至福の日々

日々の哲学

1

2017-05-17 16:05:19 | 
最終的な決断は
私によっては為されない
一応の条件として
顕にされつつあるものは
その一応の存在過程において
それ自らの地位を守ろうとする。
だから、その存在過程を位置づける存在が
その有り様をどのようにでも位置づけることができるのであり
場合によっては解釈がそれによってなされるのである。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 36 | トップ | 2 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。