60代主婦の糖尿病日記~付録として京都つれづれ~

高齢に達した60代主婦が糖尿病に!
悪戦苦闘の毎日を、京都四季折々と共に記します

Ⅰ型糖尿病の障害者年金の廃止

2017-11-15 14:23:20 | 日記
型糖尿病の障害者年金の廃止

が徐々に来ているようですが、私はこれには反対です。

Ⅰ型は、ほぼ生まれつきインシュリンが出ないという難病で、昔なら、子供の頃まで生きられませんでした。それが、20世紀始めにインシュリンが発見されて、やっと人並みに治療できるようになったのですが、決して治ることはありません。

日本では、Ⅰ型の人達で仕事などが出来ない人に、「障害者年金」が出ています。
なぜなら、やはり糖尿病は一生付いて回る難病に他ならないからです。
毎日、インシュリンを打ち続けるので、インシュリンがなくなれば終わりです。お金も結構かかりますし、なにより、体調により、自分でインシュリンの加減をしなければならず、加減を間違えば、低血糖になってしまうのです。

低血糖

これは、結構恐ろしく、場合に寄れば単なる糖尿病よりも、決定的にヤバイかもしれません。

低血糖は誰でもなるのですが、普通の人は、命には別状ありません。けれども糖尿病の人は、これは避けなければなりません。
私も一度ならず二度ぐらいなったことがありましたが、冷や汗が出て、震え始め、卒倒まで至らなくても、ふらふらしてきて「これは甘いものを食べなければ・・・」
と危険を感じました。
ですから、糖尿病の人達は、大体いつもポケットなどに「ブドウ糖」を忍ばせているようです。

ちなみに私は「ブドウ糖」しか駄目なのです・・・それは薬の関係もあるのですが・・・。
つまり、単にショ糖(砂糖)ではだめだってことです。ブドウ糖は大体ドラッグストアにあるので、買って、いつも忍ばせています。

そんなこんなで、仕事が限られてくるということは多々あります。

けれども最近、Ⅰ型の人達の年金が、来なくなってきた・・・というのです。
これは一大事です。それでなくとも、糖尿病治療ってお金がかかるんです。

例えば、食事にしても、「低糖質食」では、良質なタンパク質が要りますが、結構食費に響きますよね。てっとりばやく、糖質の多い、米、パン、麺類、等がお腹を満たしますが、毎日肉食では、なかなかカロリー的にも、量的にも、料理するのも大変なのですから
よく分ります。

最近の政府のやり方は弱者からふんだくるようなことばかり。
表のきらびやかさから隠れた、いや隠された、影の部分も見捨てては成りませぬ!

とはいえ、
「みかんを食べれば糖尿病はよくなる」って、ちょっとTVでいうだけで、物凄い反響!!

私は疑問視していますが・・・ね。
「みかんジュースは果糖が多いから駄目」と言われながら、みかんは黄色いからいい・・・とか。
だからと言って皆様、みかんを食べ過ぎないようにね。みかんには、果糖がたっぷり入っていますから。私は一日一個だけにしています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 京都市の小学校区 | トップ | 糖尿病の薬(その3) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事