off  the  ball

「清く、楽しく、オモシロク♪」
今日もガッちゃんはブログを書き続ける

アーセナル×トッテナム

2010-11-23 | 10-11 football

アーセナル×トッテナムのロンドンダービーは、トッテナムが3-2の逆転勝利を収めた。

アーセナルは序盤から試合のペースを掴み、前半のうちにナスリとシャマクがゴールを決め、2-0で前半を折り返す。トッテナムは前線にボールを運ぶことが出来ず苦労していたね。

しかし、後半に入ってトッテナムがベイルのゴールで早々に1点を返すと、さらにセットプレーから2ゴールを挙げて逆転。最後は守りきって勝利。

前半は完全にアーセナルのペース。ワンタッチパスがテンポ良くまわり、それぞれが連動した動きを見せてトッテナムを翻弄。1点目のナスリの抜け出しや、2点目の縦への展開の速さは素晴らしかった。トッテナムの方は2列目のレノン、ファン・デル・ファールト、ベイルにボールが収まらずで攻撃の形が作れなかったしね、、、

しかし、後半にアーセナルDFが何でもないロングボールを簡単にデフォーに競り勝たれ、ファン・デル・ファールトに拾われると、後方から走りこんでいたベイルに繋がれてアッサリと失点。人数が足りているにもかかわらず、緩慢としか言いようのない一連の動きだったね、、、そして、セスクのPA内での不用意なハンドから同点に追いつかれ、前線ではシャマクの雑なプレーが目立ち始めて攻撃が停滞、、、悪循環というのか、何というのか、、、

後半の楽しみはロシツキーが投入されてプレーが見られたことくらいかな。何気ないプレーぶりでもボールを扱っている姿が見ていて美しいよね

トッテナムは、後半の頭から右サイドのレノンを下げてデフォーを投入。4-2-3-1から4-4-2に変更。トップ下を置かなくなったことと、スピードのあるデフォーを前線に投入したことで、中盤での詰まり感がなくなってピッチを広く使えるようになった。何より、中盤真ん中に位置するモドリッチの前方にスペースが出来たことでいつもの積極的な飛び出しが見られるようになったね~。2点目のきっかけもモドリッチのドリブル突破によるものセットプレーでの得点も大きかった。ということで、レドナップの采配がウマクいった感があったね。パブリュチェンコを起用するのだけはあんまりよく分からないけど、、、

それにしてもトッテナムはファン・デル・ファールトとベイルがホント活躍しているね~

ジャンル:
サッカー
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« のど飴失踪事件 | トップ | 柿のある風景 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。