お疲れ様でした。
信さん、おはようございます (Sora)
2017-05-15 10:35:52
ありがとうございます。最後の鎖場はだめでも、恥ずかしながらう回路でもいいや、御身大事だから、と出かけましたが。鎖場も無事登り切って、ホッとしてます。

>また山行をして慣れてくれば、新たなチャレンジ意欲が湧いてくるでしょう~
励ましをありがとうございます。なんせ66になりましたからね(笑)。肉体的には「守り」に入ろうとしているのは事実です。もう少し、助走を重ねてみようと思います。さもなくば、東北・北海道山登り計画がたてられませんので 

hirokoさん、おはようございます (Sora)
2017-05-15 10:48:37
及び腰のSora、無事登ってまいりました(^^)。

>険しい岩場を登る様子はらはらしながら
見せて頂きました。流石ですね(^^♪~
先行する人たちがいましたから、助かりました。特に若者A君には、鎖場の上の地形情報を教えてもらいながら、決意していきましたから。あれが周りに誰もおらず全く一人でしたら、実際の岩場状況が自分が登ってみるまで分からずで、不安は大きかったと思いますよ。

>頂上に着いたときは気持ち良かったでしょうね~
いやあー、まず頂上でhirokoさんのコメント返信をさせていただきましたよ(笑)。
素晴らしい (May)
2017-05-15 13:07:55
私の憧れの乾徳山です。
色々なブログで、岩を観察し登るかどうか迷っていたのです。

90度の垂直岩と、歩行時間も私だったら八時間越えかなとかが迷いどころでした。
が、一応6月に予定しました。

そうしたら、Soraさんのブログはタイムリー過ぎます(笑)

Soraさんやりましたね~~✴
なんだかんだと書いていますが、スイスイ登っていく姿が目に見えるようです。
登りはコースタイムでいけたのですから筋力があるのです、素敵だ~。。
頂上の岩場臨場感ドキドキですね。

私は巻き道登山でもいいから「乾徳山登ったぜ」と言ってみたいです。
Mayさん、こんにちは (Sora)
2017-05-15 17:21:53
>岩を観察し登るかどうか迷っていたのです。・・一応6月に予定しました~
切り立った岩場・鎖場は、基本的な体力があれば、あとは恐怖感の克服だけです。高所恐怖感はメンタルな問題で個人差が大きく除去が難しい。Mayさんの場合、岩場スリル大好き女子のようですから。それに登山学校で三点支持法とかも実地で勉強されたから問題ない鳳岩と思う。

>歩行時間も私だったら八時間越えかなとかが迷いどころでした~
問題は下りで膝が痛むかですよね。これは歩く距離と山道状況に左右されます。私は同じ道は面白くないという理由で、8の字にしましたが、ピストンで同じコースを下るので十分です。扇平の景色、国師ヶ原の広さを帰りも楽しんだほうがいいですね。道満尾根は景観は無いし、道満山をアップダウンしますから負担が増しますよ。

>「乾徳山登ったぜ」と言ってみたいです~
はい、私もそれをお聞きしたいです(^^)。
魅力的な岩たち♡ (jun)
2017-05-15 20:35:38
こんばんは^ - ^

お疲れ様でした♡
ワクワクしながら読ませて頂きました♪
あんなに山へ行けとせかしておいて何故コメントが遅いかって?私、昨日、天気にも花にも見放され、ただただ霧の中を予想外の標高差があるマイナーな山を、ただただ歩いて、へたばっておりました💧そんな事は、どーでもいいですよね(笑)

とにかく面白い岩が沢山ある山ですね。いろんなポーズをとってみたくなる岩たちです。
でも、気の抜けない岩稜帯❗️それだけに達成感がありますね。狭い切り口のトラバースも、カミナリ岩も、頂上直下の鳳岩も斜度が垂直に見えます!脚力だけでなく腕力も必要ですね💪soraさん、すごいですねージムて鍛えた成果ですね🏋️
登ってみたいですねー💕脚と腕がウズウズしてきましたよ💪

〉だれも励ましてくれる人のいないボク〜
いえいえ、この日、富士山の麓から応援していましたよ\( ˆoˆ )/あ、soraさんの見た富士山の裏側ですから見えませんでしたね(笑)

〉なんとはなしに、自分の限界〜
そんなこと、言わないで下さい。もっと私に夢と希望を与えて下さい・・・と、言ってはいけないのですよね。山は自己責任ですから。でも、累積標高差1400mの山をこなされたsoraさんに憧れます。

