カドノート

フレンチアンティーク・カド店主の日常のあんなこと、こんなこと。

雨の蚤の市***

2013-09-29 00:07:29 | 只今、仕入れチュウ

フランスでの買い付けも3回目の週末を迎えました。
一時期より寒さは和らいだものの、今日は朝から雨が降ったりやんだり。。。



今日はこんな可愛い村で行われた蚤の市に行ってきました。
田舎では、必ず村の中央に教会が立っています。
土地勘のない私達も、仕入れに熱中しすぎて方向感覚がなくなると教会を目で探します。
フランスでは、高いビルを建てちゃいけないとか、屋根の高さをまわりに合わせるとか
いろんな制約があるけど、美観を損ねるという理由以外にも
もともとは旅行者や巡礼者が簡単に教会を見つけられるように、という配慮があったそうです。
(それにしても、チーズやヨーグルトなどの乳製品を扱うお店は何処に行っても必ずあったりして)



最近、クマにばっかり目が行くんだけど値段を聞いてビックリ。
「それって、カドの売値じゃ~ん」
(もう少し、ブサカワなのが好みなんだけどな。。。)

憂鬱なお天気だったけど、満足のいく仕入れが出来て嬉しい1日。



オヤジ化問題がずっと頭のどこかに有って、そのせいか妙に女っぽいモノも手に取ったり。。。
明日も(雨だけど…)頑張るよ。
HP「次回掲載予定の品々」のカテゴリーに今回買い付けた商品の一部をご紹介しています。
気になるモノがございましたら、ご遠慮なくお問い合わせください♪

***************************************************

私は酸っぱいものが得意じゃなくて。
理由としては、顎の付け根がキューンって痛くなる感覚が嫌なのと、必ずむせるから。
反対に家族は酢の物が大好きで、「もっとマイルドな酢を使ってよ」って私のお願いはいつも却下。

「健康のためにもう少し、お酢を取った方がいいよ」と普段から老婆に言われてるんだ。。。

今回、パリに到着してスーツケースを解いたら…こんなものが入ってた!



麗しい母の愛。

えらい勢いでなくなった♪
毎日、グビグビやっていたのは…、私でなくて娘。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グローブ・ド・マリアージュ***

2013-09-25 00:23:04 | 古いモノ

グローブ・ド・マリアージュ。



フランスでは、グローブマリエと呼ぶ人が多いかな。

1800年代中頃から1900年代初頭まで、結婚(や誕生)など慶事のメモリアルとして作られたもの。
結婚式で使用したティアラを装飾とともに、ガラスの中に閉じ込めてあります。





玉座のクッションの周りを一周してるのが、当時のティアラららぁ~。

式後に両親が職人さんに依頼して作ったものを、新婚夫婦に贈るのが流行ってたらしいけど
ある程度、階級のあるご家庭じゃないと作って貰えなかったものらしい。

今までいくつも中身の入ったグローブ見てきたけど、
中に入ったキラキラ、葉っぱを模った金色の飾りが華美すぎて、私的にはちょっと違うと思ってたわけ。
だからいつも中身なしのドームだけを購入し、キリスト入れたりドライフラワー入れたりしてたけど
今回は色を抑えたシックなのんに出会えて、「これよ、これこれ」と迷わずゲット。





売ってたムッシュー曰く「白い花は全部、磁器で出来てるし、かなりのブルジョアだったね」って。
本当にきれい。。。
よくぞここまで残っててくれました。
大事に日本まで運びます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リモージュ焼きの鍋***

2013-09-22 04:45:33 | 只今、仕入れチュウ

仕入れも2週目の週末を迎えました。
イギリスなんかに比べると、平日はほとんど仕入れが出来ないのが、ちょっともどかしい。
それでも写真撮りや梱包、蟻さんのようにせっせと倉庫に運んでそれなりに忙しく過ごしています。

今日も精力的に動き、テーブルやベンチなんかを購入☆
まづは代金を支払い、車に戻って台車を取って来て自分で運びます。
現地のディーラーさんは店を離れられないので、自分でやるっきゃないです。
コンテナをやるようになって、腕力は鍛えられたと思う。
「こうやって…どんどんオヤジ化して行くのかなぁ。。」なんて、割と真剣に悩んでる。

でも、こんなお鍋を見て心ときめくから、乙女心も健在ですわよん。



リモージュ焼き(磁器)のお鍋。
柄の入ってない真っ白のものは幾つか取り扱ったけど、こんな可愛いお花入りもあるんですのよ。



その昔、オサレな仏人マダムを虜にしたアリュミニット社のもの。
エレガントなお鍋でございます。



白もいいけど、こんな花模様もお素敵♪
良くIHでの使い勝手を聞かれますが、試してみたところ…沸くまでに若干時間が掛かるけど
ちゃんと沸騰します。(でもIHの機種によるのかもしれません)
ガスの直火には、た~~~っく問題ありませんことよ。
出来ましたら3個セットで販売致したいと思っておりますのでヨロシク。

