ことばのおもしろさ

日本語に似てますね

MERON(メロン) = メロンパン???

2017-06-22 21:04:58 | 日常会話、ガイドブック


先週金曜日から3泊4日の行程で11年ぶりに日本在住時の世田谷で内装工事を手掛けた施主様の

 お孫さんの結婚式に呼ばれましたので行ってきました

 在住当時は小田急線、成城学園前駅の近くで小さな店舗を借りて内装請負業をしてました。
 
 駅も地下に変わり その構内とか、周辺もすっかり変わってましたね、、、
 
 私が借りてました店舗の近くにあった駄菓子屋さん 靴の修理屋さん 
 
 おばあさんが一人でやってた小さな日用雑貨店 おいしい手作りケーキ屋さん

 懐かしい思い出がたくさん詰まってたそれぞれのお店は全部なくなり

 駅前も近代的なビルが 所狭しと立ち並んでました。

 とてもとてもきれいでオシャレな駅前道りになってました

 ウインナーソーセージみたいな形と車色の小田急ロマンスカーも、

 とても素敵なスタイルに変貌し人それぞれのロマンをのせて箱根まで、、いいですね~、、 

 古き良き思い出の再現を少しは期待してましたが、、、

 時の流れに懐かしい思い出は、かき消され、少し寂しい気持ちが正直残りましたね、、、

 

 
             さて今日の表題ですが

 この世田谷の小さな スーパーマーケット で買い物をして レジでの出来事でした。

 店内放送の意味がよく理解できませんでしたが タイムセール云々、、、とか言ってましたね

 私は夕食はいつも バン を食べますので好みの パン を3個手にして 

 支払いレジのとこで、千円札がなかったので1万円札を出して支払いしようと思いましが  

 その時の レジ係 の女性の人との 面白い出来事でした 

 
           (レジの人)
 
     280円ですが、こまかいものはもってませんか??

              (私)

     えっ、、、 あっ、、 メロン(タガログ語で あります の意味) 、、、

           (レジの人)

     あっ わかりました 少々お待ちください 

 
 と言っていきなりレジ枠内から出てすぐに戻ってきました、、、
 
 と その手に メロンパン が1個ありました


           (レジの人)

  お客様、こちらの メロンパン でよろしいでしょうか??、、、、
           
            (私)

  えっ!!!、、、、 何故ですか、、、????

(レジの人)
     
     あ~お客様が メロン と言われましたので、今の時間 パン類のタイムセール

     なので、メロンパン の追加依頼と思って取りに行きました

            (私)

は~?????、、、、、
 
     ああ わかりました どうもありがとうございます 

     それでは、そちらの メロンパン もいただきます、、、、
 

 
 レジ係の人が 少し納得いかないような気がしてる感じでしたので    
    
 支払いを済ませて レジ係の人へ言いました
 

     初めにあなたから こまかいのはありませんか と言われましたので
    
     私が メロン と答えました
    
     この時の言葉 メロン とはピリピンの言葉で あります と言う意味ですが

     私が日本語で言えばよかったのですが つい いつも使ってる言葉が出て

     ご迷惑をおかけしました 優しい接客姿勢 ありがとうございました

            (レジ係の人)

     ありがとうございます。お客様の言葉を大切にして行きます、、、
     
     私もせっかちなとこが有りますので 言葉を早とちりしました、、、


 お互いに顔を見合わせて小笑いしました。、、、日本での面白い言葉でした


 ではまた来週金曜日頃にお会いしましょう
 



 
 
 
 

 
 
 
 
 
  
 
 
 
 













 










ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« おじさん おじ~さん ??? | トップ | 地獄から天国へ、そしてまた... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常会話、ガイドブック」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。