人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

声をかけて無視されてもー

2016-10-19 22:39:05 | 80はミステリーゾーン
「お帰り」
マンションに帰ってくる児童とエレベーター
に乗り合わせると、私は声をかける。

にこっと笑う子もいれば、無視して返事のない
子もいる。

新聞の投書欄に「あいさつせぬ子」を巡って
読者が意見が交わされていた。

背景として、「知らない人から声をかけられ
たら逃げろ」と最近の子供達は教えられてい
る。さらに、「大人だったら、大人に聞くは
ず、小さい子に聞きはしない」という念のい
れよう。

こうなると、大人も子供も声をかけてくる大
人は、全て怪しいことになる。

意見を述べる一人は「身を守る子供なりの努
力」と仕方ない派。

2人目は、あいさつのない社会を危惧する。

3人目は、自分で「怪しい人」かどうかを判断
している14歳。あいさつされて安心する子も
いるという。

75歳の女性は「見知らぬ人にあいさつをする
なではなく、しっかりあいさつのできる人間に
なりなさい」とびしっと言う。

私もこの意見に同調したい。

「人を見たら、泥棒と思え」との言葉はいつの
時代もあったが、ことわざの一つだった。今は
《かどわかし》を真剣に子を諭す。

大人は風評に気を取られ、大事なことを忘れ
ていないか。これ私の意見。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 過去の栄光は収蔵棚にしまっ... | トップ | かっこよかった平尾ラグビー »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。