人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

過去の栄光は収蔵棚にしまっておいて 

2016-10-17 22:36:02 | 80はミステリーゾーン
11月に上越のフルート教室で発表会が開かれるが、
私も出ることになっていたが、身体不調で参加でき
なくなった。

そのために、フルートの先生にお断りに行って来た。
初めてのケースだ。
残念なり。

テーマを頂き、かなり練習した。
でも、気持ちはがっくりだね。

風邪が引いた程度と考えていたが、笛の息が続かない。
一曲完走できないでいるから、しょうがない。

私はどんなレベルの高い曲でも、与えられるたら、なん
とかクリアしてきた。

先にテニス仲間と演奏した「そこにあなたがいてくださ
ることは」は、忘れることができないほど、好きな曲で
ある。宇治の教会で演奏した。テニス仲間が来てくれ、
ご褒美の拍手をもらった。

なんという充実感。
楽器を趣味にすると、これ、これがある。

作家の内館牧子さんが新聞で語っていた。
エリート会社員は定年の着地が下手であると。いつまでも
過去の栄光を引きずるから。


過去に歩いたサリーマン時代の自慢話は、収蔵棚にしまっ
て置き、新たに趣味を始めたり、サラリーマン時代に培っ
た技を自分流に伸ばしてゆくと、長いシニア時代を生きて
行く方法が見つかるかも。いつまでも過去にしがみつくこ
とはなくなると思うよ。

教会の演奏会も自慢話だって? 
収蔵庫にしまうことにしよう。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 人の声がして、深草はいいと... | トップ | 声をかけて無視されてもー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。