アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】選手の組み合わせ

2017年04月19日 | サッカー観戦
何度見直しても、西のゴールは素晴らしいですね。
元々、これくらいのプレーが出来るスキルは持っていたと思いますが、経験を積んで守備への意識と安定感が加わりました。

ペドロ・ジュニオールのゴールも、良かったです。
ペドロ・ジュニオールには、ああいうゴールを期待していたんですよね。
カウンターで、きっちり決めてくれました。

昨季の終盤の布陣と比べると、柴崎が中村に替わっていました。
この部分がどうかと思っていましたが、心配しなくても良かったようです。

今季のベースになる布陣ととの違いは、ペドロ・ジュニオール、2列目に入った時の土居、レオ・シルバになります。
金崎がプレーしているエリアが広かったのですが、土居と組んだ方が動き易いんでしょうか。

金崎のプレーエリアが広がったことで、前線からの守備が効いていました。
右サイドでは、金崎、遠藤、西の3人で攻撃を組み立てていましたし、昨季の良い頃の攻撃が出来ていたと思います。
昨季の終盤の攻撃の形は、練習で築き上げたものではなく、厳しい実戦の中でバランスを取りながら、阿吽の呼吸で出来上がったものだと推測しています。

ただ、それはそれとして、他の選手が入った時には、その選手の特長に合わせたサッカーをすべきなのでしょう。
もしくは、浦和のように、キッチリと決まった形でプレーさせて、それに合わない選手は使わないか、どちらかです。

昨季は、鈴木を2列目で使うこともありましたが、金崎には土居を組ませて、鈴木を2列目にするのもありなのかもしれませんね。
ペドロ・ジュニオールを2列目にしても、良いのかもしれません。

とにかく、仙台戦を見て、元に戻せばあれだけ出来ることが分かりましたが、今季、目指しているのは、補強して、それに上積みすることです。
なかなか、うまく行きませんね。

昨季は、実戦の中で攻撃を作り上げて来ましたから、今季は、それを踏襲して、オフの調整を実戦中心にしたんでしょうか。
素人考えですが、実戦と言っても練習試合ですから、チャンピオンシップやクラブワールドカップのようなギリギリの戦いではありません。
そんな環境では、自然と出来あがったりはしないのではないでしょうか。

これが2ステージ制なら、1stステージは辛抱しながら、使い続けて行くことも出来ます。
でも、1シーズン制では、ここで借金をしてしまうと、それを返さなければなりません。

次の磐田戦をどういう布陣で行くのかで、石井を始めとしたコーチ陣が、どのような考えでいるのかが分かるかもしれませんね。
もし、仙台戦と同じメンバーなら、今季は行けるところまでこのメンバーで行くということなのでしょう。

勝っている時は替えないのがセオリーですが、目先の勝利よりも先を見据えて欲しいと思っています。
難しい選択になりそうです。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ
にほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】つくば発スタ... | トップ | 【アントニオ】入れ替え戦 »

あわせて読む