アントンK「趣味の履歴簿」

趣味としている音楽・写真を中心に気ままに綴る独断と偏見のブログです。

北アルプス便り

2017-03-05 18:00:00 | 鉄道写真(EC)

我が愛車も3回目の車検を終え、このダイヤ改正に合わせたようにめでたく出場、手元に戻ってきた。今回は、今までにないくらい調整や消耗品交換が余儀なくされ、費用も時間もそれなりに必要になった。現在アントンKが車に求めるもの。それは、走る、曲がる、止まる、積める、そして寝られる、である。まあこの考えは、ここしばらくは変わらないつもりでいるが、自分の身体の事も徐々に考える年齢になってきたから、当然ながら次回のマイカー選びにも影響するだろうか。すでに地球を7周ほど走ってきているが、まだまだ自分の欲するところには、全く影響がなく、最近は多少くたびれてきた車輛にますます愛着が湧くようになってきた。

そんなこんなで、週末は車検上がりの愛車で試運転を兼ねて長野を廻ってきた。長野に入るのに今回は東京から東名高速を使い、神奈川→静岡→愛知→岐阜経由で廻り、最終時点は北アルプスが望める白馬まで北上した。ざっと1000kmの走行で、指摘箇所のチェックを確認したが、特に問題もなく一安心。今はまだ数年は乗り続けられる気持ちになっている。

掲載写真は、長野県北部、大糸線のローカルE127系電車。早朝から快晴に恵まれて、夜明けを待たずにロケハンを慣行。朝日が北アルプス連邦に当たり始めると、その美しさに自然とため息が出る。久々の雪晴れを堪能し心の保養をした思いだ。

しかしこの界隈の北アルプス連峰は本当に美しい。中でも八方山から連なる唐松岳~五龍岳~鹿島槍ヶ岳は男性的でカッコ良く、どうしても鉄道写真に写し込みたくなった。無理くりの構図になってしまったが、この食パン電車のようなE127系も、こうして見るとマッチして見えるから不思議なものだ。

2017-03       JR東日本/大糸線:信濃森上付近

『鉄道』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ED75更新!Oh my God! | トップ | 富士山バックの名撮影地 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

鉄道写真(EC)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL