おばちゃんが鯱のお膝元で鹿愛を叫ぶ

鹿島とかスヌーピーとか、とにかくぶつぶつ語ります。

ニュース7、ニュース9と報道ステーションから切り取る

2017-05-05 14:23:06 | 鹿島アントラーズ
ピーカン晴れの子供の日ですね。

こんにちは。

昨日の勝利もあって、気持ちのいい5月5日です。







さて、昨日の試合のテレビ報道を!と思ったのですが、平日だった…

ということで、中継したし必ずやってくれるであろうNHK系列のニュース7とニュース9、ビッグマッチ大好き報道ステーションをチェックしました。

とは言え、さすがにニュース7とニュース9はほとんど同じ内容でしたので、NHK系列としてまとめてしまいます。

<NHK系列 ニュース7・ニュース9>

まだ10節なのですが、一応『首位攻防戦』として取り上げています。



でも、アウェイでしたので、浦和さん寄りな映像が多かったですね。



鹿島は3rdユニ、ヴィクトリーホワイトでした。

やっぱこのユニ、カッチョいいなぁ…

昨日の試合は守備で魅せた試合でした。

なので、報道的には『浦和さんがチャンスを逃した』という形でしたが、鹿島目線で観てみたいと思います。

まずは前半、右サイドから切り込まれたクロスに反応した植田君がクリアした場面。



確かに、2人ほど浦和さんの選手が詰めてますが、マンマークもそれぞれ付いていますし、シュートコースは完全にクォンが切った上で余裕を持ってクリア出来ています。

植田君が1枚余る形でパスコースを読み切ってクリアする所まで、鹿島の狙い通りではないでしょうか。

一方の鹿島、チャンスを一気に攻め込みます。

スローインを受けたヤスが一旦下げて…



ペドロがダイレクトで後ろから上がってきたおがさに出します。



おがさはそのまま右サイドを駆け上がり、中へと鋭いパスを出します。



ここからはむぅの個人技に脱帽ですが、胸トラップでキープ。



詰めてきたDFを背負いながらも身体を上手く入れ替えてかわします。



さらに足元にスライドしてきた選手を浮き球でかわして、相手に少し当ててアバウトに跳ねたボールをもしっかりキープします。



そのまま少しファーに流れながら、しっかり振り返りながら振り抜きます。



これが相手選手に当たってコースが変わってGKの飛んだ方と逆に飛んでいってゴールに突き刺さります。



この最後の相手選手に当たっての部分は、ラッキーでしたが、当たってもクリアされずにゴールに向かって飛ぶ強いボールを振り返り際で打てるむぅの芯の強さに鳥肌でした。



後半は、より守備の時間が増えました。



この時はマークの付きが甘くておいおい!となりましたが…



源の素早い寄せでコースを限定して、後は枠に飛んでいたらクォンがクリア出来る位置だったでしょう。

多少のズレは、こうしたフォローでしっかり凌げていたと思います。

何にしても、クォンの位置取りはすごいなぁ!と思います。



この、地を這うようなミドルも、しっかり跳ね返しただけじゃなく…



ガッチリキープしてマイボールにしています。

確か、レオ・シルバのクリアも、ゴールラインギリギリまで飛び出していってスペースに転がしてマイボールにしていました。

あれは痺れたなぁ~。

それから、槙野選手のこれですね。



ポストに当てられたシュート。

でもこれも、



枠を捉えたコースなら、クォンが弾いてくれていただろうと思えます。

最後の最後まで、集中力を切らさなかった全員守備のおかげで、ウノ-ゼロの勝利です\(^o^)/



本当に源、良くやってくれた!

