青い森の贈り物

北国青森から、四季折々の自然を中心に、撮れたてを届けています。環境問題に関心アフロでゴミ拾いを新設!感想をください。

サタデーナイト★大フィーバー!

2017年03月18日 | まつり
久々登場、マダム青い森です。
今日は前から楽しみにしていた 「ザ・ベストテンなつかしの昭和歌謡祭」
新聞の広告で見つけるも、今月上旬にチケットを買おうとした時には売りきれていて、奇跡的に4席キャンセルが出ていたのをやっとゲット。若い友人2人(20代、30代)を誘い、夫婦で指折り数えてこの日を待っておりました。

会場は満席で、約300人の年齢層高めの紳士&淑女でいっぱいでした。


開場を待ちきれない参加者のために控室が用意され、ウェルカムドリンクのサービスも!
気分よく会場に入ると、早速ウェルカム演奏(?)が!


オープニングアクトなのに既に大きな拍手が起こっていて、参加者の気合を感じます。
よく見たら知り合いの方で2度ビックリ!

ところで、私達のテーブルは会場の最後列で少しがっかりしていましたが。。。
会場には前方、後方の2か所にステージがあり、後方のステージを見る時はまさかの最前列で、マダム感激!

お料理はサーモンソテーや豚ロースのローストなど和洋中6品で、ドリンクはビールやワイン、日本酒、カクテル等飲み放題。
コンパニオンさんも配置されていて、お料理や飲み物を随時お給仕してくれて快適、快適♥


ステージは5組のアーティストが出演。
1組めの最初からお客さんはノリノリで、男女でダンスする姿も見られました。
そういえば私の両親世代はダンス全盛だったんだよね~と、若い友人に解説。
高校生の頃、帰宅したら両親がジルバを踊っていてビビった思い出話も披露(笑)。

2番手はギターソムリエ keiさん。
普段はイタリアンレストランのシェフをしているkeiさんはお店を臨時休業して登場!


音楽だけでなく、大道芸のパフォーマンスもあります。
県内のイベントで何度かお見かけしたことのある、アットさん。
青森らしくりんごを使ったジャグリングです。


と! 何と食べながらまわすまわす!
往年のCMを思い出し歯グキから血が出てないか心配でしたが、見事無事でした(笑)


後半はザ・ベストテン常連のアイドルの曲。
松森聖菜さんが松田聖子さんになりきって登場。
マダムも若い友人も、赤いスイートピーを合唱しました。
いやー、懐かしいッ!


キョンキョンや石野真子ちゃんの曲の後、今度は明菜ちゃん。
歌いながら衣装チェンジして明菜ちゃんになって出てくるなり、なぜか観客大爆笑!


そして、真打登場。最後はエルヴィス・トキさん。
ダラスのエルヴィス・プレスリーコンテストで優勝経験もある青森県屈指のエンターテイナー・トキさん
若干平均年齢高めの黄色い歓声が一気におこり、ツイスト大会に!


エルヴィスはもちろんですが、ジュリーや矢沢などレパートリーの広さにも驚かされます。
この時、私達の席に近い方のステージで歌ってくれていたので、目の前でトキさんの歌声にうっとり&ダンシング!

歌いながら前方のステージに移動する演出もあり、大勢のお客さんにもみくちゃにされていました。


そして、最後はヒデキのYMCA! 観客ほぼ総立ち!!


・・・とにかく、あっという間の3時間でした。
実は行く前は長いから途中で退屈するかも?とか、チケット代がちょっと高いとか思っていました。
しかし、終わってみるとこれだけ食べて飲んで歌って5000円なら、むしろ安いもんだと思いました。
出演アーティストは全員地元の方でそれもすごいと思ったし、さすがねぶた祭りのある青森、お客さんのノリノリ具合も楽し過ぎでした。

一緒に行った20代友人は「知らない曲が多かったけど、面白かった~」と大興奮。
30代友人は「参加者の踊りがそろっていたので、当時はやったんだろうね」と意外にも冷静に分析。
オット青い森は「できたらリクエストしたかった~」と早くも次回に向けての抱負を語る(笑)。

ちなみにこの企画、第1回とタイトルについているので、第2回、第3回と続いていくようです。
皆さん、次回はぜひ! その際チケットはお早目に!!

ホント、青森って最高!
ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 放射冷却の朝 | トップ | 津軽海峡の駅弁 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL