パンやケーキを焼くのが好きで

週末は自宅で地味にキッチンに立つことが多いです。アクティブに活動するよりも、読書や映画鑑賞などどちらかといえばインドアが

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ノロウイルスは冬になると流行し、激しい下痢や嘔吐に加え

2017-02-13 15:56:46 | 日記
ノロウイルスは冬になると流行し、激しい下痢や嘔吐に加え、高熱にうなされることもある厄介な胃腸炎だ。子供や高齢者が感染すると、最悪の場合、死ぬこともある。上からも下からも“垂れ流し状態”で、ちょっと水を飲んだだけでトイレに直行……。

 そんなつらさから下痢止めや吐き気止めを飲みたくなるが、飲まない方がいいという。聖路加国際病院内科名誉医長で、「西崎クリニック」院長の西崎統氏が言う。

「下痢止めを飲みたくなる患者さんの気持ちはよく分かりますが、飲んではいけません。吐き気止めもそうです。それらの薬でウイルスの排出が抑えられると、治癒が遅れてよけいに症状が長引くことになります。症状がつらくても、とにかくウイルスを体の外に出すのが正解です」
http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5502
http://www.68newspaper.net/article_detail.php?article_id=5501

■できるだけ水分摂取を

 理屈は分かるが、食事はおろか水も飲めないのはきつい。何度も続く下痢でお尻はヒリヒリだ。そんなピンチをどうやって乗り切ればいいのか。
http://moemoe.mydns.jp/view.php/43246
http://www.chachina.net/?pid=30194

「大事な見極めは、水を飲めるかどうか。下痢や嘔吐を恐れて水分摂取を避けがちですが、そうすると脱水を招く。ノロウイルスの感染で、子供や高齢者が亡くなるのは、脱水によるケースがほとんどなのです。下痢や嘔吐がつらくても、スプーンにすくった水をなめる程度でいいので、少しずつ水分を補うこと。それも無理なら、受診して点滴を受けるといい」

 受診したくても、断続的に襲ってくる下痢で通院さえ危うい。タクシーに飛び乗っても、病院までお腹が持つかどうか。頼りになる薬はないか。

「特効薬や予防のワクチンはありませんが、整腸剤が役に立ちます。ノロに感染すると、腸内細菌のバランスが悪玉に偏るので、整腸剤で善玉優位になるように環境を整えるのです。間接的な治療ですが、飲まないより回復が早まります」

 ドラッグストアなどで整腸剤を買って、常備しておくといいかもしれない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017年2月13日付の週間アニメ... | トップ | 北極の冬は長く、太陽も昇ら... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事