アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】名古屋…

2016年11月07日 | サッカー観戦
11日は、カシマスタジアムで代表の練習試合なんですね。
合宿は、鹿島の練習場でやっているようですが、確かに、良いアイデアのような気がします。
成田からも近いですし、練習施設の整備状況は、Jリーグの中でもトップクラスですしね。

さて、タイトルにもした名古屋ですが。
相変わらず、迷走中な感じですね。
スポニチに掲載されていた田中(マ)の「去年の間違いを反省して、次に進むべきじゃないか。方向性が見えてこない」という言葉が、まさにその通りって感じです。

新しい監督候補として、外国人監督2名の名前が挙がっているようですが、果たして本当に、彼らがJ2のクラブの監督を引き受けてくれるんでしょうか…。
プロの監督は、クラブの成績が自分の評価に直結していますから、かなりシビアに判断してくると思うんですけど。

クラブがこんな状態ですから、選手の流出も止まらないでしょうね。
一体、どうなってしまうのか、Jリーグのファンとして、気にかかります。

そして、同じスポニチの記事の中に、「今回の降格は親会社から出向する幹部らと久米社長らのあつれきが招いた。指導者経験ゼロの小倉前監督をリーグ戦17試合連続勝ちなしでも交代をせずにいた」とあったのが、気になりました。
これ、「指導者経験ゼロの小倉前監督をリーグ戦17試合連続勝ちなしでも交代をせずにいた」のは、幹部と久米社長のどっちなんでしょうね?
私はてっきり久米社長かと思っていたんですが、そうではなかったということなんでしょうか。
う~ん、でも、やっぱり、監督人事に関しては、社長が権限を持っていそうな気がするし、そう考えると、幹部と社長のあつれきがどうのこうのではなく、早めに監督交替をしなかった社長が悪いってことになると思うんですけど。

(ダンナより)
小倉が解任された後の地元の新聞社の報道によると、クラブの幹部のあつれきの落とし所が小倉ということのようでした。
これがホントだとすると、巻き込まれたスタッフ、選手たちやその家族、サポーターはたまったものではありません。
それに、その状況で、監督を引き受ける小倉もどうかしていると思いますよ…。

これまで、J2に降格したクラブは、たいてい、すぐに翌年の体制を整えて、真っ先に選手の引き留めをはかりました。
でも、今回の名古屋は、選手を引き留めることは難しそうです。
代理人も、他のクラブに選手を売り込むでしょうし、他からオファーがあれば移籍するでしょうね。

ただ、複数年契約を結んでいる選手は、違約金が払えなければ移籍することは出来ません。
複数年契約には、こういうリスクもあるということですね。

ところで、なんで、今回の練習試合はカシマスタジアムで開催されることになったのでしょう。
カシマスタジアムは、鹿島が管理していますし、代表しか興味のない方にも、一度、カシマスタジアムに足を運んでもらおうということで、鹿島が売り込んだのかもしれませんね。

JFAの公式サイトにアクセス情報が掲載されていますが、埼玉スタジアムや横浜国際、旧国立競技場と違ってかなり不便なところです。
宮城スタジアムのように、かえって逆効果にならなければ、良いのですけれど…。
最近、サッカーを見始めた方々は、その存在すら知らないかもしれませんね。
宮城スタジアムは、今、「ひとめぼれスタジアム宮城」という名前なんだそうです!?

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】練習試合 | トップ | 【アントニオ】柴崎練習再開 »

サッカー観戦」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事