映画と本で、お茶がいい。

映画、本などに触れ感じたこと。紹介文ではありません。大の犬好きなので犬寄りの発言になります。生きものも好き。

本『ハリネズミのねがい』/考えないで。

2017-05-15 | 本。
私は悩む人間だ。
「考えないで」と言われる。

考えすぎて不安で動けなくなる。

同じことをぐるぐる考えて
苦しんでいると自分でもわかっている。
考えてはいけないのか。
考えているだけになるからだめなのか。
私がいけないのか。でも
考えるのが私だとも感じるのだ。


『ハリネズミのねがい』の主人公のハリネズミは
家に誰かを招待したいと願う。
けれども「もしも○○が訪ねてきたら、
こうなるかもああなるかも何を話せばいいか。
どうもてなしたらいいか」と、考えはじめて
不安にかられて、招待状を出せない。

私とよく似ている。

ハリネズミは、
自分の「ハリ」のことで悩み、嫌いになる。
でも「ハリ」なしでは自分ではないのもよくわかっている。
「ハリ」を含めて自分を受け入れてもらいたい。
自分を好きになりたい。

人と関わるには、
傷ついたり傷つけたり、
疲れたり疲れさせたりする。
「ひとり」いいやと思いたくなるけれど、
さみしい。

いつか自然に「友人」が訪ねてきてくれたら、
いつか自然に「友人」を訪ねていけたら、
そんな思いにさせてくれる大人の童話。

この本がよく売れているということは、
世の中にはこんなに考えすぎて、
悩んでしまう人が多いということか。
そう考えると少し心が軽くなる。

考えるのをやめようと思うけど、
やっぱり考えてしまう。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画『淵に立つ』/家族とは | トップ |   
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL