カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

so cute !****

2016-07-29 17:21:48 | 古いモノ


今年の夏は猛暑だって脅かされてたけど…、何だか過ごしやすくないですか?
去年の今頃の様子なんて覚えてないけど、「暑くて眠れない」ってのがない。
「これから!これから!」ですかね(笑)

本日もニューフェイスのご紹介をさせてもらってます(^^♪



ひと目で恋に落ちた椅子。
ペイントのグレーが何とも微妙なニュアンスのグレーで心トキメキマスです。
小花模様のジャガード生地貼ってくれた、前持ち主さんセンス良いですよね。



可愛いだけでなく、前足は大股に開いて安定感も抜群です。




こちらの椅子も、エレガント☆
元は自然な色を生かした茶色だったものを、白にペイントしてとてもエレガントな佇まいとなっています。



花の彫りも美しく…お子ちゃまっぽくない大人可愛い世界です。
どちらも2脚ずつございます。

あとは、クレイユ&モントローのサラダボウルや、やっぱり19世紀中頃のジアンの深皿などを
ご紹介しています。(ヒヤカシに来て~)




「業務用かいっ!」ってくらい大きめのグラタントレイも。
オーブン料理だけでなく、サラダもマリネも煮物も…つまり深皿としてバンバンお使い頂けます。







お客様の冷たいもの差し入れ。
発泡スチロール持参でアイスクリームを買いに行くマメさ。
その愛情を見習わねば。
美味しかったです、ありがとうございました。
可愛いテリア。。。実はワンコが欲しくてたまらないの。

母は犬の室内飼いを嫌ったので(「ごはんに、毛が入る~!」って)庭でワンコを飼っていました。
友達にも「今どき、外で犬飼ってる家ってないよね~」って、いつも笑われてた。

「ばあばが(母)死んだら、プードル飼おうね。名前は「ネギ」。」
「じゃ、2匹目は「カモ」ってのはどう?」
「ネギ・カモ?すてき~!(笑)」なーんて親娘でひどい会話を、こっそり昔はしてた(笑)

なんだかんだと家を留守にすることが多いし、帰りが夜遅くなる時もあるし。。。
で、ブレーキが掛かって、いまだ実現できず。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読めない週末***

2016-07-23 17:29:53 | 古いモノ

アンティーク屋さん、土日の来客数はムラがあったりします。
すごく忙しい週末とガラーンとした時があって、読めない。
3連休っていうのも…どちらかというと暇な時が多いです。お天気が良ければなおさら。。。

ご夫婦で同じ趣味を持つ方の方が少ないのでしょうか。
旦那さんも奥様も平日にゆっくり一人でご来店の方が多いですね。
ウチは毎週火曜水曜と平日を2日間も定休日として頂いてるので、お休みの日を変えた方が
良いのかなぁ。。。なんて考えています。
今までは、母の病院通いで2日間のお休みの1日は潰れていたけど、それもなくなったことだし。。

で、今日は(も?)おヒマな土曜日だったので、ニューフェイスのご紹介です。



可愛い黒パニエ。
こんなカゴ、浦島太郎さんが腰からぶら下げてませんでしたか?(全然違ってたりして 笑)
ビニールやレザーなどのカゴは月日を重ねると劣化するものだけど、
それに比べて、籐のカゴって劣化しないですよね~素晴らしい(^^♪




個人的にすごくお気に入りのガラス瓶です。
フランスで何屋って言うんだろう。。。
ショコラティエでもなく、コンフィズリーでもなく、エピスリエとも違う。
お店の中には、ワインやウイスキーなどの酒類と砂糖漬けのフルーツ菓子やマロングラッセが有る。
酒屋でもないし、駄菓子屋でもないような。。。
パリ市内にもまだ「100年以上前から営業してます」って、そんなお店が何件かは残ってると思う。

前置きが長くなってしまったけど、そんなお店の長いカウンターに並ぶ瓶というのが一番近いイメージ。
カラフルな紙に包まれた、1個だけでも買えるキャンディーが入ってて、お使いに来た子供のお駄賃狙いかな。

形が本当にかわいい♪(本来なら蓋も有るんですけどね)
ゆらゆらガラスと細かな気泡で、フラワーベースにされると良いと思います。




ホテルの古いステッカーの貼られたトランクも、もうひとつ仲間入りしました。
玄関などに置いて中に来客用のスリッパなんか入れるとカッコいいですよ。

トランクを見ると旅に出たくなるのは、梅干を見るとツバが出るのと同じですかね。
私もいつかは、仕事なんか全然関係ない旅がしたいです。
(どこの国に行っても、蚤の市を探すのは私の職業病)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

心も梅雨明け***

2016-07-20 21:06:01 | 今日のコト


梅雨も明けて、夏も本番ですね。
家に帰って、まっ先にセブンのチョコミントバー1本!これ、日課です。
安くて美味しくて大好きです(^^♪

さて、本日も新商品をアップさせて頂きました。



アップする時には、ひとつひとつ購入した時のシーンが蘇ります。

黒いミリタリーボックス…男子アイテムとを敢えてガーリーなものと組み合わせると素敵です。
蚤の市でこの箱を抱えて歩いていると、同業のJ君に遭遇。
「それ、めっちゃ良いじゃないですか。僕に譲ってくださいよー」って言われた。(誰が譲るかっ)

コンシェルジュビューロー…見つけた時よりも、今の方がもっと好き。
停めた車まで500メートルは有る砂利道を、売主のムッシューと二人で運んだ。
後ろ手にビューローを持って前を歩くムッシューが、知り合いを見つける度に「やぁ!」って
片手をあげるから、後ろで担いでる私はその度にバランスを崩しそうに。。
「お願い、ちゃんと持ってて」ってボヤキながら、ガニまた歩行で車まで大変だった。

浅緑のシェルフは…パリの古物市で。値段を聞こうにも売主見つからず
(売主がどっかに行っちゃってること、フランス蚤の市のあるある)
手にぶら下げて途方に暮れていると、イギリス人ディーラーとおぼしき2人組が私に
「それ、買うの?買わないの?」って聞いてきた。
「値段にもよるけど」って答えると、3人でずっと売主の登場を待つはめになったシェルフ。

どれも買った時の金額は忘れちゃってるのに、その時の景色は不思議に覚えてる。




コンテナが着いたので、段ボール開け手に取りながら、いろいろ思い出してます。
お披露目を待つ子たちで立て込んでいますので、ちょっと精力的にHPの方もアップしませんとね。




巷で流行ってるって聞いた「桃とモッツアレラ」
これを知って2週間くらい、x線検査の為の食制限以外の日はやみつきになって食べてます。
私はチーズも好きじゃないし、モッツアレラなんて正直、美味しいと思ったこともないけど。
(モッツアレラが、どこのスーパーでも売ってるってのも驚き)
初めてひと口食べた時…、今からダッシュで酒屋に行ってワイン買ってこようか悩んで固まってしまったくらい。
もっと早くに教えてほしかった~。
今では、オイルやビネガーなどの微妙なさじ加減も習得し「いつでも嫁に行ける」と言いながら食してます。


精密検査の結果をこのお休みに聞いてきました。
家から病院まで車で30分、駐車場に入るのに15分、結果を聞くまで2時間。
結果は「大丈夫」でした♪

「自分は絶対、大丈夫と思ってたから。。。でも、時間掛かりすぎるよね…大学病院ってさ」
ポーカーフェイス(だと、友達から言われる…!)な、つぶやきに

『でも、ホントはドッキドキだった、でしょー!』
『ねぇねぇ、待つ間に口から心臓が出てこんかったー?』って、笑い転げる姪。
嬉しそうに笑ってくれてありがとう。


ご心配をおかけしました。今日からまた頑張ります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

たった1日なのに***

2016-07-12 17:09:00 | 今日のコト


白い器や小さなパニエをHPにアップしました。



画像の中心は、おままごと用のスーピエールとクレイユ&モントローのシュガーポット。
大きさがあべこべですが。

20世紀の初頭くらいまでは、ままごとも陶器が多く
私達が大好きなクレイユ&モントローの白い食器を、
そのまんまミニチュアにしたようなものも結構有りますよね。
姿形だけでなく質感までもがそのままなので、悶絶してしまいます。
小さなスーピエールをお砂糖入れとして使ったり、オーバル皿をリング受けにしたり。。。
ホントーに、自己満足でしかないのだけど楽しい♪

かたや、シュガーポットの大きいこと。
19世紀は粉砂糖が希少で高価だったことも有り、ある程度のブルジョア階級になると
「ウチはこんなに砂糖があるんやー」とばかりに。。。カップとのバランスの悪さも考えず
シュガーポットがデカイです。
イタリアに行くと、家に高い塔とか「銭湯かい!」ってツッコみたくなる煙突が立ってる家が
残っていますが、あれも見栄の産物で裕福な家ほど高い塔を建てるという風潮に乗って
継ぎ接ぎしながら、競い合って塔の高さを足していったらしいです。(意味ないねー!)


たとえ写真でも…食器とかお鍋を見るだけで、お腹が空いてくる。

お休みの今日は、朝5時に起きて納品に行ってきました。
そう…、今回の買い付けの半分を占めた新築のお宅の家具。

施主の旦那さまと倉庫前で待ち合わせして、午前中いっぱいの共同作業でした。
新築なのに、アンティークな雰囲気の家もすごくステキだったけど
トレースが引ける奥さまの選んだ家具たちは、テトリスのようにどれもピッタリ収まって
それはそれは見事でした。
「外観、普通」。でも、「一歩入るとすごいんです」って家、憧れます。
(名古屋人は、見えるところばかりにお金かける人が多いんですけどね。。。内緒だけど)


いっぱい力仕事して…お腹がペコペコ。
お客様からも、お土産にってお菓子の詰め合わせとか頂いたんですが
例の件で今日は朝から流動食のみ。
普段は反応しない、ラーメン屋さんの看板でさえ見るのも苦しい。
わずか一日の事なのに、不甲斐ないなぁ。。
明日のお昼は何を食べようか…、そればかり考えてるの。(私、断食とか絶対出来ない)




家の片付けしてたら出て来た古い小さな箱とツバメの文鎮。日本の古いものもいいね。
この箱も弁当箱に見えてしまう。。。。もー今日は早寝します!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レシュフリット***

2016-07-09 15:09:42 | 古いモノ


ちょこっと久しぶりの新商品アップをさせて頂きました☆



レシュフリット

チキンや肉をローストする際に、玉ねぎやジャガイモなどの野菜をスライスして、この皿に敷き詰め
オーブンに(昔のことですから、かまどのようなオーブンだと思いますが)入れます。
串刺しにして焼かれながら落ちてくる肉汁を、お野菜と共に下で受け止めるトレイですね。

お肉が焼けるころには、野菜もしんなりホクホク。
メインを焼きながら、付け合わせも同時に作る先人たちのナイスなアイデアで生まれた器です。

レシュフリットって言われると、イメージしにくいと思いますが、要は…コレです↓



オーブンの受け皿
(ちなみに私、この受け皿ってピザ焼く時しか使った事なかった。。。笑)

以前にどなたかのブログで、古いレシュフリットを普通のお皿のように
揚げ物をいっぱい盛り付けて、テーブルに出している記事を見た事がありますが、
盛り付けひとつとってもお上手で、レモンの数や配置まで計算されたかのようで
「う~ん、私に足りないのはこのセンスかも(レシュフリットは持っていても)」と、唸ってしまった事が有ります。
もっと柔軟な発想ができれば、毎日の生活はもっと楽しくなるのにねぇ。。



柔軟な発想つながりで。
今回アップしたキュノワール。
商品名は悩んで深鉢にしたのだけど、未だ何に使うものなのかわからない。。。
見つけた時は、「蓋の消えたテリーヌポット」だと思って、その珍しさに喜々としたものだけど
よくよく見てみると、テリーヌポットにしては蓋が安定して収まる溝がないし
オーバルじゃなくて丸に近かったり。グラタンプレートにしては深すぎる気もするし。。。

内部の壁が波打ち、フォルムもいびつで手作り感満載の魅力的な器。
柔軟な発想で、ヘビロテでご活用くださる方を募集中♪




コンテナの荷卸しを午前中にやって、夜はライブに行ってきた。
(「コンサート」って言うと、娘に「ライブって言ってよー」って言われた。。。そか。)

偶然に出会ってから、ずっと応援してきたよー。
年甲斐もなく、はしゃいでしまった。

コンテナとライブで昨日から超筋肉痛です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加