活動から離れた創価内部アンチのブログ。

非活となった内部アンチのブログです。

勝手に聖教新聞を申し込むのってもはやデフォなの?

2017-06-30 19:09:51 | 日記・体験談
もう更新をストップされているようですが、私が非常に共感して読ませて頂いているにゃんこ丸さんの「創価学会を卒業します!」というブログの中に、「聖教新聞をやめたのに、翌月勝手に申し込まれていた件」という記事があり、自分も似たような経験があることを思い出しました。

今から3~4年ぐらい前になりますかね。仕事の関係で、実家を出て一人暮らしをすることになったんですが、そのとき、ほぼマインドコントロールは解けていたため、引っ越し先では、①一切の学会活動をしない、②本尊を安置しない(=勤行唱題をしない)、③聖教新聞を取らない・読まないと心に決めていました。

ただ、親との関係において、以前本尊義や学会の欺瞞について口論をしたことはあったものの、面と向かってアンチであることを伝えたことはなく、親からすれば、私は変わらず信心を続けると思っており(まあ、普通そう思うでしょうね)、引越しの際、「ちゃんと御安置するように」と、本尊を持たされました(直ぐにでも処分したいんですが、ちょっと理由があり、まだ未処分)。また、さすがに新しい住所を伝えないわけにはいかないので、引越し先の住所も伝え、統監を移す手続もやっておくと伝えられていました。

ここまでは想定の範囲内であり、仮に新しい組織の人が訪れてきても、絶対に応対しない予定だったんです。しかし、さすがは創価学会。うちの母親が私に断りなく勝手に聖教新聞を申し込んだらしく、引っ越して間もなくすると、聖教新聞が家に届くようになりました。あ、そういうことするのね…(笑)

創価学会の人と応対しない予定だったんですが、新聞を停止させるためには、月末の集金の際に説明せざるを得ず、仕方なく集金に来た婦人部の人に応対しました。「すみません、私に断りなく、母親が勝手に申し込んだみたいです。今月分はお支払いしますが、来月からは新聞を止めてください」と伝えると、その婦人部の人はキョトンとした様子でしたが、「でもね。お母さんもあなたのことを心配して申し込んだと思うわよ」等々、私を説得しようとしてきたんです。うわぁ。面倒くさい。。

「それは分からなくもないですが、私のお金で購読する以上、何の断りもなしに申し込むのは非常識じゃないですかね」と反論しているうちに、その婦人部の人も最後は納得し、「分かりました。来月からは止めます」と言って、帰って行かれました。

もしかすると、その人が親に連絡し、聖教新聞を止めたことが伝わる可能性があったんですが、もし仮に親から連絡が来たとしても、「電子版の聖教新聞を購読しており、紙媒体は必要ないから、そっちは止めた」と説明する予定でした。結局親からの連絡はなかったですが。。

今後も、聖教新聞に限らず、創価学会に対して一銭たりとも布施はつもりはなく、別の機会に、財務のエピソードなども書いてみたいと思います。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幹部による非常識な振舞い | トップ | せっかく非活になったのに…。 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (miu)
2017-06-30 19:44:48
今晩は

本尊も安置しないんだ。

私は信仰はしたいけど、色んな方がおられますね
Unknown (たれぱん)
2017-07-01 09:04:00
miuさん

こんにちは。コメントありがとうございます。

本尊は安置してないどころか、そのうち処分すると思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記・体験談」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。