カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

バゲット***

2017-01-28 15:40:50 | 今日のコト


お布団から、なかなか出られない季節ですね。
だいたい目覚ましが鳴ってから15分から20分は、お布団を跳ねる勇気を溜めてます。
そのあとのドタバタを知らないわけでは有りませんが。。。

HPにて、新人をご紹介中♪



19世紀のLuneville、ミルクポット。
本来は蓋も有ったのでしょうが、投げ入れようの花器としては最強です。
西洋花はもちろんの事、椿や日本の枝物なども似合うでしょうね。




こちらもLunevilleの、ピシェ。私はこの蒼が大好きです。
真っ白の器も良いですが、ほんの少しだけ挿し色的に入ってるものに惹かれてしまいます。
表面は、カゴのような編み目を施し上から百合の花を描いたピシェです。
花器にするより、お水やワインを入れてテーブルでお使いいただきたいです。




ボーリングだぜぃ(笑)
ここのところ、フランスのインテリア雑誌をパラパラすると
白を基調とした家にも黒ベースの家にも…暖炉上やパニエの中にこの人たちが飾られてる写真が有って
それがまた大人のインテリアに良く似合ってて、気になる存在でした。
「欲しい、欲しい(^^♪」と思いつつ蚤の市を巡るのですが…簡単には見つかりませんでした。

パリのオサレマダム達には人気の商品なんでしょうね。
どれもそれなりの価格が付いてました。。。(><)
1か月の買い付けで3種類見つけましたので、まとめてご紹介しています。





バタール。。。

バゲットが欲しくて近くのパン屋さんに行きました。
見当たらないので「バゲットは無いですか?」と聞いたら。。。「こちらです」と言われたのが↑

普通のバゲットに比べ、半分の長さで太さは倍以上。
(…これはバゲットじゃない。。。)現に札には「バタール ¥420」って書いてある。
もう一度「バゲットは無いんですね?」って聞いたら
「バケット(「バケット」って…)は無いけど、同じです」と。
夕飯にパンが必要だったので購入したけど。。。中身ばかり多くて皮もフニャフニャ…泣ける。
バゲットとバタールは私にとって、全然のベツモノなんですけど。。。_| ̄|○
あのバゲットのカリカリの皮が食べたいのに。


子供がまだ小学校に(フランスの)通う頃、食事の席でこんなことを言った事がある。
「みんなね、カンティーヌ(給食)に出てくるバゲットの皮だけ食べて、中の白いところは
消しゴムの粉みたいに丸めて、アニマトゥール(配膳の職員)に見つからないようにヨーグルトの
ポ(容器)に捨てるんだよ~」って。
私はその時、「食べるものを粗末にしちゃいけないよね」って、最もらしいことを言ったけど
(その気持ち!めちゃくちゃ分かるわー。)と内心思ってた(笑)
今でもたまにフランスに行き、パン屋さんで太いバゲットが出てくると
ちょっと残念な気持ちになる(今やパリでは少なくなりましたけど)。
細くて長いバゲットが理想です。

パリのパン屋つながりで…フランスでバゲットを買うときに、焼き加減を選べるのはご存知ですか。
フランス人は「バゲット1本、良く焼けてるの」「あまり焼き目が強くないものを」と
指定して買ってる人が多くいます。
あと、1本じゃなくても「半分」でも買えますよ。
スグにカチカチになっちゃうし、保存袋に入れればフニャフニャになっちゃうしで…
私もよく、食べきりサイズの「半分」で購入してました。
フランスに行かれた時には、是非試してみてください。

あ、バタールですが。。輪切りにしてサンドイッチにして間食しました(^^♪
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

和む瞬間**

2017-01-19 20:41:04 | 今日のコト

スーパー寒波から、寒さも随分和らいだと言いますが
それでも寒いですよね。

若い頃は「冬が好き」と言っていた私ですが
間違いなく冬は嫌いです。

それでも既に1月も後半に差し掛かり、あと少しの辛抱でしょうか。
陽が長くなってきてるのも嬉しいです。




先日、こちらでご紹介した「蓋付きのファーマシーポット」、本日アップしました。
15個で購入しましたが、店頭からも嫁いでいきHPでは13個からのスタートです。

「台所の塩入れにする」「ポプリ入れる」「香炉にする」
皆さん其々のアイデアを聞くのも、これまた楽し。です。




欲を言えば、やはり大小の親子並びでしょうか。
(売り主は可愛くなかったが、商品はとても可愛い~(笑))




とても良い寂れ方をした、アイアンのメニュースタンドも有り。(HOLD)
これを仕入れてから私は、ipad立てにして下にキーボードを置いてカチャカチャ♪
暫くの間でしたが、思いがけず重宝させて頂きました。





まだアップ前ですが、こんなファーマシーポットも連れて帰って来ています。

やはり極寒の蚤の市で(しつこくてすんまそーん!)、売り場変われば人も変わるの巻き。

緑のガラスが珍しくて…欲しくなっちゃった薬瓶。
「1本だけ欲しい」んだけど、売り主は「セットじゃなきゃ売らない」という。
価格交渉するも「ウイ」と言わない売り主。

この時点で私は、時季的なこともあり殆ど仕入れができていなかったのです。
短期滞在なのでコンテナはやらないにしろ、飛行機に持ち込める量(23㎏x2個+手荷物)を
全然満たしていないことも有って、価格は可愛くないが…購入することにしたのです。

その前がその前だっただけに、また自分で包むつもりになっていたのですが
今回のムッシューは、包もう…とする私の手を払いのけて「冷たいから」って。

「これこそ真のフランス男子♡」

かじかんだ指で…蓋と本体の間にも新聞を噛ませてくれて、丁寧に包んでくれたのでした。
おまけに私の持ってた大きなバッグの中身を取り出して、瓶群を下に、パニエやお人形を上に
キチンとテトリスしてくれたのでした。
(女子のくせして大雑把な詰め方が、恥ずかしくもなる瞬間だが)


蚤の市で、時々似たような場面に遭遇します。
時に、背中にはリュック、両手に持ちきれないくらいの荷物を下げて仕入れをしていると
大概は初老のマダムなんだけど…私の背後に回り、リュックのファスナーを開け
新聞紙で包んだ商品を入れて丁寧にファスナーを閉め
「よし」って感じで、ポン!とリュックを叩いてくれる。

あの瞬間がすごく好き。母がいるようで和めちゃう。
いくつになっても、人に何かしてもらうのは嬉しいものだと思います。
誰か私にご飯作ってくれないかしら。。。
誰か、湯たんぽ作ってベッドの中に入れておいてくれないかしら。。。と、思う今日この頃です。


それでは皆さま、HPにお急ぎくださいませよ~!(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レースのアンティークシェード***

2017-01-15 16:28:11 | 古いモノ


今日は朝起きたら雪が積もってて…お店は臨時休業になるんだろう。。。と思って夜更かしたけど

朝起きて窓を開けたら雪は積もっているけど、道路の雪は溶けていてまばゆいばかりの朝日。

慌ててお風呂沸かして出勤準備!

久しぶりの朝風呂!気持ちが良かったです。真っ白になった裏庭を見ながら。。。
(裏庭って言っても、室外機とかビールケース、たらい等々ですがっ)


HPに新入荷の子達をアップしました。
昨日のブログで期待を持たせた「ストウブのアレ」、正解はこの子↓↓



ストウブの温め台。簡易ロウソクでお鍋を温めます。
いつも探してはいるけれど、4~5回くらいしか遭遇していないと思うレアな商品です。



ウサギのパテポット。
これはウサギの他にカモやヤギとか…シリーズでいろんな動物が出てたものだけど
やっぱりウサギが一番かわいいと思う。
ちょっと気分的に…オーブンには入れられないけど。
小さな頃からフツーにウサギ肉を食べてる人達には、テイコーなどないのだろうか。
ちょっと合わせ部分が浮くので、お安く提供です。(既に嫁ぎ先が決まりました)




一番のお気に入りはボビンレースのランプシェード。
実はこのシェード、秋の買い付け時にパリのアンティークショップで出会っているのです。
価格が合わないので、一度はひっそりと身を引いてみたけれど
再訪してみたら…「いた、いた」お店の隅っこ…しゃがまないと見えない所に相変わらずの姿で。
今回は価格的にも少し無理が聞いて貰えたので、連れて帰って来ました。ご縁ですね。

ボビンレースの大家に見て貰ったら、やおらルーペを取り出し(そんなんが要るんですか!)チェック。
「手編みの(ココ重要です)ボビン。恐らくバレンシエンヌ(地方)では?」と。
「バレンシエンヌ…って、寒くて暗い町って印象なんですが、こんな美しいレースを?」と聞くと
「そんな土地柄だからレースを繁栄させたんじゃないかな」って。
(あ、なるほど!家に籠ってチマチマ…ね!)

ちょっとお高めではありますが、とても優雅な気分にさせてくれます。
ご一考いただければ、是幸いです。


今日も道の悪い中、ご来店賜りありがとうございます。
ずる休みしなくて良かったー!と…胸をなでおろしておるところです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファーマシーポット***

2017-01-13 16:45:43 | 古いモノ


今回、極寒の蚤の市で見つけたもの。



ロゴ入りのファーマシーポット15個。

1個いくら…と言う売主に
「全部買うから、安くしてチョンマゲー♪」と精一杯の口角を上げてみたけど
ダメだった。。。




125㎖用と250㎖用のサイズは2種類。
「薬草の入っていたものじゃないか…」と言ってたけど、確かにツマミはそれっぽい。

19世紀のファイアンスフィーヌに男前なロゴ。

こんなの好きです。。。多分、私の周りの同業者さんが見つけてもゲットしていたと思うから
タイミングが良かったのかな。



ツマミの後ろにも数字の他に、何か刻んであるんだけどさっぱり見えない(もうやだ~)


