犯罪被害者弁護士派遣制度の問題点

2016年10月18日 21時36分43秒 | 日記
 今日の犯罪被害者支援委員会(大阪弁護士会)全体会議では,この10月3日(月)からスタートしている犯罪被害者弁護士派遣制度の問題点について議論しました。
 その中で,犯罪被害者のもとへ派遣される弁護士の安全はどうやって守るのかということが問題になりました。
 確かに,刑事当番弁護士の場合,被疑者は,身柄拘束されており,接見する弁護士は一応安全なのです。
 ところが,自称あるいはニセ犯罪被害者は,言わば野放しなので,何が起きるかわからないのです。
 結局,危険が予知できるような場合は,複数の弁護士で対応するなどの手だてしかないようです。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 児童虐待事案(続) | トップ | 本当の被害者支援 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。