杏子の映画生活

新作映画からTV放送まで、記憶の引き出しへようこそ☆ネタバレ注意。趣旨に合ったTB可、コメント不可。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー: リミックス

2017年05月15日 | 映画(劇場鑑賞・新作、試写会)

2017年5月12日公開 136分

スター・ロードことピーター・クイル(クリス・ブラット)をリーダーに、たまたま出会ったノリで結成された宇宙のハミダシ者チーム『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』。小遣い稼ぎに請けた仕事をきっかけに、強大な力を持つソブリン人の指導者アイーシャ(エリザベス・デビッキ)率いる無敵艦隊から総攻撃を受け、彼らの宇宙船ミラノ号は壊滅寸前に・・。間一髪、ガーディアンズを救ったのはピーターの父親と名乗る謎の男エゴ(カート・ラッセル)と、触れただけで相手の感情が分かる能力を持つマンティス(ボム・クレメンティエフ)だった・・・。

 

二時間超で長いのですが、展開が早いので飽きずに楽しめました今作では、姉妹、父子ゆえの葛藤や、似た気質で繋がる者たちなどの関係も描かれ、バトルはもちろんですが、感情の機微にも焦点が当てられているのもでした。

冒頭、タコのような怪物と戦うチームの面々ですが、ベビー・グルートがクイルのカセット音楽でノリノリなダンスをしてるのが何とも可愛いです。(相変わらずの80年代音楽が妙に懐かしく新しい)今回はとにかくベビー・グルート推しです(声を演じているのがヴィン・ディーゼルだってこと、失念してましたが、あの大きな体を連想すると一層面白さが増してきます)「I am Groot」の一語だけで全ての会話が成り立っているし(ロケットは理解できている)

アイーシャたちソブリン人はプライドのめっちゃ高い人種らしく、父親をバカにされたクイル初め、メンバーは内心面白くありません。ガモーラ(ゾーイ・サルダナ)は彼らに捕まっていた妹のネビュラ(カレン・ギラン)の身柄を受け取りますが、賞金稼ぎのためと言ってはいるけど、身内だから助け出した感が否めないね。

そして、ロケット(声:ブラッドリー・クーパー)はちゃっかり彼らのお宝である電池を盗んでいたため、事がばれて総攻撃を受ける羽目に陥るのです。ヤレヤレ

窮地を救ってくれたのはクイルの父を名乗る男。その正体は天人(神に近いらしい)で、数百万年かけて自身を惑星に進化させたと語ります。最初は信じなかったクイルですが、ガモーラやドラックスとエゴの惑星に行き、自分にも同様の能力があることを知ってエゴを父親だと認め、魅了されていきます。エゴの世話係のマンティスは、その外見から「ピノキオ」に出てくる物言うコオロギを連想しちゃいました。彼女はエゴの本性をドラッグス(デイヴ・バウティスタ)に伝えるんですね。この二人のやりとりがちぐはぐなのに何故か微笑ましくて好印象でした。

一方、宇宙船の修理のために残っていたロケットたちはアイーシャから依頼を受けたヨンドゥ(マイケル・ルーカー)一味に襲撃され捕まるのですが、彼のやり方に不満を持つテイザーフェイス一派が反旗を翻すの。味方が敵に、敵が味方にと目まぐるしく変化する展開の末、ベビー・グルートとヨンドゥ派のクラブリンに助けられてロケットとヨンドゥはテイザーフェイス一派を倒しエゴの惑星へ向かいます。ネビュラにより矢のコントロール装置を破壊されたヨンドゥは試作品を頭に取り付けるんですが、これがウルトラマンのソレみたいで受けるんですがもっとも、こちらは外して飛ばしたりはしませんけどね。口笛で矢をコントロールするヨンドゥのこの武器、破壊力が半端ない!一度に数十人を瞬殺しちゃうんですから 

前作では人さらいの悪人だった彼、今作ではかなり善い人になってます。報酬に目がくらんでラヴェジャーズのルールを破り、仲間から追放された彼ですが、クイルを攫って手元で育てたのにもある理由があったのですね。そして最期はクイルを命がけで守るの。まさに父の愛です

ヨンドゥと対称的なのが、エゴ。自分を神と名乗る奴なんてろくなもんじゃない(名前がエゴ=我欲ってのがストレート過ぎて笑えます)1980年代のクイルの母とのデートシーンからして胡散臭い匂いがプンプンエゴの本当の目的や、母の死の原因がエゴにあることを知ったクイルは激怒し、エゴを倒そうとします。これにガーディアンズの面々が助っ人に加勢、さらにアイーシャたちもしつこく彼らを追って来て、バトルが繰り広げられるのでした。

ヨンドゥのお葬式のシーンは色彩豊かで情緒がありました。彼の英雄的行為を知ってラヴェジャーズのメンバーも追悼に集結します。シルベスタ・スタローンがラヴェジャーズの一人でカメオ出演しているのもですね。

エンドロールにも、次回作への布石がいくつか仕込んで合って飽きさせません。アイーシャは何やら企んでいるようだし、ラヴェジャーズは再結成する相談しているし、ついでにグルートが思春期を迎えてる図なんてのも挿入されてました(いや・・ベビーな彼が可愛いんだけどな~~

『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウソはホントの恋のはじまり | トップ | グッドモーニングショー »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。