********************************************

娘がパリにやってくるというので空港へお迎え。
(久々に逢う母はまるでお父さんだった…ということが無いようにスカート履いて)
待ち時間にスタバに入る。
スタバで名前聞かれる度に「シ・バ・タ♪」と明確に告げるんだけど。
なぜか、3回に1回は「TOSHIBA」になって出てくる。。。



「トーシバー!トーシバー!!」と呼ばれるたびに
「あんた達の耳はどうなっとるん!」と思うけど
「ウイー! ワタシです。それ、ワタシの」と手を上げる自分がいるんだな。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

麗しのエンボッサー**

2013-09-18 02:55:49 | 只今、仕入れチュウ

水曜の夜にパリに到着し、翌日木曜の早朝から仕入れを始めたんだけど。

今回はカドのお客様Tちゃん(男性です)も、同じ飛行機でパリへ。
(私はエコノミー、あちらはビジネスクラスでございます)
私達の到着を(きっと、手ぐすね引いて)待ってたのがSariさん。
3人での蚤の市巡りは、女のようによく喋るTちゃん効果で車中も笑いっぱなし。

木金土日と一緒にいたけど、月曜になってTちゃんはドイツへ、Sariさんは日本へ。。。
急に寂しくなってしまいました。
仕入れたモノの写真など撮りながら、会話を思い出して一人でそっと笑っています。





「これなに?」『紙にエンボス刻印するやつ』



「きれいけど、売れるん?世の中の主婦は、ボウルとか皿とか実用できるもんしか買わんとちゃう?」

『生活必需品もいいけどさー、無くても済む美しい物がアンティークの醍醐味だよね。ヨユウって感じでさっ』




封筒の綴じ目や便箋の端なんかに押してあげると素敵です。
1800年代末の英国製。
確かにこれを毎日使う人は少ないかもですね。。。(いつに無く弱気)

*************************

夜の宴も無いので、眠気に任せて床に入ったら午前3時に目が覚めてしまった。
3時からお風呂に入り4時から朝ごはん!

朝からがっつり行くタイプですが、基本は「簡単なもの」
ガスパッチョはスーパーに売ってる瓶詰めのもの。
ガスパッチョを飲むだけで健康になった気がする(笑)
自分でも作ったりするけど、こんな綺麗な色にならないのはなんで?
あ、画像に無いけど…これプラス、ヨーグルトと夕べの残りのお味噌汁も片付けました。
暫くおなかがポチャポチャだった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリに到着***

2013-09-15 05:17:20 | 只今、仕入れチュウ

怒涛の(笑)「うめ阪」の催事を終え、おフランスに入国しました。

機内が想定外に寒かった(くぅ~っ)。
それでも徹夜明けの私は、催眠術にかけられたように8時間ほど眠ったら
ガンガンにクーラーの効いた部屋で眠ったかごとく
目が覚めた瞬間にくしゃみを3つ。
それからずっと鼻がぐしゅぐしゅ。

それでも翌朝から精力的に仕入れをこなしていますぜよ。

鼻のぐしゅぐしゅはすぐに治まったものの、今は喉がいがいがしています。
蚤の市で古い生地やゴブラン織りのタピスリーなんか広げてみていると、咳がコンコンと出ます。
同行のTちゃんに「ダニの死骸とかが器官に入るんでしょうかね~」と言われると
益々と咳き込んでしまいます。
(ちゃんとお洗濯して販売しますから、お客さまはご安心を。。。)

それにしてもおフランスはお寒うございます。
連日、最高気温で18度くらいでしょうか。



サンジェルマン教会、空の色から寒さ感が伝わりますか。



教会前のカフェ「ドゥ・マゴ」のギャルソン達。
待ち合わせの為、教会の前に15分位いましたが、ず~~~~っと!こんな状態でくっちゃべってました。
「会議好き」なフランス人健在です。

仕入れのほうは今のところ順調です♪
これから少しずつ、こちらでもご紹介させて頂きますのでお楽しみに!

<追記>
阪急うめだ本店の催事にはたくさんのお客様にお運び頂き、ひたすら感謝です。
ビール(!)やお菓子の差し入れに「3回まわってワン!」のシバタです。
ありがとうございました。
「仕事帰りの晩酌に付き合いますよ~」って、お申し出下さった(奇特な)方々も(笑)
楽しくディープな大阪の夜をありがとうございました!
もとは皆さんお客様だったのにね~、今や私にとっては外せないお友達です。
「ありがとー、ありがとー」とアリスの谷村のように叫びながら、内心は「次回もよろしく!」です。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加