乾徳山には、sora色の板に真っ白い文字の看板がいくつかありますね。金峰山を思い出しました。
本当にお疲れ様でした♡行きたい山が、また1つ増えました😊
Mayさんは、6月に行かれるのですね。羨ましいなぁ〜。よし!私も山男たちにお願いしてなんとかしようっと(*´-`)
junさん、おはようございます (Sora)
2017-05-16 10:10:03
>霧の中を予想外の標高差があるマイナーな山を、ただただ歩いて、へたばっておりました~
日曜日はちょっと天気が悪かったですね。どこに登られたのかな。嘆きのレポ、お待ちしております。

>とにかく面白い岩が沢山ある山ですね。いろんなポーズをとってみたくなる岩たちです
月見だんごを食べているポーズ、お手洗いポーズ・・ もう想像がつきますよ(笑)。

>脚力だけでなく腕力も必要ですね💪soraさん、すごいですねージムて鍛えた成果ですね🏋️
いやあ、一気に登れなかったのが不満でした。これだけ直立していて長いと、引き上げる腕力強化も必要だと思いました。で、昨日からジムで、上腕だけのエクササイズ項目を一つ増やしましたよ💪。

>もっと私に夢と希望を与えて下さい・・

歩いて歩いて
いつでも夢を いつでも夢を・・♪

こんな歌もありましたね(^^)。

......



こんばんは (コアジサイ)
2017-05-17 19:53:57
いや~ 物凄い本格的な山に登られたんですね~
手に汗握る 感じで拝見しました。
しかし励まされていた彼女!羨ましい (#^.^#)
あんな頼れる彼氏が欲しいものですね~
乾徳山は知りませんでしたが岩場がというのか奇妙な岩がたくさんあってそれも楽しめましたね。
私がこの前登った飯盛山とは比ぶべくもありませんが^^;
登るより下るのが大変で時間もかかるものですね。
頂上からのロケーションは登った価値充分でしたね。
いや~ 楽しませていただきました~ こんな山に登れるsoraさん まだまだいけますね! 
コアジサイさん、こんばんは (Sora)
2017-05-17 22:36:24
ありがとうございます。スリルを少しでも味わっていただけましたか♪

まいろんなペアの方が登ってこられますが、山の上で喧嘩していると、逃げ場はないし超面白くないし、気をとられていると危険ですからねー。仲良く、励ましたいものですよ。さすれば絆も深まるでしょうしね。頼れる方がおられるでしょうに(^^)。

清里の飯盛山とはちょっと比較するものではないですけどね。私も2,3回登りましたが、八ヶ岳を横に眺めながらハイキングの感じでトレッキングして、最後にはおっぱい山に登って、オニギリを食べる。あののどかさ、私は好きですよ。

今晩は今、佐久に向かっています。明日は家内とホームの義母見舞いです。TSURUYAで万が一見かけたら、声かけてくださいな(笑)。
なに食ってんのかなぁ? (スパンキー)
2017-05-20 15:22:00

年だけ後輩のスパンキーです。久しぶりにブログをのぞいたら、

Soraさんが相変わらずチャレンジしているので、ビックリ!!

先輩とは思えぬ足腰、行動力…。いやぁ、参りました。

スキーのときも驚きましたが、やはり鍛えていますなぁ。

お互いパートナーは美人の「デコさん」。ここだけ一緒ですね 笑

Soraさんはいつも、私のいい未来像を描いてくれます。
スパンキーさん、こんばんは (Sora)
2017-05-20 21:12:14
お互い久しぶりですね。

>久しぶりにブログをのぞいたら~
私は毎日、スパンキーさんのブログチェックしてますが(笑)。
実は先日スパンキーさんが紹介されていました片岡義男の「彼らがまだ幸福だった頃」を図書館から借りてきていました。しかし話はライダーの出会いでボクはキャンカー乗りだし、あまり面白そうにないので、明日にでも返却に行こうと思っていたところでした。コメントいただいて慌てて走り読みしました(笑)。感想はせっかくですから、スパンキーさんの方に書き込みますね。

完全リタイヤ後も、やっていることは冬はスキー、夏は山、それをキャンカーをベースにと、変わってはいませんが。体力はやはり維持せねばと、ジムへ行く回数は、はるかに増えて、最近はできるだけ毎日通っていますよ

>お互いパートナーは美人の「デコさん」。ここだけ一緒ですね 笑
え、名前だけでなくて、スパンキーさんとこも美人なんですか?! ま、ここんとこはあまりお互いに詮索せずに、そういうことで(笑)。

>Soraさんはいつも、私のいい未来像を描いてくれます~
そうですか? そういわれると恥ずかしいですが、がんばりますので。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。