パンやケーキを焼くのが好きで

週末は自宅で地味にキッチンに立つことが多いです。アクティブに活動するよりも、読書や映画鑑賞などどちらかといえばインドアが

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

2017年2月13日付の週間アニメ再生ランキングが発表された

2017-02-13 15:53:51 | 日記
music.jpにて2017年2月13日付の週間アニメ再生ランキングが発表された。ついに5週連続首位の「ONE PIECE FILM GOLD」をおさえて「ペット」が首位に返り咲き。

名作アニメがずらっと並んだ今週のランキング。順位というよりは子供も大人も観て楽しい作品が並んだ感じのランキングに心が和む。ユニバーサルスタジオ作品にディズニー作品繰り返し何度見ても飽きない作品に、こども心を揺さぶる「ワンピース」などが上位にランクインした。2017年2月13日付music.jp週間アニメ再生ランキングは以下の通り。
■週間アニメランキングTOP10

第1位 ペット

※ケイティに飼われている小型犬のマックスと、新たに保健所から引き取られた大型犬のデュークが、ひょんなことから飼い主と離れ離れになってしまい、力を合わせて家にたどり着く。
http://www.sun-marche.com/post/entry/4092
http://cotobaco.com/aoeuorarar/

第2位 ONE PIECE FILM GOLD

※ルフィー率いる麦わらの一味は世界最大のエンターテインメントシティ「グラン・テゾーロ」へ乗り込んだ。そこは世界政府ですら手を出せない聖域で、黄金帝ギルド・テゾーロが絶対権力者として君臨していた。世界を支配しようとするテゾーロにルフィーたちが立ち向かう!

第3位 ズートピア

※ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ製作。肉食動物と草食動物が共に暮らす大都会「ズートピア」を舞台に、夢を信じる新米ウサギ警察官ジュディ・ホップスと、夢を忘れたキツネ詐欺師ニック・ワイルドの2人が、連続行方不明事件を解決するために奔走する。

第4位 ファインディング・ドリー

※ドリーは幼少期に生き別れとなった両親を探すために、ニモ、マーリンとともに旅に出る。大冒険の果てに両親との再会を果たしたドリーだが、今度はニモ、マリーンとはぐれてしまって…。

第5位 アングリーバード

※飛べない鳥たちが平和に暮くらすバードアイランドに住むレッドは、短気な性格が災いしていつもひとりぼっち。ある日、ブタの軍団が島に上陸して卵を盗む事件が発生。こんな時こそみんなで力を合わせよう!と、レッドは立ち上がるが…。

第6位 I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE

※転校してきた女の子に一目惚れしたチャーリー・ブラウンだが、うまく気持ちを伝えられない。一方、スヌーピーはパリジェンヌのフィフィと出会ってロマンティックなデートを楽しむが…。初めてのCGアニメ化。
https://www.shortnote.jp/view/notes/AN7zDgrO
https://www.shortnote.jp/view/notes/AOLOSj62

第7位 トイ・ストーリー 謎の恐竜ワールド

※ボニー少年がウッディやバズたちを連れてメイソン家に遊びに行くと、そこは戦うことが大好きな恐竜のおもちゃたちが住んでいて、ウッディとバズたちは戦いに巻き込まれることに! 興収100億円突破の大ヒットを記録した「トイ・ストーリー3」のその後を描いた、スピンオフ作品の第2弾。

第8位 アーロと少年

※恐竜の絶滅が起こらなかった世界を舞台に、見知らぬ土地をさまよっていたアパトサウルスのアーロとまだ言葉を持たない原始人の子供との出会いを描く作品。

第9位 ミニオンズ

※ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンターテインメントが贈る、ミニオンたちが怪盗グルーと出会うまでのストーリー。

第10位 ベイマックス

※孤独な少年と彼を守ろうとする戦えないケア・ロボットの、かけがえのない絆と限りない勇気を描いた感動アドベンチャー
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歌舞伎の人間国宝・尾上菊五... | トップ | ノロウイルスは冬になると流... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。