至福の日々

日々の哲学

1

2017-05-17 16:05:19 | 
最終的な決断は
私によっては為されない
一応の条件として
顕にされつつあるものは
その一応の存在過程において
それ自らの地位を守ろうとする。
だから、その存在過程を位置づける存在が
その有り様をどのようにでも位置づけることができるのであり
場合によっては解釈がそれによってなされるのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 36 | トップ | 2 »

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事