ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

七夕の里に生きておりました

2017-07-08 04:31:05 | 里山の役者たち
 昨日の、その続きです。



栗園を巡る頃には、皆様の活動が始まり。



一枚の画像に写る、複数のキャラクター。
小さいベニシジミさんは、意外と居丈高で、アリさんが肩をすぼめるようで。
もしかしたら、イソップの話の種も、こんなシーンからかも、と。



近い空から、某ハチさんが観察中。
昨日は、あれからだいぶ暑くなり。



夕方は、田んぼさんにて涼みましたが。
稲葉の先端は、それぞれが小さい泉となっており。



こんなふうに。
小さいクモさんが動く度に。



葉先の水滴さんは、雫となります。
近くには、ほとんど動かぬ、某プチ甲虫さんがおりましたが。



こんなふうに、水滴さんを抱いたまんま。
水滴さんは、抱かれたまんまで、みるみる小さくなりまして。
ついに。



無事に全量が、甲虫さんの五臓六腑に染みわたったところで、午後七時。
夕暮れの田んぼさんに、ヒグラシさんがこだましておりました。



 さて。
その先に見える青は、ムボシイトトンボさんのオスでしょうか。



そのちょっと先の、ねじれの位置には、某トンボさんのメスでしょうか。
そういえば、昨日は七夕。
空を見上げ、皆様のご多幸をお祈り申し上げましたが。



飛行機が、いつもと違った方角に飛んでいたようで。
いつも通りの鴨さんたちと、違った角度で交錯。
今日もまた、猛暑となりそうな空でした。

 本日朝四時、いつものように、ヒグラシさんが鳴き始めましたが。
この度は、西日本を中心にした豪雨により、甚大な被害が発生してしまいました。
被災された方がたに、心よりお見舞い申し上げます。
☆今日も有難うございます*よろしければ人気ランキングも↓オン願い申し上げます。
茨城県 ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へにほんブログ村









ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハグロトンボさんに集中です | トップ | 延々続く命のトンボさんです »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山の役者たち」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL