アントニオのサッカー食べ放題

鹿島サポのダンナのつぶやきを浦和サポの妻がつづるブログです。

【アントニオ】入れ替え戦

2017年04月20日 | サッカー観戦
各紙で、昨日行われたJリーグの契約担当者会議の内容が報道されています。
スポニチの記事にリンクをはりますが、各紙、全く同じ文面の掲載で、元ネタが提示されていません。
Jリーグが配布したものなんでしょうか!?
一般紙ではないのですから、スポーツ紙くらいは、独自の記事を書いてもらいたいですね。

この記事によると、J1から3クラブを自動降格にするのではなく、16位を、J2との入れ替え戦か、昇格プレーオフに組み込むということのようです。
記事の情報が正しければ、入れ替え戦をやめた2009年以降、J2の3から6位で昇格したクラブは、すべて1年でJ2に降格しているそうです。
そういうことであれば、こういう話が出て来ても仕方ありません。

3枠目の可能性を残すのであれば、実質的にはこれまでとあまり変わりないような気もします。
昇格プレーオフに組み込んだとしても、J1の16位は最後に戦うことになると思います。
プレーオフの後で入れ替え戦をするのと、プレーオフに組み込むことは、名前が違うだけで実質的に同じでしょう。

昨日のAntlers Todayの写真には、鈴木が写っています。
土居がFWに入って結果を出してしまいましたから、頑張らないといけませんね。
戦力を整えて、磐田、蔚山、鳥栖に3連勝して、良い形で浦和と戦いたいです。

そもそも、今季の戦力で、メンバーを固定するなんて、あり得ないと思います。
こちらのコンディションに合わせるだけではなく、相手に合わせた選手起用を考えて行けるメンバーではないでしょうか。

磐田戦の前には、花束を贈呈するだけになるでしょうが、小笠原とソガの500試合出場のセレモニーがあるはずです。
2人とっては、ライバルとして覇権を争っていた磐田戦でのセレモニーです。
口には出しませんが、2人にとっては感慨深いでしょう。

磐田は、監督が名波、鈴木秀人、田中誠、大神がコーチに入っています。
かつて、ライバルだった方々からも祝福してもらえるはずです。
こうして、改めて磐田のコーチ陣を見ると、鹿島と同じ様にOBを中心にして、立て直しているんですね。
名波が動き易い形ということなんでしょう。

磐田は、シュンスケと川又が入って、どんなサッカーをしているんでしょうか。
シュンスケのキックの精度と川又の高さがあれば、セットプレーの得点力はかなり上がっているはずです。
不用意なファールは禁物ですね。

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへにほんブログ村

にほんブログ村 サッカーブログへにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【アントニオ】選手の組み合わせ | トップ | 【アントニオ】磐田戦展望 »

あわせて読む