人生迷走日記

「自転車(ロード&ミニベロ)」&「消しゴムはんこ」&「杏&柚(IG)」と日々の笑顔に向かって迷走中♪お陽様と光合成大好き

2回目の事故遭遇

2017-08-09 | 日記
昨日(8月8日)午後、車を運転してたら、中学生らしき女の子がロードバイクに乗って走っていった。
「なかなか乗りこなしてるな~、かっこいい!!」と思いながら、
次の信号を私は左折。

バックミラーで見ると、ロードバイクが消えていて「??」
乗用車が路肩に乗り上げてる。
これは何かあった。と、車を停めてミラーで確認。
どうもロードバイクが車に巻き込まれたらしい。

すでに郵便配達の方が電話をしている。
ここはUターンして戻るべきか、もう人にお任せするべきか、
一瞬迷った。

が、気が付いたら、Uターンして、現場にいた私。


「タオルとお水ありますか??」
と女の子や郵便配達の方、車の運転手さん、通りがかりの方に声をかける。

意識はしっかりしていて、頭部の打撲や傷はなさそう。
骨折も大きなものはなさそう。
とりあえず、あるもので傷口の消毒。


通りがかりの方が、「家が近所なので何か持ってくるものは?」

「きれいなタオルとお水と消毒薬を!!」
とお願いする。

目の前の産婦人科から、看護師と思わしき方がタオルを数枚持って出てこられる。

女の子と「大丈夫よ!!お家の人に電話しようか? 自転車の大会やったの??」等々話しかけながら
消毒を一通り終えた頃、救急車到着。

後はお任せして、退散することに。
その場にいた方から「看護師さんですか?」
「いいえ、たまにこういう講習を受けているだけです」
とその場を後にした。


6月にも小学2年生の男の子が学校の前で車にはねられた現場にいた。
丁度その学校に届け物があり、車をおりた瞬間、
慌てて呼びにくる子どもの姿に、これは冗談ではないと、
すぐに「先生を呼んでおいで!!」といって、
私は現場に。
その時は、下肢がパカッとひらき、骨が付きだした状態。出血もある。
「タオルかはんかちください!」と周りにいる方に協力依頼。
おばさんがはんかちを貸してくださり、圧迫止血。
窓から見てたおじさんに、「バスタオル貸してください!」
生徒から呼ばれて出てきた先生はオロオロ(すみません、しかし、本当の姿です)。
先生に、窓から出されたバスタオルを取ってきていただくようお願いし、
止血しながら泣き叫ぶ男の子を安心させるべく、ひたすら話しかける。
「大丈夫よ~~!!こんなに大きな声が出るなら大丈夫!!」
等々、励ましていると救急隊到着。

では、私は自分の職務に戻ろう!と現場を後に。


後日、校長先生から「なぜあのような対応ができたのですか?使命感ですか?」
と尋ねられた。
「ん?使命感??」私は何にも考えてなかった気がする。

血だらけの姿を見て、何をすべきか、私の少ない引き出しを探してみて
行動していた。それが正しいのかどうかはその時はわからないけど。
必死だったように思う。

幸い、その時の対応は間違ってはなかったらしく、
傷口をそのままにしていたら、骨に感染して最悪の状態もあり得たとあとでお聞きした。

使命感というより、仕事を通じて、多くの研修があり、
救急法はもう20年以上、毎年(職場によっては毎月のこともあった)2回ほど受講。
その時は真剣!  そういったことの積み重ねだと。それ以外考えられない。

と、校長先生にお伝えし、
大変失礼とは思ったが、私はその時の現場で感じたことを言葉を選びながらお伝えした。
「先生方も救急法等の研修はおありですよね?」
「お見えになった先生方は、こどもさんへの声かけができないほど、びっくりされ、少々パニックに
なられていたように感じました。今回はケガで意識もあったから良かったですが、
これが心肺停止状態などであれば、1秒を争うことになりますよね。
講習を受けられたあとの、意識を強く持たれてると、救える命があるのでは?」
というようなことをお伝えさせていただいた。

40名近いクラスの生徒の安全を守ることはできても、
とっさの事態で「命を守る」こと、
これは別問題だと感じた。


何はともあれ、6月と昨日、大きな事故を目の当たりにし、
自分にできることはさせていただいた。
そして、事故はいつでも被害者にも加害者にもなり得ると痛感した。

気を引き締めてハンドルを握りたい。



暑い中、車の中で待ってた娘たち、ありがとう。





これは先月の川遊びの1シーン。





~~~~~~~~~~~~~~
『今日』という『奇跡』に感謝
~~~~~~~~~~~~~~~




にほんブログ村 犬ブログ イタリアングレーハウンドへにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『今日』という『奇跡』に感謝 | トップ | 2017年夏の備忘録 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事