ヒーローインタビューは、この人でした。



the・エースの得点を決めてくれた、むぅですね。

チーム全体での勝利、本当に実感でした。




そして…槙野選手が鹿島に対してリスペクトを示してくれました。



曰く、『鹿島があるから、もっと強くなろうと頑張れる』との事。

それは、本当にそうです。

鹿島だって、この25年間、闘う相手がいて、強いチームがあって、負けたくなくて勝ちたくて、ここまでやってきたんです。

対決するチームがあるから、強くなれる。

だから、『尊重』がジーコスピリットの1つの柱になっているんだと思います。

『献身・誠実・尊重』、本当に試合を重ねれば重ねる程、また違う意味にも気付かされる深い言葉だなぁと思います。

個人的には、どうしても好きになれない選手ではありますが、槙野選手の印象が少し変わりました。

まぁ…それでも好きには全くなれませんが…







<報道ステーション>

こちらは、ちょっとアングルが違ったので、ポイントのみ。

むぅのシュート、後ろからだとどうなった??ですが、前向きだとカッチョいいですね!



こちらはゴール裏からの映像。



結構ギリギリのコース通したんですねぇΣ(・ω・ノ)ノ

しっかりガッツポーズのむぅ。



ゴール裏にしっかり挨拶しに行くむぅ(^-^)



ということで、むぅスペシャルな報道ステーションでした(^-^)






さて、Jリーグタイムはいつも通り土曜日ですね。

観るには観ますが…

切り取るかは分かりません(^_^;)

明日の朝3:30~、ケルンの試合があります。

サコは復帰出来るのでしょうか?

因みにテネリフェの試合は日曜日の夜20:00~です。

前節、レベルの違いを魅せた岳ですが、またスタメンで出られるでしょうか?

ここからしばらくの楽しみはそんな所でしょうか。

GWもあと2日半。

まったり過ごしたいと思います。

ではでは、今日はこの辺で~m(_ _)m






にほんブログ村には、
様々な鹿愛を叫んでいるブロガー様がたくさん!

にほんブログ村 サッカーブログ 鹿島アントラーズへ

ぜひどうぞ(^-^)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2017Jリーグ第10節 vs浦和レ... | トップ | Jリーグタイムを切り取る »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
セットプレー (レナードの朝)
2017-05-05 14:38:29
おはようございます。

セットプレーで自陣近くに残る レオ シルバ とキーパー:クォン スンテの布陣はいいですね。

浦和でも余裕で効いているので、新たに今季これで安定感が増してますね。
安心してセットプレーに集中して得点狙えます。(^▽^)/

レオ シルバ は、最終ディフェンスの場合は突っ込まず、確率を考えて適切に処理するので安心できます。頭いいですね。
(^▽^)/

中盤で突っ込むのは、おがさあたりと組むとバランスもいい感じですし。
徐々にシステムとしてよくなってきそうです。

10試合で勝ち点21で順調ですね。

西も土居も効いていてよかったと思います。

鈴木は何気にオフサイドでも
しれっとゴール枠内に蹴れるし、宇宙開発しない決定力は、何気に調維持してますね。
Re:セットプレー (antlers-snoopy)
2017-05-05 14:54:43
レナードの朝さん、こんにちは( ´ ▽ ` )ノ

セットプレイの自陣に残る布陣、レオ・シルバは効いてますね、よくボールカットしてくれます。
昨日の試合のラファエル・シルバとの1対1は、新潟時代の経験を元に一旦離れて打たせたようですが、それ以外の選手ならすぐに寄せて足元で奪えるので安心して見ていられます。

中盤はおがさ-レオ・シルバでも永木君-レオ・シルバでも、いい位置間隔を保てているので、安泰だなぁと思います。
おがさ-永木君は最近見てないですが、悪い訳が無いので、ボランチは誰と誰が組んでも大丈夫だと思います。

西のどこでもやれる感は物凄く助かりますね。
右も左も2列目もボランチも…すごいです。
しょーま、本当によく走ってくれていますが、そろそろ疲労が気になります…
ゆーま、やはり途中から入ると迫力2倍増しって感じです。
スタメンだと守備に気を取られてしまってまだ厳しいのかな…と。

