アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・写真を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

京急大師線の2400形

2016-10-12 10:00:00 | 鉄道写真(EC)

この連休は、友人に誘われて京急線の撮影に行ってきた。

普段は、大師線を走らない2400形とのことだが、いよいよ引退が迫っているらしい。4連の編成はこの連休で運行終了、残りは8連が細々と余生を送ることとなる。アントンKにはあまり馴染みのない京急線だが、この2400形は、かつて2000系の快速特急用として本線を爆走していた電車。その当時は、客先のある久里浜まで乗車してお世話になっていた車輛たちなのだ。その頃から、何て京急は速いんだろうと快速特急の被りつきに乗車して体感していたものだ。まさしくそれが、現在の2400形だった。当時から前面の大きな窓が特徴で、今でもそのお顔だけは変わらず拝めるが、第一線を退いた後は、座席はロングシート化され、2扉から3扉へと改造されてしまった。いずれ全ての2400形が引退時には、旧塗装に復元されて、しばらく営業運転があるかもしれない。

掲載写真は、昔その速度に感動した時のことを思い出しながら、ジェットコースターがかっ飛ばすイメージで、急坂を駆け上がる2400形を撮影してみた。

2016-10              京急2400形 4連         京浜急行大師線/鈴木町にて

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 名曲喫茶「ライオン」 | トップ | 「ノットのブラ1」核心に迫る! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL