詩のノォト fossil in blue

生涯にわたる詩のブログ、生と死に揺らぐ詩、精神の暗く重い音のない叫びの詩

師匠を聴く五行

2017年08月13日 | 音の前 contrablue

迫る涙を堪えて
溢れる積年の情を堪えて
不甲斐ない自身を堪えて
逃げ場のない住処に耐えて
我が師匠のコンバスに息をする、埋没する。

2017.8.13

『ポエム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 一度泣きたい五行 | トップ | 森のまどろみ(ソナタ1.第... »

コメントを投稿