カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

秋の気配***

2016-08-26 17:20:14 | 今日のコト

ん? 「親のカタキ?」って勢いで鳴いてたセミ達が声を潜め
夜には秋の虫が鳴き始めました。
通勤途中の堤防には、トンボがいっぱい飛んるし、
夕日は「太陽にほえろ」のオープニングのように美しい…いよいよ秋来る。
お昼は、まだまだ暑いですけどね。

パリも今はとても暑いらしく、友人からも『37℃!』って超短いメール(笑)が来ました。
夏休みにパリに家族旅行に出かけた友人も
「石作りのアパートって、涼しいって聞いてたのに!暑くて眠れない」って泣きのメールが来ました。
「暑い日は、窓を開けちゃだめだよ。外から熱風が入って家が熱を持つから」と返信。

学生の頃、アパートの7階とか8階の屋根裏部屋に住んでいたコロンビア人の友人は
太陽が照りつけるお昼間は、窓を閉め切ってヴォレーまで閉めて電気付けて生活してました。
でないと…「夜、サウナになってしまう」って。
それを思い出したんだけど、先の友人からは絶賛メールが来たので、少しは役に立ったみたいです。

それにしてもパリで37℃なんて…、やっぱり世界的に異常気象なんですかね。


やっぱり「夏はガラスだよね」と、行く夏を羽交い締めにしながら
今回もガラス商品をたくさんアップしました。



これは「バギエ」と呼ばれる「指輪置き」
通常のガラスのコンポートの半分程の大きさで可愛いんです。
真ん中に映る小さなコンポートは、ままごと用です。
19世紀のビストログラスもアップしました。(しつこいけど…これでガン冷えのロゼが飲みたいです)




オクトゴナルのディナー皿も6枚アップ。
お店には、オクトゴナルのソーサーもございます。
カップダケお持ちのお客様は、どうぞお問い合わせください。
あ、オクトゴナルの深皿も有りますので、近々にご紹介させて頂きまする。




白くペイントされたパントレイ。



珍しいところでは、クレイユ&モントローのエッグスタンドも。
ちょっとした調味料を入れると新鮮に映ると思います。

ゆで卵って、どうやって割るのがスマートなの?
ご存知のように、ここ東海地方は喫茶店のモーニングサービスが無料でついてくる土地柄なのですが
トーストと一緒に必ずついてくる、ゆで卵。

あちこちで、テーブルの縁や皿に「コンコン!」当てて割ってる音が聞こえてきて…たまらなくなる。
家でも、子供が同じ事をすると「ちょっと、やめて~」って、思わず真顔になってしまう。
大好きなテーブルや、食器に当てて割るなんて私にはちょっと出来ない。
(お皿にヒビが入ったらどーすんのー。怖くない?)

母は「スプーンの背で卵をポンと叩いてヒビをいれろ」と言っていたので、
ずっとそうしてきたけど、それも正解かどうかはわからない。
「例えば…高級ホテルの朝食でゆで卵が出て来たら…みんなどうしてるんだろう?」って想像してみるけど
そんなところは、出て来たとしても卵の上部の殻がすでに取り除かれた半熟ゆで卵が
写真のようなエッグスタンドに入ってて、スプーンで食べるから割る必要は無かったりする?

どうやって割ればスマートなのか、ご存知の方がいたらマジ教えて欲しい。。。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今週のアップ***

2016-08-20 14:25:10 | 今日のコト

オリンピックもいよいよお終い。
これで連日の寝不足からも解放されますね。

私的には、男子水泳の金・銅フィニッシュで幕を開け
本日の、リレー男子の銀メダルで緞帳が下がるという
興奮で始まり興奮で終わる、素晴らしいオリンピックでした。

オリンピック選手に感化される部分は、少なからずもあって(笑)
今週も新商品のご紹介、私も頑張りました。



何だかこんな灯りを見ると、秋を迎えたかのような気分です。




ビーズフリンジ付のランプシェードも、ロマンティックです。






サルグミンヌの花形リム・ケーキプレート、お魚プレートのように長細~いお皿です。
紙をキュッと内側に織り込んだような、リムの立ち上がりが最高です。
ロールケーキ1本よりも、数種類のカットケーキが並べられた姿を想像するだけでドキドキ☆します。
丸いお皿に並べるより、絶対にかわいい♪(私は生クリームの多いのを選びます^^)




