人生アラカルト

どうせ過ごすなら楽しくね。

茅葺の寺にはススキが似合う

2016-10-08 16:25:08 | 80はミステリーゾーン
深草には趣のあるお寺が散在する。
今の季節はこのお寺でしょう。
日蓮宗・瑞光寺。

茅葺の門と本堂を前に、ススキがお辞儀している。






新しい墓地を作り、時々チラシが入っている。

すぐ近くに、五百羅漢で知られる石峰寺があり、寄ってみた。
羅漢は伊藤若冲が下絵を描いたという。



表門は赤塗りの変わった建築物。

門に入ろうとしたら、若者二人が帰るため、門に近づいた
かと思うと、一人がうずくまった。
頭を下げずに門をくぐろうとして、ぶつけたらしい。
私のように160センチの身長でも、頭と門との間は
そんなにない。

よそ見してしたらしく、しばらくうずくまっていた。

「大丈夫?」
「大丈夫のようです」と連れ。

お寺に来て、痛い目に遇うとはね。

撮影とスケッチお断りの張り紙が出ていたので、入門
せず。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 錦市場のシャッターに若冲 | トップ | レジのもたもたは老人にあせり »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。