aoi no blog

自然治癒力、レジリエンスをサポートするaoi no blog

心身が求める方向性

2017年08月13日 12時41分16秒 | 潜在的な問題
心身は常に健康に向かっている。

しかし、意識が逆方向であれば、

つまり極端に、邪魔をしているのは自分である。


自分とはどの部分でしょうか?

感情や精神でしょうか?それとも性格でしょうか?

それら総合的な人格からの毒素の汚染は、

何らかのカラダの生理作用にアンバランスを構築していく。

構築された悪循環を壊し、新たに健康の循環を構築する部分が、

自分であると信じたい。そう信じる意識が治癒のプロセスを刺激する。


人間だから、様々なシーンで汚染されているのはあたりまえ・・・

と前提にする必要性は無いと考える。もちろん聖人であれという事でもない。

人格を否定することも、必要以上に肯定することもなく、

よりクリア(素直)に受け止め、受け入れる。で良いように思う。


どちらにしても素直に治る事に集中する事に間違いはない。


出来る限り治癒を妨げるネガティヴな思考、

よけいな事は考えずに心身の癒し、レジリエンスに集中することが望ましい。


それは治療者側にも同じ事が言えます。

よけいな思考は直観を妨げ、盲目にします。

心身からのサイン、メッセージを見逃す原因を作ります。


ただ心静かに患者の心身からの反応を追求し、

そして答えていく事が求められる。つまりそれ自体が治療であり、

術者は、健康への、治癒へのプロセスを少し手助けする程度、

が自分の仕事であると謙虚で居る、立場をわきまえるくらいが丁度いいと思われる。


そういう意味で、患者の心身が求める治療者で居る事の重要性も同時に求められる。

常に試練であり、お互い試されている・・・


時間と場所、空間も、健康の、治癒のプロセスにとって、

或いは人生にとって大切であり、

偶然、必然どちらにしても、タイミングが重要であると考える。


エネルギーを妨げない素直な自分。迷わず信じる自分。

単純なようでいて、とても難しい

生涯の課題でしょう・・・


コツコツと努力致します。

『健康づくり』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自律神経系 | トップ | サトル微細なエネルギー、意識 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

潜在的な問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。