アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】鹿島×蔚山

2017年02月22日 | サッカー観戦
速報版に付け足します。

Kリーグのクラブなので、フィジカルを生かしたサッカーをして来るのかと思っていましたが、蔚山はそうではありませんでした。
鹿島と同じようなサッカーをするクラブで、蔚山にとってはアウェーですが、パスをつないで鹿島の守備を崩すサッカーをして来ました。

鹿島にとっては、引いて守られて、フィジカルで勝負されるのが一番イヤでしたから、助かりました。
川崎も浦和も、クラブワールドカップもですが、相手が攻め込んで来てくれた方が、鹿島の良さが出ます。

蔚山は、鹿島を研究していました。
サイドで崩してから、逆サイドに振られると、対応が難しいですよね。
前半は、特に山本のサイドが崩されて、サイドチェンジをされることが多かったです。

蔚山の両SBは、キム・チャンスとイ・キジェという、鹿島と対戦したことのあるSBでした。
Jリーグに在籍していた時には、キム・チャンスにやられた記憶はあまりありませんが、イ・キジェにはやられた記憶があります。
こんなところで、2人と対戦するとは思いませんでした。

鹿島は、浦和戦から先発を6人変更しました。
両SBに伊東と山本、ボランチに永木、2列目に中村とレアンドロ、FWに鈴木を入れました。

伊東は、西との違いをはっきりと出せていたと思います。
シンプルに早いタイミングで、クロスを上げられるところが、伊東の特長です。
クロスの精度が上がれば、もっとチャンスを作れるでしょう。
昨日も、それを繰り返すことで、チャンスを作れていました。

山本は、例年の鹿島の選手並みの仕上がりかもしれません。
これまで、ゲーム形式の練習が出来ていませんから、対応が後手後手に回ってしまいました。
次は、もっとコンディションが上がるでしょう。

2列目の中村とレアンドロは、動けているうちは良かったです。
動けているというか、相手がこの2人に慣れるまでという感じでしょうか。
昨日は、金崎が徹底的にマークされていました。
今季は、金崎は自由にさせてもらえないでしょうし、そうなると他の選手の頑張りが必要なんですよね…。
中村とレアンドロは、時間が経つにつれて、ドンドン、ボールを持てなくなってしまいました。

交替で入った遠藤と土居が、対照的なプレーをする選手たちなので、余計にそう感じてしまいます。
中村とレアンドロに比べると、守備もしてくれます。

鈴木は、絶好調です。
それにしても、調子が良い時には、簡単に入るものですね。
シュートを打つタイミングが良く、コースも良かったです。
今出来ているプレーを、しっかりと自分のものにしてもらいたいです。

正直、このメンバーで負けたら、石井の責任だと思ってゲームを見始めましたが、勝ったので、選手起用がうまく行ったということなんでしょう。
これで、J1の開幕戦も楽に戦うことが出来ます。

と言っても、昌子と金崎は、欠かすことの出来ない選手なんですよね…。
ペドロ・ジュニオールがいるので、もしかすると金崎が欠けても大丈夫かもしれませんけれど。
でも、昌子の替わりはいません。

植田の奮起に期待しましょう。
昨日も、植田じゃなければ、大ケガだったかもしれませんし。
植田には植田の良さがあります。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】鹿島×蔚山(速... | トップ | 【アントニオ】ACLグループス... »

サッカー観戦」カテゴリの最新記事