クレイユ&モントローのコンフィチュールポット。
小さなリキュールグラスもいくつか集めておくと夏のしつらえには便利です。
ミルクやドレッシング、メイプルシロップなど、なんでも来い。なんだけど…
普段から実践してないと、いざお客さんが来た時なんかには…、忘れる&面倒になります(最近の反省)


オリンピックの話に戻ると
男子体操の白井選手見るといつも思い出す番組があります。
「白井健三の兄と呼ばれて」って、タイトル通り白井選手のお兄さん(次男)のドキュメンタリー。
You Tubeでも見られるので、お時間の有る方は是非見てみて。
切なくなるよ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

舞台裏**

2016-08-06 14:38:27 | 今日のコト

暑い、あつーい!
夏も本気モードになってきましたね(x_x;)

車通勤だし、冷房の掛かった職場で仕事をする私が「暑い!」なんて言うと叱られそうですが
ちょっと郵便局まで、ちょっとコンビニまで。。。ホンの近くまで歩くだけで充分暑く
焼き豚になりそうです。
この炎天下の中お仕事される方を目の当たりにすると、自然に頭が下がります。

イタリアなんかの海岸の「日陰」(←ココ肝心)で、ぼ~っとしながら冷やしたロゼが飲みたい。
石造りの家の、ひんやりしたベッドに体を滑り込ませたーい。。。

そんな事を考えていても仕方がないので、お仕事、お仕事。
本日も新入荷の商品を、こつこつ写真撮りしHPでご紹介中です。




涼しげなアナベルのお皿。
連想するのは、トマト味の冷製パスタ。
ガラスのボタンが寒天に見えてくる。




暑いとどうしてもガラスモノに目が行ってしまって、ビストログラスなどもアップ。
連想するのは、キリっと辛口のロゼ。
ガン冷えのロゼに氷を1個落として、ちびちび飲みに使いたいー。
(日本の酒屋さんって「ロゼ」が極端に少ないですよね。みなさん、ロゼはお嫌い?)




涼しそうではないけど(笑)クロスステッチの美しいピアノスツールも。
四角い座面はなかなか珍しいですよね。
売主は「ナポレオン3世時代…」って言ってたけど、高さ調節のスクリューが金属なので
もう少し若くて、1920年頃のものだと思います。
(ここ数年、蚤の市の売主って相手が日本人と思いきや「ナポレオン」とか「ブロンズ」「シルバー」
って連呼する風潮に有ると思う。私は反論はしないけどさ、心の中では「そんなバナナ」って返事してる。)
それにしても…丁寧に刺された座面、お尻を下すのが申し訳ないくらいステキ。


最近、お休みの日は5時起きして岐阜に借りてる倉庫に行ってます。
暑いのと国道が渋滞するので6時出発です。

店舗が手狭なので、お店に置き切らない家具の画像は倉庫で撮ろうと思って。

夏休みに入ったので、小さな助手が我が家に前泊し同行します。
1人で担ぐのはちょっとたいへん…ほどの大きさの家具の移動も2人なら
「よいしょ、よいしょ」のカニ歩きで十分間に合います。

この助手、倉庫に到着するやいなや窓開けたり、蚊取り線香灯したり、バケツに水を入れて雑巾を
作ったり、家具の移動も含め機敏に動いてくれるのですが
スグに飽きてしまう…のが、難点のど飴。
仕方がないよね。。倉庫の中はサウナ状態だし、おなかも空いてくるしね。。。




知らない間にこんな写真もいっぱい撮られています(笑)
頭ボサボサ、首に手ぬぐい、振り向けば恐ろしいほどの妖怪ゆでダコ女の後ろ姿です。

実は、自分で作った特設舞台で簡単にですが…写真を撮ってるわけです。
仕入れから発送まで、間違いなく肉体労働です。

13歳の若手助手、午前中で¥600のお給料でも嬉しそうにしてくれます。
帰り道には、ペットショップ見学とファミレスランチが必須条件ですが。。。

8月も平常通りの営業です。どうぞ涼みにいらして下さい。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加