ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

ヤマユリさんが香る朝のお話

2017-07-16 06:43:36 | 野の花の笠間茨城
 やはり一株、咲いておりました。



家の真裏で。
強烈な香りが、表まで漂っており。



お陰様で、のこのこと。
お花は見えども、たどり着きました。
たどり着けば、おしべの赤も、やはり強烈。



もう一輪は、咲きたてのようで。
おしべは、これから開くようです。



 さて、その他の株のほうは、ほぼこんな感じです。
軒端の早咲きは、西日が回り込むために、地温が違う関係でしょうか。



ヤマユリさんは、やはり木陰のお陰様が好き。
プチ聖域の森は、その一大楽園でしたが。
昨夏、イノシシさんの激甚食害で、東側のメイン部分がほぼ壊滅。



お隣境の竹林エリアは、見る影も無し。
それでもなんとか、やがて自然に復活すると思います。
幸い、晩秋の西風で、種子が拡散する風下ですので。



ま、とりあえず。
ヤマユリさん無くとも、言うことなし。



ふるさとのハグロトンボさんは、有り難きかな。
本日は里の夏祭につき、特別な舞を奉納頂いたようですが。



お陰様で、プチ参道の傍らにも、若い青葉さんが兆し。



表に向かう土手のビヨウヤナギさんの下からも、ほれ。
何やら、サトイモさんの青葉も見えるようですが。
今後とも、宜しくお願いいたします。



今朝もまた、イカルさんが美声を発する里の空。
今日も暑くなりそうですが、皆様と一丸になり。
初穂を担いて、盛り上げてまいります。
☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓オン願い申し上げます。
茨城県 ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へにほんブログ村





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青いお空とトンボさんでした | トップ | 熱く荒ぶる里の盛り上がりは »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL