あおい沢

気になる事の平凡な疑問を載せたいなと思います。

中国外務省「日本の政治家は正しい歴史観を」だってさ!!

2016-10-18 19:18:48 | 政治
中国外務省「日本の政治家は正しい歴史観を」


 【北京=西見由章】中国外務省の華春瑩報道官は18日の定例記者会見で、

超党派の議員連盟による靖国神社への集団参拝について「われわれの立場は明確で一貫している。

日本の政治家が正しい歴史観を持ち、アジアの隣国との和解と相互信頼の増進に資するよう行動することを希望する」と不快感を示した。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本と中国を入れ替えるだけで、まともな文章になる。

それを日本の政府や外務省は、口に出して果たして言えるのでしょうか?

特に「正しい歴史観を持ち」と言うところ。

正しいだとか間違いだとかは、自国で自国の歴史を判断する場合、それで良い。

自国の判断で他国を、ああしろこうしろとは内政干渉そのものである。

「正しい歴史観を持ち」などとよくも言えたものだ!

それも、日本の政治家に対して言っているのである。


見方を変えれば

この記事を出すことで、


中国に対する敵愾心を煽ることが出来る・・。


歴史観での意見の相違は何処の国にもあるでしょう。

真実から目を背けた歴史観を持つ限り、その国の未来は暗いものとなるでしょう!


我が国、日本もしかり!!



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「殺したがるばかども」? | トップ | 南スーダンに派遣の中国軍 ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。