Memories

古い記憶と記録を照らし合わせて、過去を慈しみ今を楽しむために

リスくん

2017年07月07日 | ココロ



寂しいなぁ、
リスくんが消えてもうすぐ1年?
月日の経つのは早い。

昨日、久しぶりに友達のトントンとリスくんの話をした。
いろいろ思い出が浮かんできた。

何故リスくんか(笑
「ぼのぼの」っていうアニメに出てくるシマリスくんに似ていると、
塩さんが命名したんだって。

塩さんは消えた理由を分析し、そっとしておこうといった。

その分析内容を聞いていたら、
突然原因は自分にあると言い出した。

リスくんが大切にしていた居場所を塩さんが奪った!

リスくんはそう受け取ったらしい。

へぇ?

本人がそこに居辛いって感じたことが1番の原因であって、
塩さんの所為ではないと思うが。

だが、塩さんという方はいつも傑作ネタを考えては、
人を笑わせて(楽しませて)なんぼと思っているので、
ウケると人気者になり、他の人はかすんでしまう。

リスくんには1番くつろげる場所だったし、
トントンとの会話が楽しみだったから、
辛かったんだろうなぁ~やっぱり。

笑いを武器にできる人ではない。<リスくん
それに、リスくんは塩さんと大の仲良しで、
第一リスさんが塩さんをその場所に連れていった。

墓穴を掘ってしまったのだなぁ。

和っていうのはとても大事だと思う。
自己主張できて満足かもしれないが、周りの人は観客ではない。
塩さんも後の祭りではあるが、猛省している・・・ように見えた。

消えてもうすぐ1年になるリスくん、
あなたはトントンが探すとわかっていて逃げましたね。
とても会いたがっているから出てきなさい(笑

人は結局一人だから誰かといっしょに居たくなる。
そう言っていたトントン。
リスくんもトントンとの交流で、
いい思い出があると語っていたではないか。

そろそろ顔出して、私達を安心させてください。
たぶん何年経ったって、リスくんのことは忘れられないだろうな。

トントンも、塩さんも・・・そして私も。





追伸
完全に忘却の彼方へ去ってしまっていたリスくんの事を思い出し、呆然とする私。
どうしているだろうか・・・元気であればいいな。

どこかでしっかりとリアルを生きていてくれたらと切に願います。


『癒し』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 思い出1 | トップ | 詩への誘(いざな)い »