杏子の映画生活

新作映画からTV放送まで、記憶の引き出しへようこそ☆ネタバレ注意。趣旨に合ったTB可、コメント不可。

ワイルド・スピード ICE BREAK

2017年05月19日 | 映画(劇場鑑賞・新作、試写会)

2017年4月28日公開 アメリカ 136分

長い逃亡生活と、史上最悪の敵との激しい戦いを終え、ドミニク(ヴィン・ディーゼル)、レティ(ミシェル・ロドリゲス)、ローマン(タイリース・ギブソン)ら、固い絆で結ばれた”ファミリー”は束の間の日常を味わっていた。しかし、誰よりもファミリーを大切にしてきたドミニクのまさかの裏切りによって、ホブス(ドウェイン・ジョンソ)は投獄され、ファミリーは崩壊の危機に直面する。残されたレティやローマンたちは、ドミニクの裏切りの背後に謎の女サイバーテロリストが関係している事を突き止め、ドミニクを取り戻そうと試みるも、ファミリーの大黒柱で史上最強のドライバーでもある彼に、誰もかなうはずがなかった。彼らに残された最終手段は、ファミリー最大の敵だったはずのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)と手を組むことだった・・・果たしてファミリーの運命は!?(ちらしより)

 

ずっと観たかったのにタイミングが合わずにいましたが、今日やっとスクリーンで逢えましたとはいえ、字幕版はもう時間が合わなくて吹替版で 違和感は物語が進につれて薄れましたけど、やっぱり俳優自身の声も捨てがたいのでDVDになったらもう一回観よっと

前回が「スカイミッション」。あのメンバーが今回も大集合です。そして今回は氷上決戦。相手は潜水艦ときたもんだどんだけスケールでかくなるんや!!ミスター・ノーバディ(カート・ラッセル)は相変わらずとぼけた男。部下の新人君(スコット・イーストウッド)はリトル・ノーバディという本人は有難くないニックネームを付けられてしまったけれど、彼もこれから成長していくのかな

冒頭のキューバでのカーレースも、見せ場の氷上(アイスランドで撮影)のデッドヒートも凄いですが、予告や宣伝で観たNYで撮影された空から高級車が降ってくるシーン(正確にはビルの駐車場からです)も迫力でした。(もったいないお化けが出るぞ~~!!と心の中で突っ込んでみましたが

愛する家族のために仲間を裏切るドムだけど、ただ操られるだけの男じゃない!ちゃ~~んと手は打っているんです。しかもその相手はヘレン・ミレン演じるショウのママ=ミセス・ショウ そして彼女は泣く子もだまる強面デッカードの頬を張る最強の女弟のオーウェン(ルーク・エヴァンズ)には強気に出てもママには弱いのね~~彼がドムに協力したのは、家族愛とサイファーへの復讐心からでした。(ドムに撃たれて画面から消えますが、死ぬわけないじゃん!と内心突っ込んでいたらやっぱりね~~)機内でドムの息子をあやしながら華麗に戦う姿がです。もちろん、ドムもカッケー!ですが、今回の私のツボはデッカード君でした

最後までドムを信じ抜く恋人のレティの女ごころにキュンです・・でも・・息子の存在は全く無問題なの?

そういえば、エレナ(エルサ・パタキー)って誰だったっけ?と思ったら「MEGA MAX」で登場したブラジルの元女性警察官でドミニクの元恋人でした 身を引いたあとで妊娠がわかったという設定でその後サイファー(シャーリーズ・セロン)に捕まっていたらしいです。

サイファーは「ナイトシェード」や「ゴッド・アイ」で都度ドムに計画を邪魔されていますが、やっぱり今回もそれでもしぶとく逃げ果せたということはまだまだ彼女との戦いは続くのかしらん

『映画』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 赤毛のアン | トップ | 生きうつしのプリマ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。