ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

初夏の畑にて忘れ得ぬ出会い

2017-05-16 06:39:25 | 美味しい里山のお話
 菜の花さんも、いよいよ見納め。



名残の画像に、誰かさんも写っておりました。
蜘蛛の巣さんを、かいくぐりながら。



それはさておき、春過ぎて。
実鞘が太り、夏来るらし。



白妙の、衣の星か。
さやのエンドウうれしいね。
さらにうれしい、ソラマメさんも。



こんな感じで、あと少し。
ソラマメで思い出したが、実は今日なのです。
某ソーラーの関係の集まりが。



午後7時に集落センターに、市役所の幹部さんらがお目見えとのお話。
この話は、いろいろ微妙な話題ですので。
日々の協議の場におきましても、マメなチェックをしたいものでございます。



しかしながら、人間さんは忘れる動物で。
今春もまた、向こうに見える山菜コゴミさんをチェックし忘れ。



そらまめさんの向こうで、ぼんやりと広がっているのを、ただ今確認。
振り返れば、10年くらいも連続して。
チェックし忘れ、コゴミさんを食しておりませんでした。



それでも、夏は来ぬと、帰り道のチャノキさんに感謝です。



自然さんだけは、時もところも忘れずに。
完璧な毎日を、過ごされているのした。
素晴らしい青葉さんに、感謝致しました。



記念に、アップを一枚撮りましたが。
例年は、一枚ほうばる習わしなのですが、今朝はそれも忘れてしまい。
ただただ、感謝の朝でした。
☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓オン願い申し上げます。
茨城県 ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へにほんブログ村


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 要注意の外来植物さんですが | トップ | 三日続きで曇天の田園ですが »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL