人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

いつまで、京都のぶぶ漬け

2017-05-25 22:39:36 | 80はミステリーゾーン
養老先生の「京都の壁」を読んで、京都人を語る
とき定番になっている「ぶぶ漬け」が出て来た。
いつまで言われるんやろな。

京都の先の大戦が「応仁の乱」やし。

いつまでも、こうした伝説は続く。

京町家で、こじんまり坪庭で我慢しても、周りを山
で囲まれている京都は「借景」という手がある。

しかし、街中で「借景」なんてもはや贅沢。
「そんな高いビル立てられたら大文字が見えへんや
ないか」、「比叡山が隠れるやないか」
これについては、10階のマンションに住む我が家
もある時から比叡山が見えなくなってしまった時に
実感した。がっかりしたが、我がマンションが他の
家から眺望を奪っているかも知れないと思った。

無理だなと思う注文をされた時、「考えときまひょ」
とやんわりお断りする京都人の術は、今はやりの忖度
の領域で、どこにもある話。

養老先生がいう「壁」はこういうことかなあ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 養老さんの「京都の壁」は楽しみ | トップ | 「超回復」まで運動するな »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

80はミステリーゾーン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。