青い森の贈り物

北国青森から、四季折々の自然を中心に、撮れたてを届けています。環境問題に関心アフロでゴミ拾いを新設!感想をください。

つるバラ「ピエール・ドゥ・ロンサール」、うどんこ病について

2017年06月17日 | しょくぶつ
夕べ雨が降ったようです。
この頃雨の日が多く、日差しが好きなバラたちも元気が幾分元気がありません。

湿気が多いと、病気にもかかりやすいです。

庭のバラに、ほとんど薬を散布しません!
というのも、青い森は、近所に気配りをしているからです。

「ほとんど」ということは、時々散布するということでもあります。
回りくどいです。(自分に言い聞かせているのです)

でも、うどんこ病で白くなったバラはとても可哀そうだから、気持ち分散布します。
だから、なかなか治りません。

また、アーチに這わせていることもあり、とても高い位置まで伸びています。
そのため、薬剤散布が大変ですし、周辺へも飛散する可能性があります。

余談ですが
先日のこと、農園業者が、ある庭の薬剤散布をしている場面に出くわしました。
風に乗って薬剤が飛散しているのが判り、近所の迷惑もんだなと・・・


今年は、昨年より花数が少ないようです。
これは、ゾウムシの影響だと確信しています。
害虫やら病気やらで・・・何かと大変。




花を楽しむためには、対策が必要ですが、やはり自然のままがいいのかな・・・

今年、特に何も手を施していない木立性「アイスバーグ」は一輪も咲かずに夏を迎えようとしています。

元気に咲いたのもあれば、全く咲かずに終わるものなど、様々なわが家の庭です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« とにかくデカい!豪華客船「... | トップ | 沢山の実をつけたブルーベリー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL