シネマトリックス

面白かった映画、つまらなかった映画、見なかった映画は空想で・・とにかく毎日1本取り上げて好き放題書きます

追悼・・シドニー・ポラック

2008-05-29 20:51:10 | Weblog
先日シドニー・ポラックが亡くなりました。

70代前半、癌でここしばらく闘病中だったよう。
まだ若いわな~~

彼は商業映画監督としてかなりたくさんの作品を世に送り出しているんだけど、意外と見ていないのよね、私。

代表作の「追憶」すら、見ていないの。
だってバーブラが苦手だから。
(素晴らしい歌手で女優さんだが、あの鼻がだめ)

「ザ・ファーム」は面白かったな。
「ジュラシック・パーク」の全米興行成績3週連続1位(ひょっとして2週連続だったかも、記憶は不確か)から引きずり降ろしたのが、この「ザ・ファーム」でしたね。

製作を担当した「ボビー・フィッシャーを探して」も良かったす。

妙に記憶に残っているのが初期の「大反撃」
ピーター・フォークなどが出ていて、テレビ放映で見たけど、アンニュイな感覚が「みょ~~~」にへこばりつく作品。

彼は俳優さんとしてもイケテましたね。
「アイズ・ワイド・シャット」のスケベな大富豪役が一番印象的。

クリスマスの夜に大パーティーを自宅で開催、部屋がめちゃくちゃいっぱいあるからってんで、1室に娼婦を呼んで、これからことに及ぼうとしたとき、彼女がヤクチュウで失神、あわてて居合わせた医者のトム・クルーズに助けを求めるシーンも面白かったな。

そのシーンで真っ裸で気絶している娼婦役のお姉さんの素晴らしい裸体と、シドニー爺のあわてぶりが強烈でした。
演技とは言え、あんなキレイな裸体がすぐそばにあるのって、どんな気持ちなのかね~~

それにしても、たくさんの作品を監督・製作、晩年までいっぱい活躍、きっと充実した生涯だったのでは?

合掌~~~

ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まんまと術にはまりました | トップ | どうすりゃいいんだよ! »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
好きな監督です。 (Bill McCreary)
2008-05-29 22:28:49
ぼくも、拙ブログでポラックさんの追悼記事を書くつもりでしたが、シネマトリックスさんに先をこされましたか。

彼の全盛期は、やっぱり「トッツィー」や「愛と悲しみの果て」を監督した80年代ですかね。「トッツィ-」でのエージェントの役も良かったですね。まら、ロバート・レッドフォードともいい仕事をしました。

また、出来はともかく、「ザ・ヤクザ」なんて映画もありましたね。高倉健さんが本格的に外国で紹介されたのは、この映画が初めてではないかな。

ぼくも、「ひとりぼっちの青春」とか、見たくて仕方ないのに未見の映画がたくさんあります。これを機に見てみたいと思います。

あ、それから「アイズ・ワイド・シャット」のあの演技は、私も好きです。
じゃ (viva jiji)
2008-05-30 09:24:12
「大いなる陰謀」(レッドフォード監督)出演が遺作でしたのね~。

元気そうに見えたのに~
まだまだ行けそうだったのに~(惜)

言い方ヘンかもしれないけれど
こういうヤリ手で実力あっておまけに
ウサン臭い殿方ってシャシンに色気が
出るのよね~~^^

とにかく、いい作品をありがとうございました!
ポラックさんにご冥福を。

>バーブラの鼻

私もanupamさんとおんなじ。
何度見てもあの鼻は~
でも
あの鼻をメイン(核)にして
顔全体、カラダ全体を共鳴させて
あのマッタルイ美声で蓄財を成した!
っと私は思っちょります~
Bill McCrearyさん (anupam)
2008-05-30 19:05:06
そそそ、「ザ・ヤクザ」

ありましたな~~

高倉健さん、ロバート・ミッチャム・・すごい顔あわせです。
ヤクザとサムライを混同しちゃるらしいですが、まあね~

娯楽作の監督としてきちんと成功し続けた監督さんでしたね!
viva jiji 姐さん (anupam)
2008-05-30 19:07:32
>ヤリ手で実力あっておまけに
ウサン臭い殿方ってシャシンに色気が
出るのよね~~^^

ほんと、ほんと
あれは若造君には絶対に出せない色気です。
「いやらしい」けど「汚くない」
微妙な線をきれいにクリアーした大人のジジィでしたね。

ご冥福をお祈りしちゃいます


近距離恋愛 (Bill McCreary)
2008-08-02 19:55:30
昨日映画が安い日だったので、「近距離恋愛」を見ました。ポラックさんが、主人公の父親役で出ていました。元気なお姿だったですけどね。

もうこのときは、がんで結構厳しい状況だったのでしょう。ご冥福をお祈りします。
そうでしたか (anupam)
2008-08-04 22:58:23
確か、その作品が俳優としての遺作だったのでは?

病気を患っていても、最後まで意欲的に活動する・・ある意味、素晴らしい一生だったのでは?と思いますね。
あらためて、ご冥福をお祈りいたします。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事