やはりキーは2列目とCBかなぁ…
ACLもあって、過密日程が続きますから、ベンチメンバーももっとレベル上げてもらわないとです。
こんばんは。 (次郎法師( ^_^))
2017-05-05 22:45:34
antlers-snoopyさん。

昨日、浦和レッズ戦に勝った事で今日も気分は上々です。

冷静に振り返ると相手は柏木、遠藤両選手を欠いた分、鹿島は有利になりました。
それとお互い過密スケジュールで本来のスピード、切れはイマイチ欠いていた気もします。

それにしても何度観ても源は素晴らしかったですね。
私はNHKを観ていましたが解説の福西も要所要所で顔出す昌子を褒めていたと思います。

昨日の試合、鹿島の選手みんな良かった印象です。
ユキも普通に仕事が出来てました。(両サイドが上がらなかったのは守備重視の戦術だし)
ベンチワークも素晴らしいと感じました。

多分、最後の締めは永木選手を一列前にしてサイド封じすると思っていましたし。

リーグ戦は10試合消化しましたが順位はとにかく、試合数の2倍が勝ち点となっていますから上々の序盤ですね。

次のムアントン戦、可能な限り思い切ってサブメンバーで望んで欲しいです。
決勝トーナメントはホーム&アウェーですからこれまでとは違いますしね。

ハリル、『代表には夢生、源、ナオ招集して先発起用しろよ』
って心の中で叫んでいます。

心配なのは疲労から来る怪我ですね。

それにしても大宮アルディージャ、浦和レッズ、柏レイソルのアウェー戦チケットは取れなくなりました。
Re:こんばんは。 (antlers-snoopy)
2017-05-06 09:25:49
次郎法師( ^_^)さん、おはようございます( ´ ▽ ` )ノ

気分上々なGWですね。

確かに、浦和さんはレギュラー2人欠いての闘いでしたね。
鹿島はしゅーと君の体調不良でピンチでしたが、西が思いの外バッチリハマってくれて、穴はなかったです。
浦和さん特有のスピードあるパス廻しなんかも、しっかり寄せたりコースを切る事で抑えられました。
お互い疲労がある中で、それを最大限活かせたのが鹿島にだったのかもしれませんね。

源はもう、褒める所しかなかったです。
私もNHKでしたが、最初は福西さん浦和さん寄りだなぁと思ってましたが途中から源をべた褒め、最後は鹿島をべた褒めになってましたね。
それ程に、みんなが良かったのでしょう。

ゆき、攻撃側を注目されがちですが、守備めっちゃ上手いですよね。
目の前で足元すれ違いざまにスッとボール奪うのを観たことがあるのですが、周りからも『上手い!』と唸るような声が飛んでました。

ベンチワーク、絶妙でしたね。
というか、ベンチにいる全員が試合に参加してましたね。
永木君、流動的な役割になりましたが、しっかり務めてくれました。

勝ち点、年間目標71ペースに乗っかってますね。
まずまずの滑り出しだと思います。
ここからは更なる過密日程と暑さに苦しめられるでしょうから、もっともっとチーム全体がレベルアップしていかないと辛いですね。
ムアントン戦は、その第1歩だと思います。
少しでも実戦で新加入選手をフィットさせながらしっかり勝つ経験を積ませたいです。

代表は…もう、変に呼ばなくていいよ…と思ってしまう鹿第一主義です(^_^;)
特に今年は過密日程なので…余計な疲労を与えないでほしい…とか思っちゃいます(^_^;)
代表怪我多いですしね。

コンディショニングがどんどん大変になっていきますね。
怪我には本当に、気をつけてもらいたいです。

アウェイチケットですが、どうやらホームサポがアウェイチケットを買い占めたりする事があるみたいですね…あくまで噂ですが。
元々から枚数制限も物凄い掛けてるみたいですし、鹿好きさんは全国津々浦々にいるので、アウェイでも人数多いですから、無くなるのは必然かもしれません。
その辺、読み間違えてアウェイチケット減らしすぎると収入損するよ~!と各チームさんにはお伝えしたいところです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鹿島アントラーズ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL