アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】ガンバ×鹿島(速報版!?)

2017年07月06日 | サッカー観戦
昨晩、仕事があり、そのまま情報を入れずに、今、ゲームを見終わりました。

主審は、木村でしたが、鹿島寄りの笛を吹いてくれました。
終盤、ファールを取ってくれたことで、ガンバに完全に押し込まれる状態にはなりませんでした。
最後のソガが、東口に襲いかかったシーンも、両方にイエローということで最後までうまくゲームコントロールしてくれたと思います。

このゲームは、鹿島の選手たちが気持ちで上回っていたと思います。
チーム内の競争意識があり、全員が集中してミスを減らそうという意識が高かったのではないでしょうか。

前半は、ガンバペースだったと思います。
鹿島のボランチへのプレスが強かったので、ボールをさばくことが出来ませんでした。
いつものようにタッチ数を少なくしてボールを回していましたが、ガンバはブロックを作って、中に入れるボールを奪ってからカウンターという戦術を徹底していました。
カウンターから、何度も危ないシーンを作られました。

後半に入って、鹿島は、少しゆっくりとボールを持って、サイドを使うようになりました。
特に、遠藤が左サイドに開いたままになってから、サイドを使えるようになりました。

公式サイトの大岩のコメントを引用します。

・攻撃の時、サイドにボールをあてて、もっと深さを使って攻めよう。
・ボールがない時のポジショニングを意識して、正しい位置をとること。


遠藤のポジションと動きが変わったように、大岩は、ゲームを見て感じた通りの指示を出していたんですね。
石井は、ハーフタイムでの修正が全く出来ない監督でしたが、大岩は違うようです。
久しぶりに、素晴らしい監督の仕事を見ました。

その遠藤は、前半は攻守に渡って、中途半端なプレーが多かったです。
中村が、レアンドロと組んでいる時と同じようにプレーしていたからだと思っています。
中村と遠藤がポジションチェンジをしている時間も長かったですし、中に急ぎ過ぎるせいで、ガンバのカウンター狙いの戦術にはまってしまいました。
そこを修正したことで、後半、鹿島ペースのゲームになったのだと思います。

三竿(弟)は、このゲームで、かなりCBに慣れたように思います。
ゲームが進むに連れて、CBらしいプレーをするようになりました。
最後のゴールライン上でのクリアがなければ、引き分けで終わるところでした。
ホントに、助かりました。

ソガも、このゲームでは終始安定していました。
三竿(弟)のクリアの前のセーブは、見事でした。

選手個々に見ると、色々と気になったこともありましたが、まずは書かずにおきます。
あの時間帯に先制出来たことで、ペドロ・ジュニオールを早めに替えて温存することが出来ました。
次のゲームのFWは、土居とペドロ・ジュニオールの先発になりそうですね。

今朝、手元に日刊とスポニチがあったのですが、我慢して見なかったおかげで、最後まで楽しくゲームを見ることが出来ました。
こんなことなら、早く結果を見ておけば良かったなんてことにならずに良かったです。
ありがとうございました。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】ガンバ×鹿島(... | トップ | 【アントニオ】東京戦展望 »

サッカー観戦」カテゴリの最新記事