とりあえず

ブログ

るりとうわた色の 空の旅

2016-10-19 12:33:42 | 日記

福山へ 何度目になるかの旅 と言っても 今回は 所用のハタラキバチさんに便乗した広島行きである

17日は雨という予報と 夫の所用に伴った私の成すべき作業もあって しまなみ海道のサイクリングは諦めながらも カメラを携え 16日 午後の便で羽田を発った

誰だったか 空路でゴルフへ出かけたタレントさんが 雨の地上を離陸し 上昇した機体が上空の雲を抜けたとき 窓の外に広がった青い空を見て 既に雨はやみ晴天のもとでプレーできると思った 
・・・ 
という談話を聞いたことがあったけれど そう思い込んでしまうのも分かる気がする 
やはり雨こそ降ってはなかったが 予報での明日の雨を裏付けるかのように 雲の多い空に向かって飛び立ったジェット機は 上昇を続けるうちに いつしか るりとうわた色の空間にいた



この色に包まれるたび 私は 地球に生まれた不運を思う



日本一の富士山をも小さくしてしまう 宇宙



争うことを好む人間の国を離れたとき 小心者の私は 宇宙人になる 




予報通りに17日の朝から降っていた福山の雨は 午後になって上がり 私の用事も順調よく済んで 思いがけず自由となった午後から 尾道へ
残念ながら 観光案内所で フルーツ大福の 《はっさく屋》 は定休日と聞き それならば 今 話題のチョコレートへと発想は移り 案内所や 途中で触れ合った地元の誰からも 「自転車では大変ですよ」 との心配の声にもめげず自転車を漕ぎ めでたく売り切れ寸前のところで 数片のチョコレートを手にすることができた

この経緯は ともかく 
ハタラキバチさんの所用に関しては未完成のまま帰京した18日の空も やはり るりとうわたの色












この色に包まれる瞬間を求めて 私は空の旅に出るのかもしれない


るりとうわた とは 瑠璃唐綿と書く オキシペタラムの和名である

2001年の秋 今の家の玄関前に植える花を探し求めていたときに出会い その色に惹かれてから 我が家で咲かない年はない花となった

ジョークのようで
本気で 
私が神様の下に召されたときは 菊でなく 1輪でいいから オキシペタラムを添えて見送ってほしい と 家族に伝えてある


私が この世で 一番 好きな花
オキシペタラムと呼ばれる るりとうわたの花を空にかざせば その花弁は 空の色と同化してしまう色をしている

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名は体を表さない花 | トップ | 瀬戸内のお人柄とチョコレート  »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やっと・・・ (サイ・サイ)
2016-10-19 16:56:33
意味が解りました^^v

るりとうわた色の意味。

なかなか空へ向かえない私にはとてもいい時間でした。
綺麗いなるりとうわた色の空を眺めている時間が、ね。
Unknown (toto)
2016-10-19 17:59:14
とても綺麗に写真が撮れてますね。
雲の中の富士山が綺麗です。

チョコレートは美味しかったですか?
コメントありがとうございます (まり)
2016-10-19 23:14:14
 サイ・サイ さん 

るりとうわた色の空 (*^^*)
オキシペタラムは、ブルースターとも言われますが、ルリトウワタとは、あまり聞かないですね。

この空の色を眺めてくださる時間。
お分かりいただけることが、たくさん、おありなのではと思いました。
ありがとうございます!



  toto さん

空の画像は、あちらこちらのブログで公開されていますが、
私なりの好みで、たくさん貼り付けました(*´▽`*)
広島行きの機内からは、初めての富士山でしたよ。

チョコレートですねぇ ・・・
きっと、本物のチョコレートの味なんだと思います。
庶民は、ゴディバで大満足、メイジでもグリコでも、十分・・・
話題に挑戦ってことで(*^^*)


コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。