とりあえず

宇宙へのツイッター

話し合いの場

2017-07-18 09:17:13 | 日記
・・・


「誹謗中傷」の言葉についての私の思い (かれん桜)   2017-07-17 22:52:04

コメントは極力しないつもりでしたが。
誹謗中傷されたとの私の言葉が許せないとのことでしたから。
事実をもう一度ご理解いただくために、勇気を出してコメントさせていただくことに致しました。
最近体調が思わしくないうえに、疲れた頭で綴ります。
お読み苦しい点は、何卒お許しくださいませ。


麦さんは、私が頻繁に誹謗中傷の言葉を使用したと言われますが、本当でしょうか?
中傷と言った言葉をたまに使用したことは認めますが。

私は自分のブログ上では、あなたたちの事に触れたのは、年数回の事に過ぎません。
ほとんど書いていません。

私がコメントを入れたのは、あなたたちを非難することが目的ではありませんでした。
事実と余りに異なることを書いて私を非難されるので、その訂正をお願いしたいがためだけでした。

或るときは、私への中傷が酷くて精神的に参り、二か所、その名称の相談所に電話をしたことは事実です。
そのことはブログ上でも書きました。

私のブログ2を読んでください。
生々しい経緯が具体的につづられていますから。
「妹よ……」のタイトルの記事は特に目を通していただきたいです。。
愚か者の戯言の掲示板が閉じられた後の事です。
私の精神的苦痛がいかに大きかったかもご理解いただけると思います。。

私を個人攻撃することが目的化した掲示板を立ち上げられた行為そのものが、その言葉に相当するのではないかと考えますが
私の人格批判、人格否定のような言葉が半年にわたって続きました。
愉快犯のような方達もたくさん現れました。

私は辛くて、麦さんに、その掲示板を閉じてほしいと度々お願いしました。
けれど私の願いを聞き入れて下さるどころか、貴女もすべての方の意見にうなずき、一緒になって、私を非難され続けられました。

過去のその出来事の一部を、私はブログ2に載せています。
訂正削除など一切していません。
是非お読みください。
そして過去を振り返ってみて下さい。

最後にもう一言。
このブログを誹謗中傷のブログと指摘して、私が公表したとのことですが、どの記事を指してその様に言われるのでしょうか。
もし宜しければ、教えて下さいませ。


遅くなりました。
ではおやすみなさい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (149)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと | トップ | 日本語 »
最近の画像もっと見る

149 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かれん桜 さん ( 麦)
2017-07-18 09:37:36


貴女も私も納得できるまで、順を追って、一つ一つ順を追って、お話しましょう。


> 麦さんは、私が頻繁に誹謗中傷の言葉を使用したと言われますが、本当でしょうか?

・貴女と関わるたびに、私たちが話すことの要点は、私が貴女を中傷した、ということですよね。
したがって、会話の中に、頻繁に出てくるのは必然的だったと思います。



私は、貴女を誹謗中傷した覚えはありません。
しかし、先日も、貴女は、私に中傷されたという気持ちは変わらない、という結論を出したコメントを、妹さんの古いブログに綴り、妹さんに託して、私のブログに貼り付けました。
そこには、今後、私とは、一切、関わらない、という固い意志も、宣言されたように思います。
それが、なぜ、突然に、私に関わって来たのでしょうか?
実に不可解な貴女の行為について、まずは、お答えくださいね。

Unknown (かれん桜)
2017-07-18 10:26:02
論点をはぐらかさないでください。
私の質問には、貴女はいつも、決してまともにお答えくださいません。
私はあなたの回答を伺いたいだけです。
私の記事を取り上げて、具体的にお願いします。
それで私は十分です。
かれん桜 さん ( 麦)
2017-07-18 15:16:43


ですから、順を追って、↓↓↓ 貴女の質問に答えました。


コメントにある、最初の貴女の質問
> 麦さんは、私が頻繁に誹謗中傷の言葉を使用したと言われますが、本当でしょうか?

私の答え
・貴女と関わるたびに、私たちが話すことの要点は、私が貴女を中傷した、ということですよね。
したがって、会話の中に、頻繁に出てくるのは必然的だったと思います。



>私はあなたの回答を伺いたいだけです。

私も、貴女の回答を頂きたいだけですので、私の質問にも、お答えください。


>私の質問には、貴女はいつも、決してまともにお答えくださいません。

この言葉を、そのまま、貴女に、お返ししたいです。
私の名誉のために、過去の、貴女のコメントへ向けた私の返信を、ここに添付いたします。
貴女に伝えたい私の文章が、貴女に上手く伝わらないようなので、子供じみて失礼かと思いましたが、一つ一つ、貴女の文章を引用した私の返信があります。
私は、常に、貴女と真摯に向き合ってきたつもりです。
下のコメントを、ご確認いただき、どうか私に対する、貴女の思い込みを取り払っていただきたいです。


   ***********

≪かれん桜 さん≫ 引用で返信しますね。


【貴女】過去の記事を載せられたとのこと。
私を中傷するひどい言葉を削除した上での公開が意味があるのでしょうか。

【私】証拠が削除されたという、あなたのご不満を解決するために再公開したのですが、不要でしたか?


【貴女】あまりに不公平で身勝手な振る舞いだと思います。

【私】 不公平とは、あなたの潜在意識による心理ですね。
閲覧者さんに対して、貴女の印象だけが悪くなるから、不公平ということですよね。
閲覧者よりも、まず、貴女と私の関係に目を向けていただかないと、話になりません。
誹謗中傷された、してない、この正反対の、貴女と私の現実を見極めるための再公開です。
私の書いた言葉は、削除も変更も、一切しておりませんから、どこで誹謗中傷しているか、ご確認ください。

貴女を正しいと思う閲覧者さんは、お気持ちがあればコメントで応援してくださることでしょう。
そのときには、その方だけに対して、私のブログで返信することはなさらないでください。
ご自分のブログで、その方に対して返信してくださいね。


【貴女】Kannmoさんの記事は、自らが削除を希望されたことは知っています。

【私】そうなんですか?
私は、知りませんが...。
古いことなのに、この私のブログから飛んでいく方が多くて不快だというメールが、遠方のかたから届きました。
kanmoさんも同様に苦痛だということでしたので、全員の、URL表示のコメントを削除したにすぎません。


【貴女】私を個人攻撃するために立ち上げられたあなたのブログも削除されています。
ご覧になった方が、それだけで、私の当時のつらさをご理解いただけるでしょうか。

【私】私のブログで、あなたの個人名が出たことがありましたか?
しばらく無視していたあなたが、初めて書き込みしたことで、貴女の名前が明らかになりました。
私は、「逆鱗に触れた」 の発言について、撤回していただき、ブログを削除することになった原因を作ったことへの謝罪の言葉を求めて、貴女に無視されながらも、記事を書き続けていたと思います。
もちろん、あなたのことだと想像できた方は居られたでしょう。
私は静かに、貴女と話し合いたかったですが、あなたのブログにコメント欄がありません。
私は、私のブログが目立つことは、息苦しかったです。
あのようなブログを立ち上げるしかなかった私の苦悩は、ご理解できますか?

「私のコメントが原因となって、ブログを閉じブログ村から去ったkanmoさんへ、申し訳なかった。」 このような発言を、ずっと待っていました。
しかし、「逆鱗に触れてブログ村から去った」 と、貴女を正当化したまま何事もなかったように過ぎていく時点で、ようやく立ちあげたブログでした。

なぜ、貴女が辛かったのか?
閲覧者さんに、貴女の辛さを知っていただくのが目的でしたら、ご自分のブログで閲覧者さんと話し合ってください。
私のブログを利用しないでくださいね。


【貴女】私は悪意で、人に語り掛けたり、非難することはできません。
これだけは神に誓って言えます。

【私】私も同じです。
「トンマ」 は愛嬌だと言うのなら別として、私は貴女から 「他人を誹謗中傷する麦のブログ」 「理性を書いた低俗な人間」などの言葉を受けたことがあります。
メモしているわけではありません、思い出そうとすれば、すぐに蘇る言葉です。


【貴女】当時は精神的にも参っていましたから、私の気持ちを理解していただきたくて、あまりに事実と違うことを言われたときは、耐えられなくて、返信もしましたが、悪意などは全くありませんでした。

【私】そこまで繰り返して、「事実と違う点がある」 と仰るのなら、あなたも忘れられないことでしょう。
どんな内容だったのか、どうぞ、ここに記してくださって構いません。


【貴女】広島の被爆者として風評被害があまりに心配でkanmoさんのブログに書いたコメントが、すべてのきっかけだと思いますが、その内容が載っている私のブログ記事をまた載せることにいたします。

私のことが生理的に大嫌いで、そのコメントがその後のひどい中傷のきっかけに悪用されただけでしょう。
すでに、その前に差別用語を使用する人であきれたといったような批判を私は先に受けていましたから。

【私】風評被害を引き起こすブログは、他に、いくらでもあったと思います。
kanmoさんのブログにコメントした理由は、「風評被害の心配」 ではないですよね?
それを、「風評被害の心配」 に転嫁し、ご自分を正当化するようなことの繰り返しで、あなた自身が行き詰り、「これ以上、お答えいたしません」 として、逃げることになるのでは?


【貴女】コメントを閉じている人が、他人のコメント欄にコメントするのはマナー違反とのことですが・・・・・。
私には、理解できないこともあります。

【私】ぜひ、理解してください。
貴女たち姉妹のファンらしい男性のブログで、「かれん桜さんへ、 麦(さん)に謝罪してください」 というようなタイトルの記事が公開されたことがありました。
覚えていらっしゃいますか?
貴女の理解者であるはずの、その人でさえ、あなたの謝罪を求めたのですから、やはり、あなたの行為はマナー違反だと思います。


【貴女】私は、自分のブログであなたたちのことを批判したことはありません。
一方的に、あなたたちのブログで、非難、中傷の言葉が数年に及んで繰り返されました。
それに対して、なぜ私は自分のブログのコメント欄を開けて応える必要があるのでしょうか。
私には、どうしての納得いきません。
何を言われても、あなた方のコメント欄に自分の思いを書くことは許されないのでしょうか。

【私】貴女の思い込みだと思います。
私は、貴女を含めて他人を非難したことはありません。
このことのためでなく、
閲覧者さんとの交流を求めるのが目的と思われる貴女には、コメント欄を開けたい、と言う思いが、私には伺えます。
でも、反論を恐れて開けられない、と言うお気持ちも伺えます。
そう言うことでしたら、他人のブログにも、反論や抗議のコメントは許されないと思います。


【貴女】くどいようですが、愛犬の死について。
余命いくばくかの夫を持つ私に語り掛ける言葉として、ふさわしかったでしょうか。
妹が憤った気持ちも、多少はご理解ください。

【私】初めて、今、ここで他人を、貴女を、中傷します。

「あなたって、バカじゃないの!」

あのとき、私の愛犬が、余命いくばくもなかったのです。
その苦しみの真っ最中だったから、あなたの自己中心的なコメントに、私が対応する時間がなかったのです。
その私の留守中に、あなたは、私が、一時的に非表示にした、あなたのコメントを、あなたの勝手な、「早くスッキリしたい、夫が起きて来たから」 と言う事情で、ブログ主の私の承諾なしに、コメントを繰り返したのです。
そのときの、私の愛犬への思いによる、貴女へのメッセージでした。

「虹の橋を渡る」 とは、ペットが死ぬことです。
一般常識だと思っていましたが、私の思い違いだったのですね。

身内の死に向き合っているのは、貴女だけではありません。
世界中の、みんなが、いつかは死を迎えるのです。
ましてや、私が、見も知らぬ、あなたのご家族の健康状態を考慮してブログを綴ることはありません。
私は、貴女がお書きになるブログには関心がないですし、、、。

「あなたってバカじゃないの」 
まぎれもなく貴方への中傷です。
どうぞ、弁護士さんへの相談でも訴えでも、なんでもなさってください。


【貴女】「妹よ」の過去の私の記事をここに載せるのは失礼かもしれませんから、私のブログの追記の下に掲載することにいたします。
夕刻ごろになるかと思います。
これですべてを終わりにします。

【私】はい。

      ***********

いかがですか?
私は、いつも、このような姿勢で、貴女と向き合って来ましたよ。


Unknown (閲覧者です。)
2017-07-18 17:25:00
かれん桜さんって、構ってちゃんなんでしょうかねぇ

いつも沈静化してくると、火種を投下して炎上させる

仕掛けては 途中で逃げる

ピンポンダッシュして逃げる子供みたい

これの繰り返しですものね。

自分に関心が薄れると、こっちも向いてよーって、アピールしてきますもん


もう訪問しません 見ません 関係を断ちます
耳にタコができるくらい聞きましたが

自分に規したフィルターって 何度も破ること前提なのでしょうかねぇ?

不思議ちゃんですこと。

私の感想でした。
麦さんへ (かれん桜)
2017-07-18 18:20:21
2013年1月30日の記事です。

>私は他意など全くなく、疑問を素直な気持ちで問いかけさせていただいただけだったのですが、お相手の方の逆鱗に触れ、今はとても反省しています。
翌日、シークレットの制度を利用して、お詫びもさせていただいたのですが・・・・・・・
今後、コメントの書き方には、細心の注意を払うように心がけたい、と思います。

今回も、私の質問には何一つお答えいただけませんね。

心配した通りです。
逆鱗の言葉の使用は、麦さんのおっしゃることとはまるで違います。
お詫びの言葉の中で使用しました。

私が言った言葉も、自分の都合のいいようにまるでニュアンスの違う言い方に変えてお話される。
他もそうです。
そんな方との話し合いは成り立ちません。
これで終わりにします。

誹謗中傷の言葉に異常にこだわっておられるので、最後にこの点の私の思いを書く必要が責任上あるのでは、と思いコメントさせていただきました。

Unknown (Unknown)
2017-07-18 20:26:38
かれんさんの気持ちも考えて見る方に徹するつもりでしたが、ちょっとだけ。
他の方々がかれんさんを責めてる事が有るとするなら【自らが科した決まり事を破ってる事】じゃないでしょうか?
それと【話をはぐらかさないでください】
とありますが、公平な目で見ても麦さんは話をはぐらかしてないですよ?。
かれんさんは俺の問い掛け話をはぐらかしましたよね?。
それに昔の事なら直の事引用する言葉の前後の経緯がはっきりしてないと誤解を招いていつまでも終わらないですよ。
自分は悪くない自分は悪くないの一方的な感情はこの際棄ててくださいな。
麦さんもイライラで言葉が荒れてるように感じます。何故イライラしてるのかもしっかりと見てくださいな。
考え方が違うなんてのは解りきってる事です。だから拗れるんですよ。考え方が違うで終わらせないでこの場で完全にスッキリしましょうよヾ(・ω・ヾ)
閲覧者です。 さま ( 麦)
2017-07-19 00:16:52


コメントありがとうございます。
私も、まったく同じ感想です。

ブログを書くことが大好きで、本音は、コメント欄も開けて、閲覧者の皆様や、ブログを書いている皆様と会話を交わし、交流を深めたいのではないかと、私は思っています。
それが出来ない理由、それも、想像できます・・・。

ここに関わってくれば、当然、私からの問いかけがあります。
その返信に行き詰まると、意味不明の理屈で去って行かれる・・・
今回も、また同じですね。

2度と来ません。
これが最後です。
金輪際。
フィルター。
これ以上、お答えしません。

私との関りに、「ケジメ」というより、「捨て台詞」 と言って良いような去り方を、何度、繰り返したことでしょう。
その場しのぎの屁理屈で去って行かれるから、最後と言う気持ちが、いとも簡単に翻り、このようなことになるのだと思います。

すみません。
返信のはずが、かれん桜さんが、ここを読むのではないかと言う気持ちになって、かれん桜さんへの感情を書いています。

コメントありがとうございました。
かれん桜さんに届いて欲しい、有難い感想のコメントでした。

かれん桜 さん ( 麦)
2017-07-19 01:59:47


かれん桜さん

私は、午後から、暇だという友人と会い、スシローに、お昼ごはんを食べに行く予定でした。
しかし、貴女の返信のために時間を要し、また、外出する気持ちにもなれず、貴女の質問に答えるために、PC前にいました。
そして、あなたの2番目の質問の答えも、探し出していました。

貴女の2番目の質問は
>このブログを誹謗中傷のブログと指摘して、私が公表したとのことですが、どの記事を指してその様に言われるのでしょうか。

↑↑↑ ですね。

かれん桜さん。
貴女が私に【誹謗中傷された】 と、ずっと言い続けているのですよ。
その事実を探し出すために、貴女の古いブログを読み返すことを私に強いるのは、私に対して、あまりにも失礼です。
70歳を過ぎた女性の常識に、それは、ないのですか?
私は、普段も、貴女のブログを読む気持ちにはなれません。
そこで、貴女の質問に答えるために、その事実が解る部分を、私のブログから探し出しました。
その日時前後に、貴女のブログから、貴女の質問の答えが見つかると思います。

以下、私の当時のブログ記事です。
貴女が貴女のブログで、被害者としての辛さを綴ることに対して、私が書いたのだと思います。
全文ではなく、回答になる部分を抜粋しています。

     **********

私がブログを書く理由
2013-07-31 11:47:02 | 日記

数日前に 急に訪問者が3倍以上になり アクセスは 各訪問者が繰り返し何度も尋ねている数に昇った
その理由は ?
私の知らなうちに とあるブログで 私のブログ名が公開されたからだった
今現在 いつまでも さほど意義も無く参考にもならない記事が上位に留まり 相変わらずアクセスも多い
何で?
誰のせい?
こんなことの原因は なに?
あなたでしょう?
事の発端は あなたでしょう?
あなたを誹謗中傷するブログ管理人だとして 私のブログ名を明記したから 私のアクセス数が増えたのでしょう?

私のブログ名を明確にして 「戦慄が走る」 と ご自分のブログで公開したことが発端でしょう?
そして なんだか意味不明の事を述べて ご自分は被害者

     **********

そして、あなたの【誹謗中傷】と言う発言を裏付ける、当時の記事へのコメントがありました。
HNは控え、記事の方もコメント主が特定されるので、非表示にさせていただきました。


過激な言葉
2013-07-29 07:38:31
 
穏やかそうに綴る方の
戦慄とか、誹謗中傷・・・

実は穏やかな方ではなく
自意識過剰なヒマなお方かと・・・



2013-08-04 08:55:45

「トンマ」という言葉をみて、私も笑いが止まりませんでした。
でも、その真意に気がついて、徐々に深刻に・・・。
歳を重ねた大人が、こんな言葉を使うでしょうか?
逆に、人格を疑います。
失礼も甚だしい・・・上から目線で、人を差別していますね~。

この方、この部分、削除されたんですね?
隠蔽に当たりますよね?


↑↑↑
探し出せたのは、上の2件です。
ただ、コメント内にもありますように、貴女は、一度、公開した文章を削除することが、たびたびありましたね。
ですから、今でも残っているかどうかは分かりません。
あなた自身が、当時を思い出して貴女の胸に聞いてみてください。



かれん桜さん。
私のブログに、同意して下さる皆様は、貴女の事を良心的に迎えることは無いと思います。
貴女の言動を理解して下さる方々は、別の場所にあると思います。
私は、貴女と話し合うことを、楽しみとしているのではありません。
貴女のコメントで迷惑しております。
ご自分の言動に、責任を持ってください。


思う事 (toto)
2017-07-19 11:08:10
蒸し返す様で、悪いのですが、
そもそもの始まりのかれん桜さんのコメント、私もリアルタイムで読んだ一人です。

たとえ他意が無かったとしても、、ですよ。
あの時のコメントに、違和感を感じたのは、私だけでは、無かったと思いますが。

何時も、どんな時でも、自分には、「非」は無いというかれん桜さん、其れがそもそも、思い上がりでなのではと思います。


何度も繰り返されきた、かれん桜さんの一方的な、自己主張、シツコイを通り超して、執拗ですよ。

よく周りを見て、自分を擁護して下さるお仲間の処にコメントで仲良くされたら如何ですか?

麦さんの場所を これ以上汚さないで欲しいと思っています。
toto さん ( 麦)
2017-07-19 23:33:10


蒸し返しではありません (*^-^*)
現在進行形ですよ。

先日、麦とは関わらない、として去って行った、かれん桜さんですが、
なぜまた、突然、現れたのでしょうね。

二つの質問があったので、それに、お答えした上で、私からも質問し、話し合いの場を設けました。
しかし、私の回答が、お気に召さなくて、
「話し合いは成り立ちません」 だそうです。

このような行動をしておいて、「話し合いは成り立ちません」 などと、どこからか借りて来たような、常識人らしいことが、よく言えるなぁ、、、と、、、反吐が出る思いです。
反吐が出る思い、、、勇気をもって、私の正直な本音の公開です。

「話し合いは成り立ちません」 とのことで、また、一方的に去っていくようすですが、
そう言うかたですから、きっとまた、ここを読むと思いますので、この場をお借りしますね。


かれん桜さん。
貴女方ご姉妹は、「他人を憎む感情」 や 「他人に嫉妬する感情」 を、私の人格に押し付けることがありますよね。
それは、貴女方ご姉妹の心の中にこそ、「他人を憎む感情」 や 「他人に嫉妬する感情」が、潜んでいるからではないでしょうか。

このブログを見つけた時、貴女の心の中に、私を憎む感情があったから ・・・
「白い花のように」 というタイトルの、私のブログに、嫉妬したから ・・・
だから、「このブログ主に誹謗中傷された」 と、公開したのではないでしょうか?

私との話し合いに応じないのは、「このブログ主に誹謗中傷された」と公開した理由が、私への憎しみと嫉妬だから、ではないでしょうか。

今回もまた、私に、無駄な時間と労力を課して、一方的に去っていく貴女の事を、私は、そのように思うことにします。
そして、今後、絶対に、私のブログに書き込みをしないでください。


コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。