aoちゃんがやってきた

妊娠養生法&胎児との交信日記
埼玉は日高市の漢方専門薬局たまき の裏日記でもあります

7か月 卒乳

2017-03-21 11:38:22 | 育児
心はともに
みなさま こんにちは

漢方専門薬局 環の 裏ブログです。
本編はこちら


最近、しがみつくようになった あおきゅん。
普段は、私のシャツに
寝る時の絵本タイムは私のパジャマをにぎり
お風呂は私のお肉を鷲掴み

私は動物を飼うなら、猿!
と、思っていたのですが

「念願の子猿を手にいれたみた~い」

と喜んでいたら

妖精が
「子猿というか・・ボス猿・・ってかんじだけどね」

うぐっ!
確かに 貫禄が・・・
最近は、まわりからも
「貫禄」という誉め言葉をたくさんいただいている ジャンボ葵。笑


というわけで 7か月になりました。
さかのぼること4日前

毎食後のおっぱいと、三度のお昼寝前のおっぱい
夜中の3~4回の授乳だったのが

4日前に、食後のおっぱいをいらない といわれ

3日前の野口で、「離乳の時期にきましたね」
と、いわれ
私の胸椎4番がねじれてきている =離乳の時期
なのだそうです。

野口では7か月で離乳となりますが
ほんの数日前まで、あおちゃんはそれは無理だろうな~と
思っていたら、その日は急にやってきたのでした。

この日、昼間は2回しかおっぱいをのまず
私のおっぱいは、恐ろしいことになりました。
とにかく 痛い
あおちゃんの頭が当たっただけで、ひ~~~と痛い。
抱くのもつらい。

痛い、痛い、痛い。

おっぱいも布なぷきんでは 到底対応できず
タオルも濡れると感触が冷たいので
あおちゃんの布おむつを 片側1枚ずついれ、1時間ごとに
交換する。

その夜、寝る前と、夜中に一回のんでくれて、
なんとか楽になりました。


二日前、昼間はおっぱいは1回でいいですって、あおきゅん~~
寝る前と明け方 1回


おっぱいがなくなると 寂しいでしょ?なんて聞かれるけれど
そうかな?と思っていたんですが

寂しいを通り越して、悲しい!

授乳とはなんぞや?と考えていたら
自分の体の一部をわけている関係。
あおきゅんが私の一部
のような感覚なんですね、それが離れていく
私の手が一つ離れるような そんな寂しさ

こうやって 自分の体が少しずつ はぎとられていくのかぁ
いや、もともと あおちゃんは私ではない
いや、そもそも 私たちはみんな一つ ワンネス思想でもある。

ミツバチは個の意識がないんですってね~。
インディアンも「私」という言葉がないんだとか?

子供を産むとは、このワンネス思想を まざまざと体験できるものだなぁと
思いました。。

そうして、おっぱいがゴリゴリしたのは、たった一日で
翌日からは楽になりました。
ゆる~~りと卒乳に向かうようです。

同時に、うんちが 姫きゅうり3本 という感じのが
朝、出るようになってきました。

離乳食は あいかわらず

肉!

肉!

肉!

卵!

魚!



という感じです。

うなぎも食べました、おひとり様で 1/3枚召しあがり。
とんかつは、ほぼ 1枚 完食。もうたじたじ。


私のレスラー食生活もついに終焉
これからは、粗食で気をつけねばっ


記録

下の歯が・・・コップでお茶をのむときに
かつかつと なにやら固いものにあたる。
野口だと13か月まで 歯がはえないように 栄養たっぷりでいくので
もう少し栄養を増やしてもいいのかも

食事が一日5食になりました。

排泄
ほぼ、おまるでしてくれて
おむつはぬれない パーフェクトの日が増えました
夜中はダブルで一回とりかえ、朝までもつ日もたまにあります。
ただ
どういうわけか、食事がはじまると
おしっこしたくなります。ちびりがち。
外出は紙おむつにしています

ひもが好き。
私のトレパンの紐をすごい勢いでひっぱります
その姿は、寅退治の一休さんみたいです。

絵本が大好き。
触る絵本では、やぶれるほど読み込み(?!)
読む絵本では、フレーズを覚えていて
私が日中そのフレーズをいうと、

にや~~~っと笑います

七田 はじめました。
目指せ!エスパーあおちゃん
 
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 六か月半ば ソウルメイト | トップ | 七か月半ば 新たな才能 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む