あお!ひー

叫べ!いななけ!そして泣け!雑多なことを書いてみる。

海でやろう。~東京メトロのマナー広告

2008-08-10 15:37:48 | 気になる看板/広告


東京メトロのマナー広告のポスター「海でやろう。」



なんか抜けてる感じがいいのです。

これまでは「家でやろう。」でした。だから今回のコピーが微妙にかわってておっと思ったのです。


以前に撮ってた「家でやろう。」のポスター。

車内で通話しちゃダメですよ。


さらにその前のポスター。

あっ、後ろで見てるおじさんが全部、一緒です!

このシリーズ、黄色が目立つのに加えてよく見るとリキテンシュタインばりのドットが使われています。

実は「家でやろう。」の直近のポスターを撮り逃してました。

これはヘッドフォンステレオの若者とツボを刺激してるおじさんが並んでるので、どことなく東急のマナー広告「どっちがへん?」を連想しちゃいました。

まあ、いずれにしてもマナー広告ですから、ポスターは一目を惹くものであって欲しいですね。

さあ、「海」の次はなんでしょう?

紅葉の秋だと「山」かなあなんて想像しちゃいます。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (8)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Chim↑Pom 友情か友喰いか友倒... | トップ | あおひーの野望 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
似ています。 (meme)
2008-08-11 20:03:22
こんばんは。
見た瞬間、リキテンスタインの作品を思い出しました。
黄色と黒の色遣いとドットの使用が効果的。
おまけに、キャッチも良いし、思わず見ちゃいますよね。
似てますよね~ (あおひー)
2008-08-12 20:20:34
こんばんわ。
こういうポスターに出会うとついついデジカメで撮ってしまいます。
リキテンシュタインと比較するとその手法は近いものがあるものの、やはりこのゆるい感じが違いなんだなあと改めて実感します。
やはり日本だからこうなんでしょうかね~。
当たってますね (mossko)
2008-08-29 23:16:05
僕もこのシリーズ好きです。
ヘッドフォンのやつはおじさんと若者の差が凄くよかったですね。

この新シリーズ、山でしたね。
すごい!
ええー! (あおひー)
2008-08-30 10:41:25
コメントありがとうございます!
ヘッドフォンのはあのポーズが一緒のところがすごく好きですね。

>この新シリーズ、山でしたね。
ええー!!びっくりです。
まだ、見てないので楽しみです。
ああああ! (YOR)
2008-10-22 14:31:19
僕はまだこの広告を見ると、気持ち悪いなんです。きっと目立てて、宣伝的には効果的だけど、マナーの問題を解決するのか疑っています。漫画としてはちょっと楽しく見られるけど、少し考えるときっとこのポスターがダメだと思います!
①マナーというのは、とりあえず正直に良い人間の交流が基本なので、攻めるだけで、自分の中に閉じ込めて、電車以内のマナーが悪くなる一方。
②マナーというのは繊細なことであるべきなので、こんな交通の看板見たいなものを正しいマナーの象徴になって欲しくない。と言うか、「これが正しいよ」と言う広告自体が、繊細で理想のイメージでないと何に従えばいいか不安です。
③そういえば、後ろに気難しいおばあちゃんが正しいマナーを象徴するんだったら、やばいです。
④またマナーという言葉も外来語だし、ちゃんとその意味を考えて日本語を使った方がいいかもしれないです。日本の歴史も、国際化を考えて、今のマナーは何でしょうと。

ちなみにロイ・リキテンスタインはコミックから取られたイメージを少しアレンジしてペインティングにして、社会を皮肉的に表現すると言う。実際に見たら、ただ格好いいと思わなくて、彼の作品を自由に意味づけてもいいです。メトロの広告は、ただの硬いイラストレータで、交通の看板みたいにオレンジと黒で、見ても自由に考えられると言う目的で作っていないはずでしょう。これはしちゃだめに過ぎない。哲学的な問題なのに、自分の代わりに何がいいか決めちゃいます。

ロイ・リキテンスタインについて少し検索したら、インタビューがありました。ちょっと極端なとこを切り取ったけど面白いかもしれないです:

GRS: A curator at the Modern Museum has called Pop Art fascistic and militaristic. (ポップ・アートはファシストなのかっと言う質問)

リキテンスタイン : The heroes depicted in comic books are fascist types, but I don't take them seriousy in these paintings--maybe there is a point into not taking them seriously, a political point. I use them for purely formal reasons, and that's not what those heroes were invented for. . . .
http://www2.kenyon.edu/Depts/IPHS/Projects/pop.up/lichtenstein.htm
Unknown (あおひー)
2008-10-23 06:46:16
思うところはひとそれぞれでいいのだと思います。
そこまで熱い考えをお持ちなのでしたら、それはご自身のページで展開されたらよいのではないかと思います。
マナーモードします (ジェレミ)
2008-10-23 15:13:34
最初のコメントには少し極端な意見を書いてごめんなさい!ここはマナーが悪かったかもしれないですね!

実は、フランスの友達から、東京メトロのポスターが載っているスペイン人のブログを教えてもらって、それで日本人の意見も知りたくなって、検索したらあおひーさんのブログを発見しました。色々な感想を読むのが面白いと思って、そのきっかけで書こうと思いました。そこはインターネットの素晴らしいとこでしょう。

たとえば、最近知らない日本人のブログに自分の作品を発見して、とても面白い話になりましたよー!! http://slowlife69nrollphoto.blog62.fc2.com/blog-entry-316.html

サイトはこれですよ。もういっぱいなんです!!
http://www.elshopo.com/
http://anab-chienpo.blogspot.com/
またよろしく!


Unknown (あおひー)
2008-10-25 00:08:29
そうでしたか。ワールドワイドな流れでたどり着かれていたのですね。
いろりるとつながってくのは確かに面白いなあと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。