値段交渉に破れても「わかった…。全部貰ってきます」ってお金払ったのに
売主のムッシューは、何かにもたれて微動だにせず。
それどころか、何かにもたれたまま…スーパーに売ってるような、ビニールに入ったパンを食べ始めた。

「あの…何か包むもの…」と言うと、「あぁ…」って感じで新聞の束を投げてくれた。

自分で包めってことですかい?
-5℃とか-6℃とか言われたこの朝、財布からお札出すのも苦労するくらいかじかんだ指で包んだ。

「あの…袋とかないですか…」と言うと、「あぁ…」って感じで
パンを食べるの中断して、スーパーの袋を1枚くれた。

「破れないかな…、もう一枚ない?」と言うと、「大丈夫だろ?」と。

「ありがとう」の代わりに『あなたのパンオーショコラ、凍ってるよ』と言って帰って来た。

日本から来てたTちゃんも『ここの国の人、商売やる気あんの?』って口癖のように言ってた(笑)
日本のサービスが過剰だと感じる事があるけど、二つの国を足して割って調度いいくらいかな。

フランスはお客が「ありがとう」と言い、売り手は「どういたしまして」と答える国。




子供用のナフキンリング(くまちゃんが見えますか?)

今回は子供用の銀製ナフキンリング、タンブラー、エッグスタンドなどをせっせと購入。
古いリネンやベッチン貼って、ピンクッションとして
3月のうめだ阪急でデビューさせるつもりです。お楽しみに~(^^♪




ストウブのアレも見つけた♡
なるべく早くにHPでご紹介するつもりです。

今回は飛行機に乗せた商品がひとつも壊れてなくて、ハッピーです。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

meilleurs voeux !***

2017-01-11 01:01:02 | 今日のコト


皆さま、新年あけましておめでとうございます。
旧年中は大変にお世話になりました。
本年もどうぞよろしくお願い致します☆

実は、年末年始をパリで迎えておりました。
今夜、戻って参りました。
長いお休みを頂きました。ありがとうございます。

昨年は、合計4回も渡仏したそうです。。。友人に言われるまで気が付きませんでした。
(貧乏なのがうなづけるような、気がします)




今回はやんごとなき事情と申しますか、外せない野暮用がありまして。。
(言い訳には1晩かかりますので、「愛の逃避行」または「隠微な密会」ということにしておいてください)

2週間弱の殆どを家の中で過ごしたので、画像らしい画像も有りませんが振り返ります。




元旦の日は蚤の市にも行きましたが。。。

日本に戻って5年、極寒のパリをすっかり忘れてしまってたようで大失態。
この日は「-5℃」くらい。
お気楽に家を出てしまったのですが、耳が痛いつま先が痛い「顔がイタイー!!」





冷凍庫にしまってあるお皿やアイアンのオブジェを触るような感じ。
お恥ずかしいけど、鼻水が伝っているのも解らないほど顔も凍ってました。
まだまだ修行が足りません。
日本から大小さまざまな貼るカイロを持参したのに、それも付けずに外出するなんて。




いきなりの-5℃という、先制パンチを喰らいまして
シッポを隠した犬のように怖気づき。。。その後の殆どを家の中で過ごしたという…(笑)




それでも、大好きな牡蠣は計3回頂きました☆
食事というよりは、スーパーの帰りなどに1杯の白ワインと6個の牡蠣のセットのようなおやつ替わりです。
フランスのこの時期の牡蠣は美味しい!

やっぱり大晦日にやってきたお友達のTちゃんが「クスクスが食べたい」というのでクスクス屋さんにも。
「クスクスって何かの付け合わせかと思ってたわー」って、その量に目まんまるのTちゃん(笑)
クスクスは、カレーライスのようにお皿いっぱいのスムースに、
ゴロゴロ野菜が入ったスープを掛けて頂きます。
「美味しい、美味しい♪」と言って食べてくれて、身も心も温かくなった瞬間。




ボルディエのバターが家からさほど遠くもないお店で売ってるのを見つけてラッキー☆
ボルディエのヨーグルトなんかも有るんだぁ。。。知らなかった。
お店のマダムが「バニラ味が一番美味しいよ…」って教えてくれたので、バニラを2つ。
(私、このヨーグルト一気に3個は食べられます!めっちゃ美味しい!1,3ユーロでした)
帰りは、マックスポアラーヌに寄って、大好きなサブレも。


そんなこんなで仕入れはほんの少しです。



今年もゆっくりでは有りますが、色々とご紹介して行けたらいいなと思っています。

一番の幸せは「健康であること」、
健康な生活の中で、さらに皆さまの癒しになってくれるものをご紹介して行けたら嬉しいなと思っています。
2017年も、よろしくお願い致します。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加