とりあえず

ブログ

名は体を表さない花

2016-10-15 16:15:04 | 日記

いつだったか オープンガーデンを巡る旅の途中に 道端で咲いていた小さな花の名を 「エリゲロン」 と知って 「花は可愛いけど名前がイヤ」 と言った友がいる

彼女は 可愛い小鳥であろうとも 動物が描かれた食器すら好まないところがあって エリゲロンにしても食器の絵にしても そこから連想されるもの たとえば 
エリゲロンの中に含まれた gero 
食器においては その動物が育つ環境や 匂いやフンなどが それらを敬遠する理由のようだ

そんな友のことが思い出された昨日 幕張メッセで開催された ガーデニングフェア

3日目となる14日 最終日というのに 「自由にお持ち帰りください」 の粗品が 山のように残っていて 出展者の方が 「いくつでもどうぞ」 と お声をかけてくださった小さな鉢は リッピアだった

花が咲いてないから その時点では何の花か分からなかったが そのブースで雑草除けの資材を販売するオーナーさんより 「イワダレソウ」 と教わり なるほど と 納得
イワダレソウは 防草シートに代わって 他の雑草の生長を妨げるほどに繁殖力が強い植物 ということから この生産者さんからのプレゼントになった というわけですね

お花は大好きなのに その名のせいでエリゲロンを敬遠する友は 漢字で 岩垂草と書く イワダレソウ も もしかしたら岩が垂れる となると 崖崩れを連想して好まない花なのかも

もしも オーナーさんが その鉢に花の画像を添え イワダレソウの別名である 「リッピア」 と紹介していたら 最終日に赴いた私の手にも入るほど 残っていたかどうか

エリゲロンもイワダレソウも その名に似合わず 小さな野の花の風情で咲く 愛らしい花である

この日の戦利品は 展示即売された メイドインチャイナの軍手 1ダース 150円

そして これは


 
夫が 私が大喜びすると想定してゲットしたと思われる ガーデンシクラメンのリース

花は 育ててこそ可愛い
よそ様が手掛けた花を愛でるところにガーデニングの醍醐味はない という 私の思いを知るはずもない夫なのである




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 天使が孫になっていく | トップ | るりとうわた色の 空の旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。