ようこそ里山へ 茨城笠間・青葉って永遠

茨城県笠間市。観光と陶芸の町の知られざる宝。穏やかな里山と田園は心の原風景。庭と山川草木、体感する旬の言の葉たち。

県北芸術祭なんだか不思議で

2016-11-12 04:44:05 | 里山に捧ぐ
 雨の中を、浜辺へ。



こちらは、日立市の小貝浜さんの海辺。
昨日は、荒れ模様でした。
怒涛さんが絶えまない中でしたが。



橋を渡り、県北芸術祭の作品会場へ。



ほどなく到着。
先々週の、常陸太田市レポートと同じ作家さんの作品ですが。



背後からも、一枚。
ちょっと、不謹慎なアングルかもしれませんが。



黒松さんの林の中、波濤さんと松濤さんが響きあうこの地は。
東に向かって、お天道様をお迎えするには、確かに最適。
作家さんは、お一人で制作されたと、案内板にはありました。



ふと、目をやれば、お隣には若松さんのエリア。
作品のねらいは、伝統的かつ大きなテーマにつながるようですが。



そのテーマにつきましては、解釈はさまざまと感じました。
有り難い太平洋さんが、まことに印象的でしたが。
なぜかお能の、橋掛かりにも見え。



いつもの海さんよりも、一段と超常的と拝見いたしました。
超常は、しばしば日常に共存してかもしれないというに、波濤さんは満ち満ち。
なぜか、普段の御祭と御供養が大切と、ふと思いました。



橋を渡って戻るところから、小舟のような巌さんが見えました。
波がしらにどどんと洗われながらも、巌さんは不動。



無事に戻り、もう一つの会場へ。



こちらもまた、ある意味超常的な展示です。
県内の海辺の、うつろ船なる伝承に関する検証と想像のコーナーです。
未確認飛行物体に、御縁の船なのかどうか。



いずれにしても、生きてみなければ、その先は不明でしょう。
決然と、未確認歩行人体さんが、視界を横切って行かれました。
☆ブログランキングポチッと↓オン願い申し上げます。
茨城県 ブログランキングへ
にほんブログ村 環境ブログ 里地里山へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 長文ですが白河石の近況です | トップ | ある晩秋の大都会の一日です »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

里山に捧ぐ」カテゴリの最新記事