とりあえず

ブログ

天使が孫になっていく

2016-10-12 12:13:00 | 日記

年齢不詳の魔女 ・・・

その魔女の娘が 母親になったとき 魔女は50歳を少し超えていた

もちろん とっても嬉しかったけれど 《おばあちゃん》と呼ばれることは どうしても受け入れられず 娘の子を 天使と呼ぶことにして抵抗したのだが
その天使たちが 言葉を覚えるにつれて 私の気持ちを知ってか知らずか 娘は天使たちに 私のことを 《ばば》 と教えた




「あたし イチゴになるんでしょ?」 と 《七五三》を《イチゴさん》 に聞き間違えて イチゴになると思っていたころの天使


周囲には 「今だけよ そのうち お小遣いが欲しい時しか来なくなるわ」 と言われながらも おばあちゃんと言われようが ばばと呼ばれようが 私に天使はいるが孫はいないと抵抗

一方 おじいちゃんになって 100%喜びを露にしている爺は 出張ついでの息子が泊まりに来ると言うので それでは夕食に我が家に集まろうと娘一家にも声をかけ 得意の腕を振るった
 
急だったので ともかく爺の料理の中で アーちゃんに人気のビーフシチューは欠かせず 圧力鍋を用いたりして 十分に美味しいと思えるシチューが完成

久しぶりのメンバーが揃ったところで それぞれに箸をつけ始めたころ 私に 「今日のシチューは美味しくできてる」と言われた爺は アーちゃんに 「美味しい?」 と 自信ありげに聞いてみる

「ううん 美味しくない」 

からかわれていることを承知の爺は 再び 「美味しいでしょう?」

「ううん 美味しくない」

それでも 「美味しいでしょぅ~?」 と しつこい爺

そこで アーちゃん

「美味しくないのに美味しいって 嘘つくよりいいでしょ?」 ですと!


少し前なら 「美味しい?」 と尋ねられれば すぐに「美味しい!」 と 答える天使だった


こうやって だんだん お小遣いが欲しい時にしか来ない孫になっていくのかな

美味しくないと言いながら 大人用のスープ皿で お代わりしたアーちゃんでしたけど

      

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 君の名は。 再考 | トップ | 名は体を表さない花 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (toto)
2016-10-12 16:08:50
今日は🎶
50歳でお孫さん、早いですね。
確かに私もそうだったら、、。
抵抗があったかもしれませんねぇ。


私は孫に【ばあば】と呼んでもらおうと
思ってます。(^_^)


ご主人とお孫さんのやりとりも
微笑ましいですよ。

toto さん (まり)
2016-10-13 00:11:21


(*^^*) 50歳を、少し過ぎたころでしたが、少しとは、どれくらいでしょう~。

totoさんは、もう少し過ぎていたのですね。
【ばあば】 と呼ばれる方も多いようですが、おばあちゃんは、あまり聞かないですね。
友人は、チャン付けの、名前で呼ばせていますが、それが良かったかな(*^^*)

そろそろ天使とは思えないことを言われて、びっくりしたり、爆笑したり、
それでも可愛いものですね (^^♪


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。