武豊ファンの目線で、

ウマイ酒も飲みたいし、
たまには競馬で儲けたい。
あと、美女と旅行もしてみたい(笑)、

ラルクの半年ぶりの復帰初戦は松永幹夫厩舎らしく。

2016-10-18 | 武豊


さいごは伸びなかったけど、持ちタイムは大幅に短縮したし、
わりと楽にポジションをとったり、
馬場のまんなか、ほぼ先頭で直線をうかがうなど、
レース運びもずいぶん上手になってた。

松永幹夫厩舎って、
他より、直線の末脚や決め手にたよる馬が少ないイメージで、
馬の強さはそれだけじゃ決まらないんだよって教えてくれる。
私はそこがわりと好きです。
こだわらず、成長の曲線も馬と相談しながらって感じでおもしろい。

ラルクの活躍もこれからでしょうよ♪
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武兄弟が届きました。 | トップ | ちいさい胸の家系は長生きの... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。