人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

災害問い合わせに忙殺されて

2016-09-30 22:38:44 | 80はミステリーゾーン
役に立つから役場というのだと思っていた。

8月末の豪雨災害で19人が死亡した岩手県岩泉
町で、台風が上陸してから、役場は電話が殺到し
た。

職員たちは電話を受けるのに忙殺され、災害救助
に向かうことができなかった。

多くは町民からの問い合わせで、避難勧告も出せ
ず、電話の対応にかかりきりとなった。


昔、電話は文明の利器といったものだ。
しかし、災害が起こると、便利なだけに災害地に
集中、回線はパンク状態になる。

町民だけでなく、お見舞い、問い合わせ、取材も
多かろう。

そして、文明の利器は役場職員の手足を奪う結果
となる。

そうなることは分かり切った事態だが、「まさか」
と思ってるから、準備も警戒もしていない。

でも、多くの人達が亡くなったのだから、役場の
手足を奪うべきではない。


話は違うが、
先日、包括センターの係りの人がやってきて、相
変わらず「だましの手口の電話」が多いのだそう
だ。なかに引っかかる人もいる。

応対に出るからではないか。

私は、
まず、《0120》は出ない。ほぼ物売りか宣伝
だから。
電話登録してある電話にしか出ない。
よっぽど大事な電話なら、もう一度かけてくるは
ず。悪いことを仕掛けるやつは2度とかけてこな
い。出ない電話は無言の返事でもある。

うっかり、出てリフォームだったりすると、「ど
こか、悪いところはないか」と必ず聞いてくる。
悪いところがあっても、「ありません」ときっぱ
り云って切る。

また、災害地の役場へ戻る。
「川が氾濫しそうだ」という報告は無視できない。

ついでにいろいろ尋ねる。職員は一人一人に答える。
そっけなくできない。それが地方なのだから。

電話でなく、いまはやりのラインとかはどうなのだ
ろうか。

SNSで注意すべきは、いい加減な情報やデマのたぐ
いに振り回されないこと。




災害に薄い京都市の年寄りは気楽にものを言ってい
る。
すんまへん。







ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝顔が頑張っている | トップ | 3つの記事に「ほー」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。