詩のノォト fossil in blue

生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、精神の暗く重い音のない叫びの詩

一度泣きたい五行

2017年08月13日 | 深い海 2017

嗚呼泣かないと声も枯れる程に泣ききらないと
女手一つで私達を育て上げプライドも意地も見栄も感も誰よりも強く男勝りだった
今は認知症になり弱りきった母が「美味しい!」を連呼しながら食べるのはわたしが作った手抜きご飯
見ていると胸が詰って押し殺す涙が辛い
母の前で涙が落ちないようにどこかで思い切り泣いておかなきゃ。

2017.8.13

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 母の食事の五行 | トップ | 師匠を聴く五行 »

コメントを投稿